ちょっと待て!家庭用LEDシーリングライトは、ほんとに節電、節約になるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このところLEDシーリングライトのTVコマーシャルをよく見るようになりました。

 

でも、どのくらい節電、節約になるのでしょうか?  ちょっと解説してます。

 

【節電】

まずLED電球とLED蛍光灯はどちらが節電になるか?

LED電球は約1/6の消費電力で、今までと同じ明るさになるのですが、
LED蛍光灯は約1/2の消費電力が必要で、節電効果は少ないのです。

もうひとつ「点灯時間」です。

昨年はLED電球が爆発的に売れました。
でもトイレ、洗面所、廊下、玄関などにつけているいる家庭が多いかと思いますが、
一日、何時間点灯してますか? せいぜい2~3時間程度でしょうか。

節電効果がないとは言えませんが、少ないですね。

リビングなどのシーリングライトは1日6時間程度と長くなりますが、節電効果1/2です。


【節約】
ではシーリングライトをLEDに替えて、どのくらい節約になるのか計算してみます。

家庭用のシーリングライト80WをLEDシーリングライト45Wに替えた場合。
1日6時間点灯で月に約100円、年間1200円程度の節約効果があります。

LEDシーリングライトは8~10畳程度で15,000~25,000円とずいぶん安くなりました。

でも節電による節約で、もとを取るには10年以上かかり、ちょっと長いですね。
5年くらいでもとが取れる10,000円以下になったら替えどきではないでしょうか。

家庭での点灯時間が短いので「代替」による節約を期待するのであれば、もう少し待ったほうが良いでしょう。

やっぱり家庭では、こまめに「消す」のが節電、節約効果があります。

店舗、事務所、工場、などは昼間も点灯してますね。
また看板、街灯など朝まで点灯している照明は節電、節約効果は高いので、こちらからLED照明に替えていきたいものです。

......................................................................................................................................

 アメブロです。

http://ameblo.jp/tsuji-pon/

twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「ゼロエネルギーハウス・LED照明活用術」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もしてみてください(汗)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa 

 

PROFILE

辻川 英章(つじかわ ひであき)

 

新潟県出身。中央大学電子工学科卒業後、電子部品機器商社で半導体、各種電子部品及び製品、PCディスプレイなどの販売に携わる。

 

各種PCボードの企画設計、製造販売事業の立ち上げや、ファミコン、MSXなどのゲームソフトの企画制作、ROMカートリッジの製造受注なども立上げた後、ゲームソフト企画開発及び販売会社を設立。任天堂、セガ、ソニー、マイクロソフトなどのゲームソフトの企画開発、販売をおこなう。

 

セガ・ドリームキャスト用として1999年に『東京バス案内』を自社開発。その後PS2やアーケードゲームへ移植、続編もリリース。さらに自動車教習用ドライビングシミュレータへと繋がり、そして2009年空間情報サービスの国際航業㈱とともの企画開発したArtMap(自動生成立体地図)へと繋がりました。

 

2003年にはデジタル機器、コンテンツの企画開発及び販売を目的とした有限会社楽画企(Rakugaki Inc.)を設立し、任天堂『DSおりがみ』の企画制作や、LED照明をソリューション事業として、導入コンサルティング及び販売事業を開始。

 

現在は次の事業他、各種デジタルコンテンツのプロデュースをおこなっております。

◇ArtMapデータをもとにしたデジタルコンテンツ及びサービス事業

◇iPhoneなどスマートフォンアプリ企画制作及びプロモーション事業

 iPhone iPad ソーシャルアプリ“Enjoy Japanese Origami”をリリース。facebookページなどで展開中。

◇LED照明のソリューション及び販売事業

 健康障害や節電効果が少ないなど、導入が難しいLED照明の導入コンサルティング及び販売事業を展開中。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    半可通 (木曜日, 03 5月 2012 06:41)

    高齢化の世帯が増えると「取り換え」の手間(コスト)が大きくなります。(自分でできなくなる)
    現在のLEDシーリングライトは蛍光灯シーリングライトと違って部品交換を想定していませんから、長寿命化で省力化が目的でしょう。

«一つ前のページへ戻る