Switch for green スイッチフォーグリーン

02

5月

2015

太陽へつながる未来 ソーラークッカーが32億人の暮らしを救う!

東日本大震災を体験してあらためてエネルギーの大切さに気づく日本人が多くなった。津波によって電力網が根こそぎ奪われた地域ではなおさらのこと。なにか起きた時に使えるエネルギーを手にしたい。そんな思いからかナノ発電所も地道な広がりを見せている。だが、ナノ発電所には限界がある。電気を熱に変えてしまうとかなりの電力が必要だ。そんな限界を感じていたときに出会ったのがソーラークッカー研究の第一人者、足利工業大学総合研究センター長中條祐一教授だった。

続きを読む 2 コメント

01

1月

2015

日本が僕に教えてくれたこと おもてなしの原点を語ろう! 

6年後のオリンピック開催に向け、本格的なハード整備が始まった東京。“お・も・て・な・し”を強調した招致活動とは裏腹に日本独自のソフトの充実に関する話題は少ない。注目が集まるオリンピックという晴れ舞台で私たち日本人は世界に何を伝えればいいのか?


相撲を通して日本を世界に発信するアメリカ人ジャーナリスト、デビッド・シャピロ氏に話を聞いた。

続きを読む 1 コメント
EOLニュース。EOLが選んだ注目のニュースです。

26

6月

2015

ローマ法王が訴えた地球環境の危機 現代文明の歴史的転換を呼びかけ!

presidencia.gov.ar CC-BY-SA-2.0
presidencia.gov.ar CC-BY-SA-2.0

6月18日、あるニュースが地球を駆けめぐった。世界に12億人の信者を持つカトリック教会の頂点に立つローマ法王が、地球環境問題解決のために積極的な一歩を踏み出したのだ。


ローマ法王は時に応じて全世界の司教や信徒たちに向けてカトリック教会の指針を出す。その公文書は回勅と呼ばれ、今回、彼が出した回勅の内容が地球環境問題の解決のため「文化的革命」を起こそうと呼びかけるものだったのだ。 

続きを読む 0 コメント

04

6月

2015

風力発電をオープンソースで! 3Dプリンターをつかって自分の手でつくる自然エネルギー 

風力発電の部品を3Dプリンターでつくる!


そんな風力発電プロジェクト“A Small Wind Turbine for a Big Difference(小さな風車で大きな変化を)”が、米クラウドファンディングサイト“KICKSTARTER”で資金集めの活動をスタートさせた。


この活動を始めたのは、カナダのウインザー大学に籍を置くルーカス・センプルとカイル・バセット。これまで途上国で自然エネルギー支援をしようとすると、発電機器を持ち込むまでにコストがかかりすぎた。その問題をクリアするために3Dプリンターを使って現地で部品をつくってしまうことを考えた。

続きを読む 0 コメント

01

6月

2015

気候変動が子どもたちに与える脅威 オーストラリアの医師グループが訴え

“NO TIME FOR GAMES”


こんなタイトルのレポートをオーストラリアの医師グループが発表した。日本語に訳すと「遊んでいる暇はない」。気候変動が子どもたちの健康に与える影響を調査したレポートだ。


このレポートを発表したのは“ドクターズ・フォー・ザ・エンバイロメント・オーストラリア(DEA)”(環境のために活動するオーストラリアの医師たち)というグループ。12月に予定されるパリでの地球温暖化防止の国際会議に向けたアピールとして発表した。

続きを読む 0 コメント

08

5月

2015

宇都宮アルプスの森京屋茶舗で里山エネルギーカフェを実施しました。

ゴールデンウィーク最終日、野鳥の会栃木が主催するビギナー探鳥会が実施されました。みなさんが集まったのは宇都宮インターから北に約4キロ、プレオープン中の「宇都宮アルプスの森・京屋茶舗」です。5回目となる里山エネルギーカフェはそれを引き受ける形で行いました。 

 

天候に恵まれた午前中の探鳥会。周辺の川沿いや森のなかを散策しながら、双眼鏡や望遠鏡を使って、バードウォッチングを楽しみました。スズメやカラスなどのなじみのある鳥から、この地域ではあまり見られないキビタキなど、17種の鳥を見ることができました。その後、京屋茶舗でお茶とパウンドケーキとともに交流をはかり、ビギナー探鳥会が終了いたしました。

続きを読む 0 コメント

07

5月

2015

【タイニーライト】マサイ族のみなさんにナノソーラーを寄贈しました!

エコロジーオンラインでは、ナノ発電所関連グッズの売り上げの一部を活用して、途上国の非電化地域に小さな灯り(電気)を届けるタイニーライトプロジェクトを実施しています。


先月ご報告したケニアへのナノ発電所の寄付に続き、ケニアから日本にやってきたマサイ族の若者たちにスマートフォンを急速充電できる10Wのナノソーラー“Sun Pad 10”を5枚寄贈しました。


今回の寄贈は株式会社インフィオラータ・アソシエーツ様のご協力で成立したもの。3枚はマサイのみなさんとの交流会に参加してくれた方のカンパで寄贈され、残りをエコロジーオンラインが負担しました。

続きを読む 0 コメント

21

4月

2015

【里山部】エコロジーオンライン春まつり 里山部桜会を開催しました。

4月19日、佐野市富士町の里山を整備するエコロジーオンライン里山部の春まつり、里山部桜会が無事終了しました。

 

当日は東京からのお客さんなども含めて15人ほどが集合。当たり前のように森に存在する枯葉や小枝、里山整備から生じた木材などを、自作のロケットストーブで燃やして、豚汁、たけのこご飯、手づくりソーセージ、パエリアなどをつくって楽しみました。

続きを読む 0 コメント
EOLコラム。レアでコアな話題が満載。

23

6月

2015

地方創生もSwitch for green!

食の恵み豊かな地方におけるあるべきエネルギーとは
食の恵み豊かな地方におけるあるべきエネルギーとは

数年前、津波被害を受けた大船渡を訪ねました。その際、現地で活動する男性で自分も被災しているにも関わらず、高齢者の食事支援をされる方と出会いました。


ちょっとした会話のなかで元の暮らしに戻るには時間がかかりますね~とお話しすると意外な言葉がかえってきました。「浜に行けば漁師の仲間からたくさんサカナをもらえるし、野菜だって近所の人からもらえる。だから数万もあれば暮らしていける。そんなに時間はかからないよ」


続きを読む 0 コメント

パブリックプレスセンター

12

3月

2015

3月17日、映画「日本と原発」が板橋で上映されます。

【プレスリリース】

2015年02月27日映画「日本と原発」上映会in板橋区

実行委員会


映画「日本と原発」を自主上映

板橋区立文化会館大ホール「定員970名」で開催


映画「日本と原発」上映会in板橋区実行委員会(代表鈴木雄二)は、原子力発電の推進・反対を問わず、広く市民に考えて頂く機会を提供するため、自主上映会を企画致します。

続きを読む 0 コメント

«一つ前のページへ戻る