· 

米サンラン、気候変動イニシアティブ、氾濫危険水位・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/9)

「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。
「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。

気候変動イニシアティブ(JCI)は7月6日、設立2年目となるこの1年間の活動における3つの成果と今後の展開について発表した。この1年間でSBT目標取得企業やRE100などに取り組む107団体が新たにJCIに参加したことや、気候変動対策強化を求める政府への発信などについて報告した。

 

気候変動の影響で「かつて例がないほど」大量発生した藻によって、米国の山岳地帯の澄んだ湖が緑色に変わる現象が起きている。

米コロラド州立大学(Colorado State University)のチームが7日、英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に発表した研究結果によると、同州デンバー(Denver)から約100キロ離れた山岳地帯にある2か所の湖で、藻の密度が過去70年間で倍以上に増加。気候変動が手付かずの辺境地の生態系に危害を加える可能性を強調した。

 

 

 

日のニュースは以下です。

米サンラン、同業の米ビビント・ソーラーを14億ドルで買収

気候変動:気候変動緩和策に地球の気温が応答するのは数十年後かもしれない

気候変動イニシアティブが設立2周年、参加団体は485団体に

山奥の湖が緑色に…気候変動で藻の大量発生 米コロラド州

「氾濫危険水位」超過は115河川 高まるリスク

www.eco-online.org Blog Feed

シウマイ弁当、ロシアはほくそ笑んでいる、意識改革・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/18) (木, 18 8月 2022)
>> 続きを読む

アメリカの「ゴミ」の向こう、じゃがいも祭り、スペースバブル・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/17) (Wed, 17 Aug 2022)
>> 続きを読む

どこでも貼れる、最悪シナリオ、天然わかめスープ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/16) (Tue, 16 Aug 2022)
>> 続きを読む

肥料になる国産鉛筆、原発復興、1兆4000億ウォン・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/12) (Fri, 12 Aug 2022)
>> 続きを読む

若狭塗の箸、ウイグル禁輸法、感染症の深刻化・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/11) (Thu, 11 Aug 2022)
>> 続きを読む

ぺちゃんこでも高い、捨てたもんじゃない、58%の感染症・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/10) (Wed, 10 Aug 2022)
>> 続きを読む

象のフン、進む省エネ化、覇権の道具・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/9) (Tue, 09 Aug 2022)
>> 続きを読む

寄木のトリベット、予行演習、1日が短く・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/8) (Mon, 08 Aug 2022)
>> 続きを読む

もったいない魚、に組、政府失策・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/5) (Fri, 05 Aug 2022)
>> 続きを読む

廃棄物発電所、国産野菜スープ、すすむアルプスの「緑化」・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/8/4) (Thu, 04 Aug 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る