紅葉の秋をソーラーパワートラックが行く!

この秋は東日本大震災や熊本地震で活躍したソーラーパワートラックが全国各地で大活躍します。お近くの方は是非遊びにいらしてください。

詳しくは里山エネルギー株式会社まで。

SDGsピックアップ

2022年

9月

29日

コオロギフードでサステナブルな社会づくりへの参加を広げたい――昆虫食スタートアップ「エコロギー」の挑戦

続きを読む

マザーアースダイバーシティ ~命あふれる土壌再生を目指して!~

里地里山から社会課題を学び、行動する。

里山SDGs研修
里山SDGs研修.pdf
PDFファイル 139.5 KB

2022年

6月

14日

【里山SDGs】企業・団体向け研修事業がスタート!

エコロジーオンラインはこの度、佐野市多田町で活動する丸岳・里山再生協力会と協力して、里山体験をメインにした里山研修事業を始めることにいたしました。

SDGsの考え方をベースに、地域にある里山の現状を学び、持続的に里山を保全をしていくためには何が必要なのかを考えてもらう研修です。

ご希望の方はエコロジーオンラインまでお問い合わせください。

続きを読む

地域SDGs推進ネットワーク

2022年

6月

14日

「飛駒のSDGsを考える会」がたちあがりました。

令和2年から地域住民が中心になって飛駒の地域活性化、飛駒小の活用などについて会議を重ね、今年4月に「飛駒のSDGsを考える会」が発足しました。

飛駒の豊かな自然を活かしつつ、住民の皆さんが安心して、楽しく過ごせるSDGsな地域づくりを考えていこうと思います。

飛駒のSDGsを考える会

続きを読む

SDGsラジオミライ

2021年

9月

10日

【アクション!SDGs:マダガスカル支援】 『SDGsラジオ』を通し森の大切さや日本の文化を伝えたい! クラウドファンディングにご協力をお願いします。

アフリカの東に位置するマダガスカルで2016年から再生可能エネルギーの導入支援や森林再生を手がけている特定非営利活動法人エコロジーオンライン(栃木県佐野市 理事長 上岡裕)が現地でラジオ番組をつくるためのクラウドファンディングを始めます。9月13日にスタートし、10月末を目途に番組づくりに必要な30万円の資金を集めます。

クラウドファンディングサイト:https://www.eco-online.org/sdgs-radio/radio-mirai/

 

続きを読む

エコニュースまとめ

2022年

9月

30日

世界34カ国、最大15%成長押し下げ、ノルドストリームガス漏れ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/30)

ユーラシアカワウソ / Eurasian Otter
ユーラシアカワウソ / Eurasian Otter

34カ国の平均で、調査対象者の半数以上(56%)が、気候変動はすでに自分の住む地域に深刻な影響を及ぼしていると回答しています。すべての国での過半数を含む10人に7人以上(71%)が、今後10年間に気候変動が自分の住む地域に深刻な影響を及ぼすと予想しており、3分の1(35%)は今後25年の間に気候変動の影響を受けて移住を余儀なくされると予想しています。

 

アフリカ開発銀行は、気候変動の影響でアフリカの1人当たりの経済成長が年に5~15%押し下げられているとの分析を明らかにした。アフリカでは近年、干ばつや洪水の被害が拡大している。2030年までの気候変動対策に必要な資金は1兆6000億ドル(約230兆円)不足しているという。

 

 

   

 

日のニュースは以下です。

続きを読む 0 コメント

2022年

9月

29日

ワオキツネザルの新しいデザインがショップにデビューしました!

続きを読む

EOLキッズ

2022年

7月

29日

夏休みの宿題をSDGsで!イオンみらいこどもキャンパス「特報どうぶつSDGs」撮影クランクアップ!

7月21日、エコロジーオンライン上岡理事長が隊長を務める イオンみらいこどもキャンパス「特報どうぶつSDGs」の動画撮影のため、那須どうぶつ王国とアクアマリンふくしまに行ってきました!

まず向かったのは那須どうぶつ王国。

普通の動物園と違って、なるべく動物との隔たりを無くしている展示が人気の動物園です!

 

「マヌル沼」という言葉が生まれたほどクセになる話題のマヌルネコ
「マヌル沼」という言葉が生まれたほどクセになる話題のマヌルネコ
続きを読む

コンテンツフォーケア

エコロジーオンラインではコンテンツフォーケアのプロジェクトとしてオトトカラダキャンペーンを実施中です。

2022年

9月

22日

日本認知症予防学会学術集会の2つのセッションをサポートしています。

2022年9月23日から25日にかけて福岡国際会議場で日本認知症予防学会の学術集会が開催されます。

今回のテーマは「超高齢社会の生活習慣と街づくりによる認知症予防」です。

本学会は当法人理事長の上岡裕が広報アドバイザーを務め、認知症予防大使の徳光和夫氏のキャスティングなどを手がけてきました。

今回の学術集会においては白鷗大学学長でザ・フォーク・クルセダーズで活動していた北山修氏による「生き残るための物語と音楽」と「森林を活用した認知症予防と地域づくり」という2つのセッションをサポートしています。

当法人が手がけてきた音楽と森の社会的な活用が認知症予防の世界でも一歩づつ認められつつあります。

https://jsdp2022.org/

続きを読む

広告サポーター

«一つ前のページへ戻る