Music Go! green オフィシャルページ
Music Go! green オフィシャルページ

かの香織さんが主宰する一般財団法人オーバーザレインボウ基金との協働が始まりました!

Music Go! green最新情報

2017年

2月

01日

【リリース】太陽光で動くイベントステージ ソーラーパワートラック 貸出事業開始

この度、ソーラーパワートラック事務局は、太陽のエネルギーで動くステージを載せたソーラーパワートラックの貸出事業を開始いたします。

ソーラーパワートラックは、太陽電池、電源を完備しており、環境イベント、地域のお祭り、ライブ、トークショーなどさまざまなイベントにてご使用いただけます。また電源が取れない場所でも、ソーラーパワートラック1台あれば、ステージを展開することができます。

発電の際に「太陽光」を利用することで、CO2を発生することなくステージを実施することができ、グリーンなイベントを実現することができます

ソーラーパワートラック仕様

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

11日

等身大の歌で福島の魅力を全国に届ける

福島県人あるあるの一つが「県外に出て初めて、酪王カフェオレは福島にしか売っていないと気付く」。酪王乳業㈱(郡山市)の紙パックの酪王カフェオレは福島県内ではどこでも普通に売っているので、多くの福島県人は全国で売っているものだと思っているのだ。

そんな福島県人のソウルドリンク酪王カフェオレのCMソングを歌っているのがMANAMIさん。

 

高校生の頃からライブで多くのファンを集め、卒業と同時に上京しようという時に東日本大震災が発生した。それ以降、あちらこちらと迷いながら歌を辞めた時期もあったけれども、自分と向き合い、いま地元福島から歌を届けている。その等身大の歌に魅了される人が福島県内外で急増中だ。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

31日

<Music Go! green アルバム再掘レビュー>#2 加藤和彦 / ぼくのそばにおいでよ

 

今年2016年は邦画豊作の年であった。

「シン・ゴジラ」「君の名は。」他、上げればキリがないが、年末も迫った11月12日に公開となった映画「この世界の片隅に」は、呉を舞台に主人公のすずが戦争と隣り合わせの日常を送るという内容。コトリンゴの歌う「悲しくてやりきれない」が作品を絶妙に引き立たせている。

「悲しくてやりきれない」はザ・フォーク・クルセダーズの楽曲であるが、その中心であった加藤和彦と言えばみんなさんは何を思い浮かべるだろうか。

 

自由の気風

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

08日

石川県珠洲市で『風の音楽祭』が開催されました!

10月27日・28日、石川県珠洲市で「第19回全国風サミット in 珠洲」、29日に一青窈さんをメインとした「風の音楽祭」が開催されました。

「新エネ百選」に選定されている珠洲市は「自然と共生する珠洲市」を目指し、風力や太陽光発電などの自然エネルギーの推進、バイオマス資源の循環利用、生物多様性の保全などに取り組んでいます。今回のイベントは再生可能エネルギーのさらなる普及・啓発を目的として開催されたものです。

会場となった「ラポルトすず」は、日本海に面した広い公園のような会場です。

29日の朝は、あいにくの雨模様でしたが、一青窈さんのコンサートが始まる前には素晴らしい青空になり、「風の音楽祭」に相応しく、日本海からの爽やかな風を感じることができました。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

09日

『MUSIC GO! GREEN 風の国から』CD発売記念イベントが行われました。

10月7日(金)「会員制多目的サロン レタス」にて、9月30日に発売されたCDアルバム『MUSIC GO! GREEN 風の国から』のCD発売記念イベントが行われました。

はじめに、ソーラーパワートラックを使って熊本支援を行った八代亜紀さんの番組を鑑賞しました。

熊本城をバックに、ソーラーパワートラックのステージで八代亜紀さんが熱唱する姿が印象的でした。

 

 


エコロジーオンライン代表上岡裕による楽曲紹介では、すべての楽曲についての思いが語られました。自身のソニー在籍時代の仲間とのエピソードも交えながらのトークで、会場を盛り上げました。

続きを読む 0 コメント

«一つ前のページへ戻る