パーソナルソング名曲選

コンテンツフォーケアを実践するライツフォーグリーンのウェブサイトでパーソナルソング名曲選の連載が始まりました。

L13によるイラストとともに、往年のスーパースターたちの情報をコンパクトにまとめてお届けします。家族や介護施設でパーソナルソングを探したり、会話のネタとしてご活用ください。

エディット・ピアフ

フランク・シナトラ

チャック・ベリー

エルヴィス・プレスリー

グレン・ミラー


マーヴィン・ゲイ

フレディ・マーキュリー

ルイ・アームストロング 

アレサ・フランクリン


ニュース

2019年

3月

18日

再生可能エネルギー、超小型電流センサ、潘基文・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/3/18)

熱帯雨林の破壊や農業による森林開発などにより、生息地が奪われ続けるワオキツネザル。マダガスカルのみに生息するキツネザルの95%が絶滅危惧に。
熱帯雨林の破壊や農業による森林開発などにより、生息地が奪われ続けるワオキツネザル。マダガスカルのみに生息するキツネザルの95%が絶滅危惧に。

あわら市の北潟漁協は十六日、北潟公民館で総会を開き、三井不動産(東京都)が北潟沖で検討中の洋上風力発電所の建設に大筋で同意しました。近く同社が漁協や住民らを交えた協議会を発足させ、具体的な検討に移るといいます。

 

経済産業省資源エネルギー庁は、2015年12月に発表した“ZEH普及に向けて「これからの施策展開」と題した発表で、「2020年までにハウスメーカーや工務店などのビルダーが建築する戸建て注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを進めるとしていました。ところが、政府は先の2月15日、「建築物のエネルギー消費性能向上に関する法律の一部を改正する法律案」を閣議決定。つまり、新築住宅の省エネ基準適合義務化(ZEH義務化)がご破算になり、開始時期そのものを見直すことを決めました。

 

日のニュースは以下です。

続きを読む 0 コメント

2019年

3月

17日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルに到着! その足でバイオガス農家のギーさんを訪ねました。

エコロジーオンラインのマダガスカル支援も3年目を迎え、具体的な成果が見えてきました。

今回の3月15日から25日までの訪問は、里山エネルギープロジェクトの最初のモデルプラントとなったアンタナナリボのバイオガス施設のフォローアップ、バイオガスの事業モデルの模索、里山エネルギースクールでのワークショップが主な目的です。

続きを読む

2019年

3月

10日

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。

牛の糞尿から生まれたメタンガスでふくれたバイオ大ジェスター
牛の糞尿から生まれたメタンガスでふくれたバイオ大ジェスター

3月15日、エコロジーオンライン上岡理事長が日本を発ち、エチオピアのアジスアベバを経由して、マダガスカルに入ります。

今回の訪問ではマダガスカルで稼働したバイオガスプラントの視察と、里山エネルギースクールとして活動してくれているロバソア小学校を訪問をします。

 

続きを読む

2019年

3月

10日

セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano

国内の最高気温の記録が更新された昨年7月23日、佐野市では39・2度を観測。県内の最高気温の記録を更新しました。地球温暖化の進行にともなって、佐野市の夏の暑さは厳しさを増すばかりです。

佐野市が実施する「COOL CHOICE 30 SANO」の事務局を手がけるエコロジーオンラインは、地球温暖化の「緩和」と「適応」を呼びかけています。その一環として今年、夏の日差しを避けるグリーンカーテンの普及を始めることにいたしました。

続きを読む

2019年

3月

02日

今月訪問予定のマダガスカル 全国紙にバイオガス事業がとりあげられました。

エコロジーオンラインは、3月15日から10日間、「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギープロジェクト」の3回目となる現地訪問を実施します。

今回は里山エネルギースクールでの自然エネルギーワークショップの実施と、子どもたちとの植林を実施します。

その訪問に先立ち、3月1日、一足先にマダガスカル入りしたスタッフが現地スタッフとともに、赤十字国際委員会を訪問。バイオガスの普及に向けた意見交換を行いました

続きを読む

2019年

2月

22日

マダガスカルに「里山エネルギー」の火が灯りました。

エコロジーオンラインがSATOYAMA ENERGY PROJECTでマダガスカルに設置したバイオガスプラントにメタン発酵に十分な量の牛の糞尿が溜まり、写真のようにコンロに火が灯りました。

マダガスカルでの里山エネルギー普及事業については、現地の赤十字国際委員会も興味を示し、在マダガスカル日本大使館との連携のもと、各地にモデルプラントを設置する方向で動き始めています。

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを実施しました。

 

続きを読む

COOL CHOICE 30 SANO

佐野市出身のお笑いコンビワンクッションが市内のクルチョイを紹介!


