コンテンツフォーケア ~音楽、アート、エンターテインメントで社会をつなごう!~

エコロジーオンライングループでは、オトトカラダ社会をよくするキャラクターワークショップの実践を通して、音楽、アート、エンターテインメントを医療・介護・まちづくりの現場にお届けする取り組みをしています。

現在、コンテンツフォーケアの活動に協力してくれるネットワーク団体を募集しています。ご興味がある団体の方は、エコロジーオンライン事務局までご連絡ください。


<ネットワーク団体>

女子美術大学
一般財団法人オーバーザレインボー基金
琉球フィルハーモニックオーケストラ

最新ニュース

2018年

1月

26日

【コンテンツフォーケア】介護現場で「聴いた」&「効いた」曲を募集しています!

エコロジーオンラインでは現在、アメリカから始まった音楽による認知症ケアの取り組み「Music & Memory」のトライアル事業を実施しています。

このたび、その活動の受け皿となるプロジェクト「コンテンツフォーケア」を整備して、トライアル事業の継続を図っていくことになりました。

介護分野で活動する家電メーカーやエンタメ企業と連携し、高齢者ケアを中心に現場で活用できるデバイスやコンテンツの企画、開発、発掘などを手がけていきます。

続きを読む 0 コメント

関連する活動

オトトカラダ

オトトカラダ
アメリカで始まった音楽による認知症ケアの取り組み「Music & Memory」のトライアル事業を実施しています。アメリカの取り組みを追いかけたドキュメンタリー「パーソナルソング」の上映会とあわせて、家庭で、コミュニティで、施設で、認知症の予防や改善に音楽が活用される未来を呼びかけます。

社会をよくするキャラクターワークショップ

ⓒJOSHIBI
ⓒJOSHIBI

社会をよくするキャラクターワークショップ
エコロジーオンラインと女子美術大学が連携して、社会をよくするキャラクターづくりのワークショップを実施しています。地球環境保護から、介護の現場で活用されるキャラクターまで幅広く手がけています。連携する女子美術大学は小児病棟やホスピスをアートに溢れる場にする取り組みを実践しています。

«一つ前のページへ戻る