· 

原発45基分、真鍋氏ノーベル賞、一事業体・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/10/6)

「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫  パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。  可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。  今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。  上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市)  尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。
「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫 パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。 可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。 今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。 上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市) 尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。

日本の電力事情を支える屋台骨が、原発から洋上風力発電へと移行しようという動きがある。領土における海洋面積が広い日本で、洋上風力発電が実現すれば、さまざまなエネルギー問題を解決に導く一手となりそうだが、実態はどうなっているのだろう。

 

地球温暖化防止に向けた活動を行うNPO法人「気候ネットワーク」(京都)の浅岡美恵理事長は5日、ノーベル物理学賞の授与が決まった米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)氏(90)について、「現在行われている気候変動に関する研究の原点となる予測法を開発した。受賞は本当に喜ばしい」とその功績をたたえた。

 

 

   

 

日のニュースは以下です。

海外の脱炭素テック特化ベンチャー向けファンドエネチェンジが創設、国内市場に参入支援

洋上風力発電が“原発45基分の発電量”をもたらす? 日本のエネルギー会社が見せたかつてない“本気”

エコ化が進む 中国のグリーン低炭素交通に迫る

真鍋氏ノーベル賞 温暖化防止の団体「気候変動研究の原点」

日銀も一事業体として気候変動意識した取り組み行う=黒田総裁

www.eco-online.org Blog Feed

一転ラブコール、世界投資構想、甘熟王・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/12/2) (木, 02 12月 2021)
>> 続きを読む

パンダバンブータンブラー、ヤバい実力、説明ない・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/12/1) (Wed, 01 Dec 2021)
>> 続きを読む

SEABIN、淡路島カチョカヴァロ、クマ剥ぎ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/30) (Tue, 30 Nov 2021)
>> 続きを読む

ブルーカーボン、牛のうんちっち、イランの古都・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/29) (Mon, 29 Nov 2021)
>> 続きを読む

森のクレヨン、廃棄される梨、究極の血抜き・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/26) (Fri, 26 Nov 2021)
>> 続きを読む

おべんとね!っと、人類は無力ではない、一番刈りニラ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/25) (Thu, 25 Nov 2021)
>> 続きを読む

おからソーセージ、フィンガーゴリラ、減損の嵐・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/24) (Wed, 24 Nov 2021)
>> 続きを読む

途上国を植民地、おまえの家だったのか、ブドウ畑・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/22) (Mon, 22 Nov 2021)
>> 続きを読む

バイデン 緊急指示、Meltdown Flags、鳥が小さく翼は長く・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/19) (Fri, 19 Nov 2021)
>> 続きを読む

お節介癖、牛の糞尿、文化的な狂気・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/11/18) (Thu, 18 Nov 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る