· 

「ゴスペルミューズ」初ライブは大成功に終わりました!

10月21日、佐野商工会議所のまちなか楽市にて、「ゴスペルミューズ」の初ライブを披露しました。

就労支援センター「風の丘」とエコロジーオンラインが協働で行なっている、高齢者に懐かしい音楽を聴いてもらう「カフェミューズ」から始まった「ゴスペルミューズ」。

利用者、スタッフ、お客様、ボランティアなど、歌いたい人が集まって何となく練習し始め、2ヶ月後にこんな発表の場がくると誰が予想したでしょうか…。

 

 

ゴスペルグループを18年続けているという理由だけでまとめ役となり指導はとてもアバウト。まして週1時間の練習で細かい音取りなどは無理なので、アメリカの教会で体験したような、何となく合わせて歌う。ハモれたらハモる。変な音は出さない。そんな事を考えながら練習してきました。

「音楽は音を楽しめばいいんですよね」という、笑えるほど大らかな施設長の後押しもあって、とにかく歌う時間だけは楽しんでもらおうと思いました。

先週、メンバーはライブ前で仕事に身が入らず、午前と午後に歌の練習をしていたそう(´▽`)

はじめはそれほどやる気のなかった男子たちもライブ前、最後の練習では振り付けもソロもビックリするほど仕上がっていました。

本番当日はリハなどない世界でしたので、開始時間の少し前にステージに並んで、そこで立ち位置やマイクの調整。バタバタの中でライブがスタートしました。

 

 

PAに音のキュー出しをしたり、マイクに慣れていない人がほとんどなので曲間に後ろを歩きながら「マイクに近づいて〜」と背中を押したり。一緒に歌ったけど、気分は舞台袖で応援するステージママみたいでした(笑)

でも、こういう特別な体験は心にプラスな作用をしてくれるみたいです。

いつも練習の時は歩き回って、たまにジャンプしているKくんが、みんなときちんと並んで振り付けをやってたり、何年も引きこもっていた青年がステージできちんと歌う。

同じように引きこもっていた青年が退院してきたばかりで人前のステージに立っている。施設長も本当に感動されていました。

歌はキセキを起こすのかもしれません。

最後に歌った「翼をください」は、彼らの心からの声が会場の方の涙を誘っていました。

爽やかな秋の青空に広がっていく歌声でした。

さあ、次のライブは12月。みんなまた燃えるんだろうなぁ(^^)

 

エコロジーオンライン事務局 / 上岡七生美

www.eco-online.org Blog Feed

音楽は医療・介護を変える! 音楽による認知症ケアを描いたドキュメンタリー映画『パーソナル・ソング』上映イベントを、神保町ブックセンターで1月20日開催 (水, 12 12月 2018)
>> 続きを読む

Facebookで「手拍子リズムプロジェクト」の情報の共有を始めました。 (Fri, 07 Dec 2018)
>> 続きを読む

音楽による高齢者ケアネットワークが立ち上がりました。 (Fri, 07 Dec 2018)
>> 続きを読む

報告:パーソナルソング 高齢者に音楽を届けよう! (Tue, 04 Dec 2018)
>> 続きを読む

佐野の就労支援センター利用者 ゴスペルでいきいき グループを結成 活動の場広がる (Tue, 27 Nov 2018)
>> 続きを読む

音楽による認知症ケアの共同研究を日本質的心理学会で発表 (Sun, 25 Nov 2018)
>> 続きを読む

【リリース】エコロジーオンラインが平成30年度地球温暖化防止活動大臣表彰を受賞 (Tue, 13 Nov 2018)
>> 続きを読む

演劇を通して認知症ケア! 日本演劇情動療法協会による演劇情動療法講習会に参加しました。 (Tue, 06 Nov 2018)
>> 続きを読む

【コンテンツフォーケア】脳もリズム感も活性化!みんなで楽しむ手拍子リズムトレーニング (Wed, 31 Oct 2018)
>> 続きを読む

新たな認知症予防ワークショップにチャレンジ! 富士河口湖町シニアドライバーセミナー (Thu, 25 Oct 2018)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る