EOLニュース

2016年

2月

07日

アメリカ最大のスポーツイベントもグリーンにスイッチ! スーパーソーラーボウル開催

NFLスーパーボウル 2016が実施されるLevi's Stadium CC BY 2.0 Jim Bahn
NFLスーパーボウル 2016が実施されるLevi's Stadium CC BY 2.0 Jim Bahn

2020年に実施される東京オリンピックは史上最高に環境に配慮した大会にすることが売りだった。だがここまで、環境配慮に対する情報が目だって伝わって来ない。

その間に世界のスポーツイベントは先を進んでいる。参考になるのが今回のスーパーボウルだ。すでに今年のMVPはソーラーだ!そんな声が聞かれる大会になっている。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

01日

気候変動の被害者たち⑤ 蔓延するジカウイルスがリオ五輪を襲う!

ネッタイシマカ GFDL 1.2 Muhammad Mahdi Karim
ジカウイルスはネッタイシマカの媒介によって感染する GFDL 1.2 Muhammad Mahdi Karim

ジカウイルスはエボラ出血熱を越える脅威を世界にもたらす!

エボラ出血熱と言えばアフリカを中心に11,000人もの死者を出した感染症だ。それを超えると世界の専門家たちが指摘するジカウイルスは現在、アメリカ大陸を中心に爆発的に感染者を増やしている。

赤道付近の一部でしか発症が認められていなかったジカウイルスの拡大に手を貸したのが地球温暖化だ。この夏に予定されるリオ五輪にも大きな影響が出る。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

28日

気候変動だけじゃない! 持続可能なエネルギーが救う数百万の命 国連事務総長 

アブダビで講演をする潘基文国連事務総長(UN)
アブダビで講演をする潘基文国連事務総長(UN)

国連事務総長の潘基文氏が18日、アラブ首長国連邦で行われた世界未来エネルギーサミットで持続可能なエネルギーの重要性について語った。

国連は昨年、2つの大きな目標を合意をすることができた。その一つが貧困や地球環境破壊にストップをかけるための「持続可能な開発目標」、もう一つが地球温暖化防止のための「パリ協定」だ。この2つの目標を達成するために共通してやらなければならないことがある。それは世界のエネルギーシステムを、安くて、信頼性があり、持続可能で、先進的なものに変えることだ。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

28日

林野庁の情報誌『林野-RINYA-』に間伐ネットの取り組みが紹介されました。

林野庁情報誌「林野-RINYA-」の平成28年1月号に間伐・間伐材利用推進ネットワーク(間伐ネット)の取り組みが紹介されました。

森林は豊かな水を育み、国土の保全、地球温暖化の防止、持続可能な国内資源である木材の供給など、私たちの快適で安全な暮らしをするために欠かせません。その場を守るために必要なのが間伐です。

『森林を元気に! ー間伐のススメー』と題された特集では、日本の森林の現状、林業の活性化の方策、地球温暖化防止における森林の役割などが語られ、間伐の現場をマンガでわかりやすく紹介しています。

続きを読む 0 コメント

エコピープル

2015年

11月

25日

環境のプラットフォームとしての映像祭を目指す。

今、環境に関する映画の自主上映会が、全国各地で草の根的に開かれている。テーマは原発問題や食、農業、生き物などさまざま。

しかし、いざ自分たちで上映会を開催したいと思っても、どこで映像を借りたらいいのか分からない。そうした人たちに上映作品を貸出し、地域での上映会を応援する役割を担っているのが、毎年3月に東京・日比谷図書文化館で開催されている「グリーンイメージ国際環境映像祭」。

映像祭と言いながら、監督やプロデューサーだけではなく、被写体になった各地で活動する人や、その映像のテーマに関する専門家など、様々な人が多数参加するユニークな映像祭だ。

事務局長の尾立愛子さんは、環境の切り口が多様になっていくなかで、映像をきっかけに多様な人材が影響しあうプラットフォームとしての映像祭を目指す。

続きを読む 1 コメント

EOLコラム

2016年

2月

07日

音楽をグリーンパワーで! artist's powerの誕生

2014年のGLAY EXPOでもナノ発電所の展示をさせていただきました。
2014年のGLAY EXPOでもナノ発電所の展示をさせていただきました。

坂本龍一さんと手がけたアースデイフォーラムはIT、地域通貨、冒険、アートの専門家たちが集まってエコロジーの話をするものでした。すでにアメリカでは著名人が参加するイベントに成長していたアースデイを日本でもメジャーにしようと実施したアースデイフォーラムでしたが、ここから別の取り組みも生まれます。

