「アクション!SDGs」が始まりました!

2015年9月、国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)ことを誓ったアジェンダには、2016年から2030年までの国際目標となる「持続可能な開発目標(SDGs)」として、17のゴール・169のターゲットが明記されました。

 

地球環境問題と向き合って18年にわたる活動をしてきたエコロジーオンラインですが、マダガスカルの事業をきっかけにSDGsの中心でもある途上国問題と直面することになり、森林破壊などの環境問題が貧困をきっかけに起きていることを知るようになりました。地球環境問題を解決するために幅広い視野を持った活動を手がける必要が出てきたのです。少子高齢化を中心とする日本社会の変化も私たちの活動を大きく変え始めました。人口が減少する地域では、環境にとどまらず、福祉や教育にも関連する課題を解決することが求められています。そうしたことを踏まえ、エコロジーオンラインは大きく組織を変革することにしました。

エコロジーオンラインがSDGsを意識した団体に成長するためには様々な準備が必要です。途上国での貧困問題を解決するためのビジネスモデル構築、高齢になっても困らない社会をつくるための調査研究事業、障がいを持った人たちが暮らしやすい社会をつくるためのネットワーク構築・・・。これらの事業を手がけるには多くの資金が必要です。みなさんから集まった資金を基盤として、政府や企業の補助金、企業からの支援、全国の市民の寄付を得ることで、それぞれの事業が可能になります。何卒、ご支援のほどよろしくお願いします。

 

エコロジーオンライン理事長 上岡 裕

SDGsアクション

2019年

5月

11日

アクション!SDGs  国連が提案する「持続可能な開発目標(SDGs)」に あなたもトライしてみませんか!

NPO法人エコロジーオンラインでは昨年から「アクション!SDGs」をテーマに、様々な地域で活動をしてまいりました。

多くの人が貧困に苦しむマダガスカルでは、里山エネルギーを活用したエネルギー支援や森林環境教育。超高齢化社会を迎えた日本では音楽を活用した認知症予防。地域の担い手不足に悩む長野では、里山保全と障がい者雇用をつなげる取り組みをしています。

また、文部科学省と環境省が推進する、教育現場でのSDGsプログラム「持続可能な開発のための教育(ESD)」では、地域ESD活動推進拠点として、栃木県内の学校教育におけるSDGs教育の推進を担ってきました。

続きを読む

2021年

12月

05日

「アクション!SDGs」グッズができました。

エコロジーオンラインの「アクション!SDGs」グッズができました。

デザインにはマダガスカルのワオキツネザルを採用。レインボーカラーのロゴを添えることでダイバーシティ&インクルージョンを意識しました。

オーガニックコットンTシャツもお選びいただけます。

どうぞよろしくおねがいします。

 

続きを読む

2021年

12月

05日

日本政策金融公庫「ソーシャルビジネスステーション」にご紹介いただきました。

日本政策金融公庫が、企業とNPOの連携・協働を促進するためのプラットフォーム「ソーシャルビジネスステーション」を WEB 上に開設しました。

「ソーシャルビジネスステーション」は、ソーシャルビジネスへの参画を検討する企業を対象に、NPOとの連携・協働関係の構築をサポートするための情報のプラットフォームで、「NPOマップ」「連携・協働事例」「連携・協働のステップ」「有識者へのインタビュー」「お役立ちコラム」などのコンテンツがお楽しみいただけます。

続きを読む

2021年

11月

28日

マダガスカルのチョコレート学院『EDENIA』から生中継!フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会 (3)

フェリス女学院大学とマダガスカルをつないで行う「現場を学ぶ勉強会」第三回が終わりました。

今回は、マダガスカルにあるチョコレート学院『EDENIA』から生中継で行われました。観光省や職業訓練省等も協賛している施設で、学院の名前になっている『EDENIA』は『エデンの園』の意味があります。

続きを読む

2021年

11月

18日

マダガスカル「ラジオミライ」のステッカーができました!

