· 

外来種だけど絶滅危惧 対馬のシベリアイタチ

外来種。分布範囲は広く、亜種であるニホンイタチよりも一回り大きく、尻尾が長いのが特徴。 シベリアなどではコリンスキーと呼ばれ、高級な筆の原料として尾の体毛が使用される。

«一つ前のページへ戻る