ナノグリーンカップキャンペーン
エコピープル 自分の足元から地球環境を考え、行動するエコピープル。その言語には未来を照らすたくさんのヒントがあります。

27

5月

2014

間伐材紙カップでのコーヒーブレイクが、森林保護に。

森や動物が描かれた可愛らしいデザインの紙カップ。一見どこにでもありそうな紙カップだが実は、日本の森から伐り出された間伐材でできている。開発したのは、飲料自動販売機の管理運営を行うアペックスだ。構想から誕生まで6年の月日を費やしたという開発担当の環境部田邉めぐみさんに、開発までの道のりを伺った。

 

 

 

 

 

聞き手・構成 中島まゆみ

文 井畑史子

画像 小林伸司

続きを読む 1 コメント
ホームページ作成
EOLニュース。EOLが選んだ注目のニュースです。

11

7月

2014

クールアースデーに巨大ソーラークッカーが登場!

 7月6日、栃木県佐野市でクールアースデー2014が開催されました。廃油を活用したキャンドルナイトがメインのこのイベント。今回は廃油キャンドルに代わって「ほこ×たて」に出演した巨大クッカーメインが大抜擢されました

 

 当日は梅雨の真っ最中。当然、太陽の光がないとソーラークッカーは動きません。それでもなんとかお昼前後の晴れ間をつかって25人分の里山カレーをつくることができました。

 

続きを読む 0 コメント

30

6月

2014

ニホンウナギが国際的な絶滅危惧種へ

今回のレッドリスト掲載でニホンウナギは国際的な絶滅危惧種となった Photo by wiggoaugogo
今回のレッドリスト掲載でニホンウナギは国際的な絶滅危惧種となった Photo by wiggoaugogo

 以前のEOLニュースで、2013年2月に環境省がニホンウナギを「絶滅危惧種」に指定したことを紹介しました。そして2014年6月、今度は国際自然保護連合(IUCN)が発表している最新版のレッドリストでも、ニホンウナギが「絶滅危惧種」に分類されたのです。これにより、ニホンウナギは日本だけではなく、国際的な絶滅危惧種として認定されたわけです。

 

 国際自然保護連合のレッドリスト自体に法的な拘束力、例えば、ニホンウナギを捕まえたら法律で罰せられるといった力はありません。しかし、レッドリストは絶滅が心配される種の国際的な取引を規制しているワシントン条約に大きな影響力を持つため、今回の掲載でニホンウナギの取引に規制がかかる可能性が高まったことになります。ワシントン条約によってウナギの取引が規制されれば、日本の食卓からウナギが消えることになるかもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

23

7月

2014

【ココ・スリランカ】キングココナッツオイルの販売が始まります

NPO法人エコロジーオンラインの事業の一環として、ネットショップの“ココ・スリランカ”を立ち上げました。

 

スリランカと日本をつないで、自然環境に配慮してキングココナッツオイルやキトル・シロップを製造する樹李亜インターナショナルと有限会社ソーシャルエコロジー研究所が協働して、スリランカに雇用づくりと地球温暖化防止のメッセージを、日本国内に健康づくりと地球温暖化防止のメッセージを伝える事業です。

 

アルツハイマー防止に効果があると言われるキングココナッツオイルを中心にスリランカ商品の販売を手がけ、その売り上げの一部を活用してスリランカの小学校にナノ発電所などの自然エネルギー機器を寄付していきます。

 

将来的にはスリランカの熱帯林の保全や、日本とスリランカの子どもたちの交流、スリランカツアーなども手がけていきたいと思っています。

 

末永く応援よろしくお願いいたします。

 

ココ・スリランカ

続きを読む 0 コメント

10

7月

2014

【EOL里山部】2014/8/5~6ペレットツアー開催決定!

NPO法人ソーラーシティ・ジャパンとEOL里山部が首都圏の再生可能エネルギー(特にバイオマス)に関心の高い人たちのために見学ツアーを企画しました。

■日程

2014年8月5日(火)〜6日(水)1泊2日

■場所

山形県置賜郡小国町、新潟県新潟市、他

移動手段はもちろんBDF(バイオディーゼル燃料)100で走る天ぷらバス。

そして、小国町での食事は地産地消の食材を楽しみましょう。

続きを読む 0 コメント
EOLコラム。レアでコアな話題が満載。

03

5月

2014

間伐材カップの取り組みを毎日新聞が紹介

5月3日、毎日新聞が5ページにわたって企画した環境特集に間伐材カップがとりあげられました。

 

ご自身も森づくりに関わる毎日新聞特別編集委員岸井成格さんと沼田正俊林野庁長官の林業活性化の対談に始まり、世界遺産登録された富士山を守る取り組みやMOTTAINAIのイベント情報などが紹介されています。

続きを読む 0 コメント

パブリックプレスセンター

«一つ前のページへ戻る