自然エネルギーに興味があるアーティストたちが集まって音楽の現場をグリーンにするartist’s powerの活動です。

坂本龍一さんの呼びかけで最初に参加してくれたのはGLAYTAKUROさんでした。2001年7月末から8月頭にかけて石狩市で実施したGLAY EXPOartist’s powerブースを提供してくださいます。

この時のブースを一緒に手がけたのが株式会社エイワット社長の柴田政明さん。その後、環境省のプロジェクト「Re-Style」や「チーム・マイナス6%」などをご一緒し、その後、ヨーロッパに学びながら低炭素な住宅やまちづくりを手がける一般社団法人クラブヴォーバンも生まれます。また、ご協賛いただいた日本自然エネルギー株式会社とは、音楽業界向けのグリーン電力販売の連携が始まり、オーガニックコットンTシャツを手がけてくれた久米繊維工業さんとは日本の綿でTシャツをつくるプロジェクトが始まります。エコロジーオンラインがその後、大きく飛躍する礎となる活動になったのです。 

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

30日

電力自由化の先に見えてくるオフグリッド新時代

オフグリッドでパッシブソーラーハウスも夢じゃない! CC BY-NC-ND 2.0 Michael Shealy
オフグリッドでパッシブソーラーハウスも夢じゃない! CC BY-NC-ND 2.0 Michael Shealy

2016年、私たちは大きな変化を体験します。まだお正月だというのに本格的にその激動が始まりました。4月に始まる電力自由化に参入する新電力各社が契約切り替えの予約をとり始めたのです。

今年自由化される低圧電力の市場規模は7.5兆円。来年予定されているガスの2.5兆円をあわせると10兆円のマーケットが開放されます。地域にしばられた大手電力が他地域に進出し、ガス会社はガスとセットで電力販売をスタートさせ、石油会社の電気を購入するとガソリンが安くなる。まさにエネルギー事業者間の熾烈な顧客獲得競争が始まったわけです。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

24日

自治体電力の躍動! 新電力にチャレンジする浜松市の取り組み

浜松市の所有地に建設された浜松・浜名湖太陽光発電所
浜松市の所有地に建設された浜松・浜名湖太陽光発電所

本格化する電力自由化の波のなかで地産地消の電力を供給しようという取り組みが増えている。

その台風の目となるのが地方自治体が関わる新電力だ。民間事業者が地域の再生可能エネルギーの電力を集めようと思っても、大手電力以外への売電は事業の不安定化につながると懸念する金融機関が多く、ファイナンスの面から販売先を新電力に切り替えることへのハードルは高い。

だが、新電力の設立に行政機関が関わるとなると話は変わってくる。信用のある自治体が関わることで金融機関の不安も払拭される。その代表格が浜松市が立ち上げた浜松新電力だ。浜松市の取り組みから売電ビジネスにとどまらない地域新電力の明日を考える。

続きを読む 0 コメント

カルチャー 

エコロジーに関連するエンターテインメントや、アート、オルタナティブなカルチャーを紹介する新企画が始まりました。

2016年

1月

22日

<アースタロット>地球はもっともっと人間と遊びたがっている!

CC BY 2.0 by Mark Rain
CC BY 2.0 by Mark Rain

世界中が暑いけれども、その意味は何なのか?というお題をEOL理事長の上岡さんからいただきました。

じつはこのテーマは初回にやるはずだったのですが、タロットに聞いてみると「はじめはもっと根本的なことを知らせたい」というので一度見送り、やっと今回聞くことができました。

さて、なぜ世界中が暑いのでしょうか?

地球に聞いてみましたところ前回と同様、人間に対しての強い信頼感をまずいちばん最初に表現してきます。しかし人間がどんどん自分の根源的な力を放棄していってしまうことにガッカリしているらしいです。

地球から見れば、人間は自らが作り出した何かに自分の力を委ねてしまって、それを管理するどころかそれに管理されてしまっているような状態。

夢が無い状態のまま頭だけの働きで未来を見据えて進んでいこうとしているような。そのような状態の人間の在り方はあまりにもルーズ、人間独自の創造力が弱まっているように見える、とのことなんです。 

続きを読む 0 コメント

パブリックプレスセンター

2015年

10月

26日

横浜南部市場「市場deシネマ」にて映画「遺伝子組み換えルーレット-私たちの生命(いのち)のギャンブル」を上映します!

「Change!」を合言葉に2015年4月1日より民営化された横浜南部市場内(株)マルシェパワー横浜から、「食」「健康」「環境」などをテーマに、私たちの暮らしに役立つ情報を発信するプロジェクトがスタートします!記念すべき第一回は映画上映会。今話題のドキュメンタリー映画「GENETIC ROURETTEー私たちの生命のギャンブル」を上映します!

続きを読む 0 コメント

«一つ前のページへ戻る