エコピープル

2016年

7月

01日

人生の最後の時に、大好きな歌を届ける

音楽家でもあり、また宮城県栗原市の造り酒屋「はさまや酒造店」12代目でもあるかの香織さんが、今年3月に一般財団法人オーバーザレインボウ基金を設立した。

終末期医療の患者さんに最後に聞きたい曲を届けに行こうという「ワンソングプロジェクト」に取り組む予定だ。

この活動には、これまでの音楽家としての活動や東日本大震災後の子ども支援の取り組み、酒造りの勉強と経験の中で生まれた、さまざまな縁・繋がりや思いが込められている。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

04日

福島の地で地産地消の電力供給を目指す

 福島県は東日本大震災の発生と原発事故を経て、再生可能エネルギーの導入目標量(県内エネルギー需要に対する割合)を、2020年に40%、40年に100%にすることを掲げている。電力の小売りが今年4月から完全自由化されるが、その福島県で地産地消の電力供給を目指して東北初の小売事業者登録を受けたのが須賀川市の須賀川瓦斯㈱(橋本良紀社長)だ。

同社の電力事業を統括する副社長の橋本直子さんは、震災を機にロンドンから帰国。「エネルギー先駆けの地・福島で、地産地消の電力供給を継続事業にすることで地元に還元していきたい」と語る。

 

続きを読む 0 コメント

EOLニュース

2016年

7月

01日

Forest Good 2016 間伐・間伐材利用コンクールの公募を開始いたしました!

昨年のコンクール授賞式に展示された全国の間伐の取り組み
昨年のコンクール授賞式に展示された全国の間伐の取り組み

「森林を元気にしよう!!」
あなたの取組の魅力を、発信します!

エコロジーオンラインが事務局を務める間伐・間伐材利用推進ネットワークでは7月1日より間伐・間伐材利用コンクールを開催いたします。

今回、募集するのは「製品づくり・利用」、「間伐実践・環境教育」の2部門。

林野庁長官賞(予定)、間伐・間伐材利用推進ネットワーク会長賞、間伐推進中央協議会会長賞(予定)などを用意してお待ちしています。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

01日

【Green Power for くまもと】7月2日(土)、横浜南部市場で「熊本復興応援miniマルシェ」を開催

7月2日(土)、横浜南部市場恒例「水産部土曜朝市」にて、「熊本復興応援miniマルシェ」を開催します♪

こちらのコーナーで3000円以上お買い上げ頂くと抽選で太陽光で可愛く動く「くまモンソーラースウィング」が当たります!

横浜から熊本の被災地をみんなで応援しましょう!

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

30日

EOLの麻プロジェクト【COZOO♡HEMP】が始まります!

栃木県佐野市は元々、麻の栽培が盛んだったところ。自分の実家が祖父の代まで麻栽培をしていたこともあって、麻の復活を手がけることとなりました。

何しろ僕にとっても初めてのこと。栃木県鹿沼市(旧粟野町)下永野で麻の栽培を手がけている大森さんに教えを請うべく「ふれあい縁農」というイベントに参加しました。4月から11月にかけて麻栽培と加工を学びます。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

29日

10万年の記録が破られる! 北極から氷がなくなる日

人類が氷のない北極を目にするのは10万年ぶりのことだ CC BY-SA 2.0 U.S. Geological Survey
人類が氷のない北極を目にするのは10万年ぶりのことだ CC BY-SA 2.0 U.S. Geological Survey

今年もしくは来年、北極点から氷がなくなるだろう。そんな予測をある科学者が発表した。北極点に氷がなくなるのは10万年なかったことだという。

毎年、北極の海氷は9月にかけて徐々に減っていく。今年6月時点での北極の海氷は約1,110平方キロメートルほど。ここ30年の平均は1,270平方キロメートル。約160平方キロメートルも少なくなっている。この大きさはグレートブリテン島の大きさほどに匹敵する。

 

続きを読む 0 コメント

EOLコラム

2016年

6月

30日

【ForestGood】間伐ネットの総会を開催いたしました

2015年6月に発足した間伐・間伐材利用推進ネットワーク(間伐ネット)。

2016年の総会・交流会が6月20日、コープビル(東京都千代田区)で開催されました。間伐ネットは全国森林組合連合会をはじめとする関連団体、19の団体で構成されいます。

総会では、全森連会長であり、間伐ネットの会長でもある佐藤重芳氏の挨拶をはじめとし、昨年度の事業報告、今年度の計画、間伐マークについて、国内の状況などの報告と、活発な意見交換が行われました。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

27日

グリーンパワーなライフスタイルを求めて ~エコロジーオンラインの16年の歩み~①

熊本支援でもソーラーパワートラックを中心にグリーンパワーが大活躍!
熊本支援でもソーラーパワートラックを中心にグリーンパワーが大活躍!

