エコピープル

2016年

7月

01日

人生の最後の時に、大好きな歌を届ける

音楽家でもあり、また宮城県栗原市の造り酒屋「はさまや酒造店」12代目でもあるかの香織さんが、今年3月に一般財団法人オーバーザレインボウ基金を設立した。

終末期医療の患者さんに最後に聞きたい曲を届けに行こうという「ワンソングプロジェクト」に取り組む予定だ。

この活動には、これまでの音楽家としての活動や東日本大震災後の子ども支援の取り組み、酒造りの勉強と経験の中で生まれた、さまざまな縁・繋がりや思いが込められている。

続きを読む 0 コメント

EOLニュース

2016年

8月

22日

アメリカの水道水汚染 数百万人の健康に影響か

rajkiran Ghanta CC BY-NC-ND 2.0
rajkiran Ghanta CC BY-NC-ND 2.0

数百万人が飲むアメリカの水道水に安全と言えないレベルの化学物質が含まれていることがわかってきた。

含まれていたのは有機フッ素化合物のPFAS類。高コレステロール、肥満、ホルモンの抑制、ガンとも関係がある化学物質だ。

PFAS類は60年ほど前から使われ始め、自然界での劣化が遅いこともあり、有用な化学物質として活用されてきた。ピザの箱、ポップコーン袋などの包装材、布、調理器具、消火器の素材などとして使われてきた。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

16日

【事務局訪問記】大郷町の夏祭りに参加しました。

今年6月5日、宮城県大郷町旧味明小学校をリニューアルした、スモリ工業の「おうちづくりの学校」内に「里山エネルギーセンター宮城」を開設してから約2ヶ月が経ちました。その大郷町で第五回大郷町夏祭りが8月6日に開催され、スモリ工業の皆さんと共に「おうちづくりの学校」のPRも兼ねて参加しました。

 ゆるキャラ大集合や様々なイベントが開催される中、今回もエコロジーオンラインに与えられた任務はパラボラ型ソーラークッカー(かるぴ

か)のデモンストレーション。天候にも恵まれ、実施したポップコーンも完成し、来場者に実際に弾けるところを見ていただいたり、試食もしたりしていただくことができました。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

14日

気候変動で水が危ない! 世界で感染症が増殖

リオ五輪でも懸念された海洋汚染(写真はリオのビーチ)  carla arena CC BY-NC 2.0
リオ五輪でも懸念された海洋汚染(写真はリオのビーチ) carla arena CC BY-NC 2.0

地球の気温があがることで、汚染された水による食品汚染が進むことが、メリーランド大学のリタ・コールウェルさんらの研究で明らかになった。

海産物を生で食べたり、汚染された水を飲んだり、泳いだりすることで、コレラ菌や腸炎ビブリオなど、12ほどあるビブリオ属菌に感染することが多くなる。その結果、コレラが蔓延することも起こりうる。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

12日

ほ乳類初! 地球温暖化による絶滅をグレートバリアリーフで確認

Bramble Cay melomys
Bramble Cay melomys By State of Queensland, CC BY 3.0 au

世界では今、記録的な暑さが続いている。

インドなどでは異常な高温のために亡くなる人たちも多く出ているが、地球温暖化によって絶滅する動物まで出て来た。

グレートバリアリーフの北端に位置するサンゴ礁の小島に生きるネズミの仲間ブランブル・ケイ・メラミスだ。

 

続きを読む 0 コメント

EOLコラム

2016年

8月

22日

小さな奇跡の見つけ方 世界に広がるForest Goodな森づくり

マダガスカルと言えば“バオバブ”の木が有名 Frank Vassen CC BY 2.0
マダガスカルと言えば“バオバブ”の木が有名 Frank Vassen CC BY 2.0

 エコロジーオンラインは「地球環境をまもる」という大きなミッションのもと、暮らしのなかの小さなエコの啓発から、国境を越えた自然エネルギー支援まで、とにかく活動が多岐にわたります。  

 そのテーマをわかりやすくいくつかにまとめるとするなら、「メディア」「森づくり」「自然エネルギー」あたりになると思います。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