マダガスカルでのラジオ番組づくりのクラウドファンディングの返礼品のステッカーができました。

ご支援いただいた方には順次発送をさせていただきます。

ラジオ番組づくりの最初の予算の発送も終了。来年1月の番組スタートに向けて打ち合わせが始まりました。放送局は里山エネルギースクールの取り組みを支援したサカイ市のFM局になります。

続きを読む

2021年

11月

15日

【地域SDGs】飛駒を紹介するページができました。

地域SDGs推進ネットワークとして「小さな拠点づくり」を支援する佐野市飛駒地区を紹介するページができました。

現在、住民のみなさんに手によるまちづくり会社の設立に向けて準備をしており、12月にはまちづくりセミナーを実施する予定です。

飛駒地区への旅行、移住などのお問い合わせについてはエコロジーオンラインまでご連絡ください。

ホームページのURLは下記になります。

名馬と和紙の里

 

続きを読む

2021年

11月

08日

スポーツ×SDGs 親子編「スポーツ×SDGsアイデアソン」第2回 レポート

東日本放送、第一興商、エコロジーオンラインがスポーツ庁「Sport In Life」の委託を受けて仙台で実施するイベントスポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」親子編「スポーツ×SDGsアイデアソン」の第2回が11月6日、東日本放送新社屋の「ぐりりホール」にて開催されました。

 

2回目となる今回は仙台に伝わるすずめ踊りとSDGsとを組み合わせて新しいスポーツを親子の皆さんと遊ぶ体験会を実施しました。

土曜日の「ぐりりホール」の中は子どもたちの黄色い声であふれかえっていました。

開催するまでのあいだ、来場してくださったみなさんにSDGsについての質問をしていた時、会場に突如として祭囃子の音が・・・。

続きを読む

2021年

11月

04日

スポーツ×SDGs 親子編「スポーツ×SDGsアイデアソン」第1回 レポート

東日本放送、第一興商、エコロジーオンラインがスポーツ庁「Sport In Life」の委託を受けて仙台で実施するイベントスポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」親子編「スポーツ×SDGsアイデアソン」の第1回が10月31日、東日本放送新社屋の「ぐりりホール」にて開催されました。

 

1回目の今回は最近注目されているSDGsと競技スポーツを組み合わせて新しいスポーツを親子の皆さんと考えるワークショップを実施しました。

日曜日ということもあり、「ぐりりホール」の中は子どもたちの黄色い声であふれかえっていました。

会場のみなさんがSDGsとスポーツをどう組み合わせればいいのか頭を悩ませていたその時、会場に突如として祭囃子の音が・・・。

続きを読む

2021年

10月

25日

【ラジオミライ@マダガスカル】クラファン初期目標を達成!ラジオ番組づくりを始めます。

9月13日にスタートした【マダガスカル支援】『ラジオ』を通し森の大切さや日本の文化を伝えたい!が皆さまの温かいご支援で初期目標の30万円を達成いたしました。

様々なお問い合わせが続いていることから、クラウドファンディングは年末まで継続させていただきますが、返礼品の手配やラジオ番組制作の作業に入らせていただきます。引き続き情報発信は続けていきます。

ご支援ありがとうございました!

続きを読む

2021年

10月

19日

森を守るSDGsラジオプログラム「ラジオミライ」の立ち上げにご協力ください!

番組キャラクターには“キツネザル”を採用
番組キャラクターには“キツネザル”を採用

SDGsプログラム「ラジオミライ」はエコロジーオンラインが里山エネルギースクールを手がけてきたサカイ市のFM局からスタートします。

週に一度、30分の放送をすることで月に1万円という電波料を支払う必要があり、年間契約をすることで10万円程度の経費が必要です。森づくり情報や日本文化の発信をマダガスカル語で手がけるため、現地の制作スタッフで番組をつくりあげていきます。

続きを読む

2021年

10月

19日

【EOLクラファンニュース】「ラジオミライ」が全国の動物園と連携

エコロジーオンラインではマダガスカルの固有種 ワオキツネザルを飼育する那須どうぶつ王国とアニマルSDGsの連携を深めてきました。

「ラジオミライ」のクラウドファンディングにもご協賛いただいておりますが、今後、複数の協働プロジェクトを用意しており、準備が進んでいます。現在、那須どうぶつ王国でもクラウドファンディング(野生への扉PJ)を実施しており、その支援もさせていただいています。

そして今回、マダガスカル「ラジオミライ」のクラファンにあたって、新しい仲間が生まれました。

続きを読む

2021年

10月

01日

東日本放送、第一興商、エコロジーオンラインが協働 スポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」がスタート!