エコロジーオンラインというNPO法人を立ち上げて今年で16年になる。その活動を振りかえってみると、再生可能エネルギー(以下再エネ)を中心に、自然といかに調和して生きるかというグリーンなライフスタイルの普及に多くの時間を注いできたと言える。

環境省と行った「Re-Style」という活動では、若者たちに「リデュース・リユース・リサイクル」の大切さを伝えるため、GLAYなど、著名ミュージシャンに関わってもらってライブを行った。ソニーマガジンズ(当時)とは『リンカラン』という雑誌をつくり、都市暮らしの女性に田舎暮らしや手づくりの楽しさを伝えることも行った。

そうしたライフスタイルを変えるお手伝いの活動のなかで、メインとなったのが再エネを暮らしのなかに根付かせる活動だった。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

27日

「Green Power for くまもと」第一弾支援レポート

6月14日朝、地元の皆さんに見送られ、秋田県湯沢市を出発し熊本支援に向かうソーラーパワートラック
6月14日朝、地元の皆さんに見送られ、秋田県湯沢市を出発し熊本支援に向かうソーラーパワートラック

エコロジーオンラインを中心に音楽業界やNPOの仲間が集って実施した「Green Power for くまもと」の第一回支援ツアーが終了しました。

この活動の中心となったのはソーラーパワートラックの派遣です。5kwのソーラーパネルと37kwhの蓄電池を装備し、ウイングをあけるとステージになる4トンのハイブリッドトラック。そのトラックの荷台に、再生可能エネルギーを手がける全国の仲間たちが寄付してくれた支援物資を満載し、熊本に向かいました。

続きを読む 0 コメント

カルチャー 

2016年

6月

30日

<アースタロット>走る、ということ

CC BY-NC 2.0 by Harald Kobler
CC BY-NC 2.0 by Harald Kobler

走る、という行為はとても原始的だと思います。

 

そして、そんな原始的な行為であるランニングやウォーキングがこの現代において世界的に流行している様子。

 

運動が面倒くさい私でさえ、海外の友人に勧められ20分ジョギングをするようになりました。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

31日

<アースタロット>水はすべてを見透している

CC BY-SA 2.0 by Tim Geers
CC BY-SA 2.0 by Tim Geers

以前、給湯器が壊れ、真冬に10日間、お風呂に入れなかったことがありました。

台所にチマチマと沸かしたお湯をためて、そのシンクに無理やり入って体を洗ったり、真水で髪を洗って頭皮が真っ赤になったり、サバイバルな生活でした。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

パブリックプレスセンター

2016年

6月

11日

シンポジウム「守るべき未来と「環境」の今~地球・生物・循環・安全・社会の半歩先を語ろう~」

国立環境研究所では、本年4月に第4期中長期計画の下に活動を開始したことを受け、本シンポジウムでは、これまで重要な環境問題に対し展開してきた研究プログラムを中心に研究成果の発表を行いたいと考えています。

研究分野としては、地球温暖化、循環型社会、化学物質評価・管理イノベーション、東アジア広域環境、生物多様性、持続的社会、小児・次世代環境保健、災害環境研究などを取り上げ、環境問題の「今」や「未来」について発表を行い、参加者の皆様との情報交換を行いたいと考えております。

今回の公開シンポジウムでは、6つの講演及び、研究者がご来場者の皆さまと対話をしながらご説明するポスター発表(19件)を予定しています。

○京都会場
開催日時:2016年6月17日(金)11時45分~17時45分
開催場所:ロームシアター京都(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13)

○東京会場
開催日時:2016年6月24日(金) 11時45分~17時45分
開催場所:メルパルクホール(東京都港区芝公園2-5-20)
主 催:国立研究開発法人国立環境研究所

▼公式ホームページ・お申し込みはこちらから

http://www.nies.go.jp/event/sympo/2016/index.html

 

<お問い合わせ先>

国立環境研究所公開シンポジウム2016 登録事務局

〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11

株式会社ステージ内(担当: 佐々木、古賀、稲垣)

Tel: 03-5966-5784  Fax: 03-5966-5773

E-mail: info_nies2016@stage.ac

0 コメント

«一つ前のページへ戻る