25日

グリーンパワーなライフスタイルを求めて ~エコロジーオンラインの16年の歩み~③

風力発電の価値を販売したそらべあグリーン電力証書
風力発電の価値を販売したそらべあグリーン電力証書

そらべあの誕生は、お台場に10キロワットの太陽光発電施設を生み出すことだけに止まらなかった。

ZEPPをグリーン電力証書化したのと同じ仕組みをつかって、グリーン電力証書の事業が始まった。

青森県六ケ所村の風車から生まれたグリーン電力を活用して、大手企業の社員総会がどんどんグリーンに変わっていった。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

07日

グリーンパワーなライフスタイルを求めて ~エコロジーオンラインの16年の歩み~②

お台場潮風公園に完成した都民共同発電所「ひだまり~な」
お台場潮風公園に完成した都民共同発電所「ひだまり~な」

ライブの現場にグリーン電力証書を導入することに成功した僕らは、次に音楽づくりでもグリーン電力証書が使われる流れをつくった。乃木坂にあるソニー・ミュージックスタジオで、グリーン電力証書の導入が決まったのだ。ロックアーティストの浜田省吾さんのアルバムもこのスタジオで録音され、グリーン電力を使ったことが大きな話題となった。こうした取り組みが呼び水となって、音楽、スポーツ、エンタテイメント施設など、さまざまな場でグリーン電力証書が活用されるようになっていった。

続きを読む 0 コメント

カルチャー 

2016年

7月

31日

<アースタロット>どこ吹く風

CC BY 2.0 by Karen
CC BY 2.0 by Karen

今回は「風」のエネルギーを降ろして色々聞きましたが、、、、難しかったです!

始めの数分は、風の言うことが意味不明にしか感じられなくて、

このテーマは無理なのかも…、とあきらめかけたくらいです。

 

この「風」ってヤツはとらえようがないといいますか、

人間が認識しやすいようなトークをしてくれないんです。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

30日

<アースタロット>走る、ということ

CC BY-NC 2.0 by Harald Kobler
CC BY-NC 2.0 by Harald Kobler

走る、という行為はとても原始的だと思います。

 

そして、そんな原始的な行為であるランニングやウォーキングがこの現代において世界的に流行している様子。

 

運動が面倒くさい私でさえ、海外の友人に勧められ20分ジョギングをするようになりました。

 

 

 

続きを読む 2 コメント

パブリックプレスセンター

2016年

6月

11日

シンポジウム「守るべき未来と「環境」の今~地球・生物・循環・安全・社会の半歩先を語ろう~」

国立環境研究所では、本年4月に第4期中長期計画の下に活動を開始したことを受け、本シンポジウムでは、これまで重要な環境問題に対し展開してきた研究プログラムを中心に研究成果の発表を行いたいと考えています。

研究分野としては、地球温暖化、循環型社会、化学物質評価・管理イノベーション、東アジア広域環境、生物多様性、持続的社会、小児・次世代環境保健、災害環境研究などを取り上げ、環境問題の「今」や「未来」について発表を行い、参加者の皆様との情報交換を行いたいと考えております。

今回の公開シンポジウムでは、6つの講演及び、研究者がご来場者の皆さまと対話をしながらご説明するポスター発表(19件)を予定しています。

○京都会場
開催日時:2016年6月17日(金)11時45分~17時45分
開催場所:ロームシアター京都(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13)

○東京会場
開催日時:2016年6月24日(金) 11時45分~17時45分
開催場所:メルパルクホール(東京都港区芝公園2-5-20)
主 催:国立研究開発法人国立環境研究所

▼公式ホームページ・お申し込みはこちらから

http://www.nies.go.jp/event/sympo/2016/index.html

 

<お問い合わせ先>

国立環境研究所公開シンポジウム2016 登録事務局

〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11

株式会社ステージ内(担当: 佐々木、古賀、稲垣)

Tel: 03-5966-5784  Fax: 03-5966-5773

E-mail: info_nies2016@stage.ac

0 コメント

«一つ前のページへ戻る