Green Power Caravan

2018年

11月

13日

【リリース】エコロジーオンラインが平成30年度地球温暖化防止活動大臣表彰を受賞

地球温暖化防止活動を地域で啓発するソーラーパワートラック
地球温暖化防止活動を地域で啓発するソーラーパワートラック

エコロジーオンラインの地球温暖化防止活動に対して、地球温暖化防止活動環境大臣表彰が贈られることになりました。(環境省によるプレスリリース

音楽業界と連携した啓発事業、キャラクターを通した自然エネルギー普及事業、里山エネルギーを活用した被災地・途上国支援活動などが評価されたものです。

受賞を記念して下記の講演会を開催します。

 

続きを読む

2018年

2月

19日

平成29年度「新エネ大賞」表彰式に参加してきました!

2018年2月14日、東京ビックサイト会議棟703会議室で、平成29年度「新エネ大賞」表彰式が開催されました。

新エネ大賞は、一般財団法人新エネルギー財団が、新エネルギーの一層の導入促進と普及および啓発を図るため、新エネルギーに係る商品および新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、そのうち優れたものを表彰するものです。1996年にスタートした同大賞は今回で21回目。これまでに204件の優れた案件が表彰され、先導的な事例として新エネルギー等の普及促進に大きな役割を果たしています。

続きを読む

コンテンツフォーケア

エコロジーオンラインではコンテンツフォーケアのプロジェクトとしてオトトカラダキャンペーンを実施中です。

2019年

2月

01日

【コンテンツフォーケア】徳光和夫さんが認知症予防大使に就任

「コンテンツフォーケア」の活動を通してコーディネートさせていただき、徳光和夫さんが日本認知症予防学会から認知症予防大使を委嘱されることになりました。

土曜朝のレギュラー番組「とくモリ!歌謡サタデー」ではすでに告知済みですが、日本認知症予防学会のホームページに浦上克哉理事長、西野憲史常務理事とともに撮影した写真がアップされています。

 

 

続きを読む

2019年

1月

05日

音楽は医療・介護を変える! 音楽による認知症ケアを描いたドキュメンタリー映画『パーソナル・ソング』上映イベントを、神保町ブックセンターで1月20日開催

医療系ウェブマガジンを発行する「地域医療ジャーナル」が運営する、これからの医療について考え+行動するためのオンラインコミュニティ「地域医療編集室」では、2019年1月20日(日)に映画上映・意見交換会イベント「パーソナルソング 医療・介護をつなぐ音楽」を、神保町ブックセンター(東京都千代田区)にて開催します。エコロジーオンラインも運営に協力。理事長の上岡裕が当法人の取り組みについて話題提供します。

続きを読む

コラム

2019年

3月

04日

【RADIO SAKAMOTO】Fridays For Future 金曜日を未来のために!

見渡す限りのマダガスカルの荒地での緑化事業が始まります。
見渡す限りのマダガスカルの荒地での緑化事業が始まります。

昨年夏、当時15歳だったグレタ・トゥーンベリさんがスウェーデンで始めた子どもたちの気候ストライキが世界に広がっています。

グレタさんは8月、スウェーデン政府が気候変動に対して適切なアクションをとっていないと3週間にわたって国会議事堂の前で座り込みをしました。

座り込み終了後もこの活動を続け、スウェーデン政府が気温上昇を2度未満に抑える対策を講じるまで、「Fridays For Future(未来のための金曜日)」を呼びかけ、毎週金曜日にストライキを続けることにしました。

続きを読む

2019年

1月

07日

【RADIO SAKAMOTO】捨てられたプラスチックが塩を汚染する!?

dynamosquito  / CC BY-NC 2.0
dynamosquito / CC BY-NC 2.0

2019年になりました。

エコロジーオンラインは昨年、新エネ大賞をいただくところからスタートし、年末には地球温暖化防止活動で環境大臣賞もいただきました。

18年にわたって地球温暖化や自然エネルギーの普及に取り組んだところが評価されたのだと思います。立ち上げ当初から、こうしてお付き合いいただいた教授をはじめ、僕らの活動を支えてくれる皆さんがいなければいただけなかった賞だと思っています。

続きを読む

«一つ前のページへ戻る