東日本放送、第一興商、エコロジーオンラインがスポーツ庁「Sport In Life」の委託を受けて仙台で実施するイベントスポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」の参加の受付が始まりました。

エコロジーオンラインでは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシーとして、SDGsのさらなる浸透をテーマにラジオ発信などの活動をしてまいりましたが、その体験を踏まえてSDGsを達成するスポーツの開発・普及にチャレンジします。

参加ご希望の方は下記のページからお申し込みください。

スポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」【イベント参加者募集】

続きを読む

2021年

9月

30日

フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会 (2)

チーム・マダガスカルで寄付されたソーラードライヤー
チーム・マダガスカルで寄付されたソーラードライヤー

フェリス女学院大学とマダガスカルをつないで行う「現場を学ぶ勉強会」第二回が終わりました。前回に続き、国際協力団体 Keep the smile(キープ・ザ・スマイル)に関わる学生さん等が参加してくれました。

今回のテーマは『食』です。

 

続きを読む

2021年

9月

28日

【地域ESD】宇都宮短期大学付属高校でSDGsワークショップを実施

2021年9月25日に前回開催した宇都宮短期大学付属高校で実施しました。

今回は2年生を対象に会場都合もあり上岡会場と吉田会場に分かれて。2年生は昨年上岡理事長がSDGsについてのレクチャーをしているので今回はおさらい程度の話とメインはワークショップを内容は同じく未来工房方式です。

 

続きを読む

2021年

9月

23日

薬物使用×ジェンダー×スティグマ ①:市販薬や処方薬にハームリダクションはどう向き合っているの?

薬物使用がある人に向けられる、さまざまなスティグマがあります。そのなかに薬物の違法性に関係するものもあれば、ジェンダーに関係するものもあります。

男性の方が、より違法の薬物を使う傾向にあるけれど、女性のほうが市販薬や処方薬を使う傾向は高く、社会的なスティグマなどの影響で、早く薬物依存症になりやすい、と国連は指摘しています。

続きを読む

2021年

9月

18日

森林破壊深刻なマダガスカル 現地ラジオで保全を啓発へ 番組制作、資金募りCF

続きを読む

2021年

9月

16日

【マダガスカルラジオ】現地スタッフがRADIO SAKAYを訪問

クラウドファンディング実施中の「ラジオミライ」制作根回しのため、現地事業を担う「マダガスカルみらい」のスタッフがRADIO SAKAYを訪問しました。

SAKAY(サカイ)はエコロジーオンラインが里山エネルギーの普及や森林再生に取り組んでいる地域で、最初のオンエアを担うラジオ局になります。現地での活動内容は下記ページをご確認ください。

チーム・マダガスカル

続きを読む

2021年

9月

15日

令和3年度土木学会で太陽熱集熱システムに関する研究を発表しました。

エコロジーオンラインは「チーム・マダガスカル」の活動を通して、マダガスカルの子どもたちの栄養改善事業を手がけています。国連FAOなどと連携し「ソーラードライヤー」という太陽熱機器を活用して食品を乾燥して保存食品をつくります。

その事業を学術的にサポートしてくれている北九州市立大学伊藤洋教授の研究室の皆さまとともに「太陽熱集熱システムを応用した果実乾燥促進実験」についてのレポートを令和3年度土木学会にて発表いたしました。

続きを読む

2021年

7月

31日

フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会

横浜市にあるフェリス女学院大学とマダガスカルをつなぎ、オンラインによる勉強会を行いました。

国際協力団体Keep the smile(キープ・ザ・スマイル)に所属し、フェアトレード品を扱う等の活動を行う学生や、栄養と子どもの成長の関係に興味をもつ学生等が参加してくれました。

続きを読む

2021年

7月

20日

【アクション飛駒】「あさきちブルーベリーファーム」に行ってきました❗️

梅雨明け後、軽く30℃を超え始めた夏の日、佐野市の北、飛駒にある「あさきちブルーベリーファーム」を見学させていただきました。

熱暑の中、入り口の初代園主‘あさきち爺さんの木’と園主の横塚さんが笑顔で出迎えてくれました。

「今年は花が多かったから沢山実がなってくれると期待していたのですが、実際はそれほど多くないんです。

続きを読む

2021年

7月

08日

フェリス女学院大学でマダガスカルを学ぶ授業が始まります。

エコロジーオンラインのマダガスカルでの活動を担っている浅川日出夫代表がフェリス女学院大学の勉強会を担当することになりました。

マダガスカルの社会・環境的課題を学生の皆さんと共有し、フェアトレード品の開発などを通してマダガスカルを支援する道筋を考えていきます。マダガスカルとインターネットでつながることの難しさも含めて様々な課題と出会うことになると思います。

エコロジーオンラインでは、途上国問題を自分事としてとらえ、行動する若者が一人でも増える機会となることを期待しています。

続きを読む

«一つ前のページへ戻る