環境破壊が生むパンデミックという名の副産物

2020年

3月

25日

【新型コロナウイルス】地球環境破壊が生み出す人獣共通感染症の恐怖

COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0
COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。

世界のあちこちで「戦後最大の危機」が叫ばれ、ニューヨーク、ロンドン、パリなど、世界の主要都市が封鎖される状態に陥った。東京オリンピックに対しても参加国やアスリートたちからの不安の声が高まり、「1年以内に延期」というかつてない状態に追い込まれた。

新型コロナが発生して以降、これまでに175の国・地域で計40万4020人余りの感染者が見つかり、1万8259人の方が亡くなっている。(2020年3月25日現在)。

続きを読む

エコニュースまとめ

2020年

3月

27日

エクセルシャノン、ジェフ・ベゾス、脱炭素ブーム・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/27)

全身で約8億本もの体毛が生えており、哺乳類の中で最も体毛密度が高い。 お腹の上に石を乗せ、貝類やウニなどを叩きつけて割り、中身だけを食べることもある。 お気に入りの石や食べ切れなかった貝等はわき腹のたるみをポケットのようにして、しまいこんでいる。 夜間になると波のない入江などで海藻につかまったり、体に巻きつけて海流に流されないようにして休む。水族館などでは、手をつないで休むこともある。 毛皮を目的に乱獲され、現在日本の水族館には8頭しかいない。
全身で約8億本もの体毛が生えており、哺乳類の中で最も体毛密度が高い。 お腹の上に石を乗せ、貝類やウニなどを叩きつけて割り、中身だけを食べることもある。 お気に入りの石や食べ切れなかった貝等はわき腹のたるみをポケットのようにして、しまいこんでいる。 夜間になると波のない入江などで海藻につかまったり、体に巻きつけて海流に流されないようにして休む。水族館などでは、手をつないで休むこともある。 毛皮を目的に乱獲され、現在日本の水族館には8頭しかいない。

気候変動に関して沈黙を貫いていた米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは先月、100億ドル(約1兆1000億円)の個人資産を用いて、「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」を立ち上げるとインスタグラムで発表した。ベゾスCEOは気候変動について「人類にとって最大の脅威」と語る。しかし、世間やアマゾンの社員はこれを十分だとは考えていない。アマゾンが石油・ガス企業や気候変動を否定するシンクタンク、政策への支援を続けていることなどを理由として挙げて、「片方の手で奪っているものを、もう片方の手で与えることは不可能だろう」と懸念を示す。

 

ポーランドの電力会社エネルガ(Energa)とエネア(Enea)は先月、ワルシャワの郊外に新たな巨大石炭火力発電所を建設する共同プロジェクトを取りやめた。最大の理由は、14億ユーロ(約1690億円)の投資を集めることが難航したからだ。2023年末までに準備を完了させる予定だったが、一時的に中断することを余儀なくされたと伝えた。

 

 

日のニュースは以下です。

続きを読む 0 コメント

2020年

3月

25日

【新型コロナウイルス】地球環境破壊が生み出す人獣共通感染症の恐怖

COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0
COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。

世界のあちこちで「戦後最大の危機」が叫ばれ、ニューヨーク、ロンドン、パリなど、世界の主要都市が封鎖される状態に陥った。東京オリンピックに対しても参加国やアスリートたちからの不安の声が高まり、「1年以内に延期」というかつてない状態に追い込まれた。

新型コロナが発生して以降、これまでに175の国・地域で計40万4020人余りの感染者が見つかり、1万8259人の方が亡くなっている。(2020年3月25日現在)。

続きを読む

2020年

3月

05日

地域SDGs推進ネットワークで「さのきたバイオマスバレー」の活動を始めます!

さのきたバイオマスバレーの活動が始まります!
さのきたバイオマスバレーの活動が始まります!

エコロジーオンラインが事務局を務める地域SDGs推進ネットワークで「さのきたバイオマスバレー」を推進して行くことになりました。

まず、手がけるのは森林を中心にした地域活性化事業の『渡良瀬川流域構想』のサポートです。渡良瀬林産株式会社が掲げるこの構想は、山林の健康を守りながら、木材の地産地消・地産都消を推進し、地域を活性化させて渡良瀬の恵みを未来の子供たちへつないでいく取り組みです。

続きを読む

2020年

3月

02日

【地域ESD活動】文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」に掲載されました。

エコロジーオンラインが地域ESD活動推進拠点として手がけている小中高大学でのESD(持続可能な開発のための教育)授業が文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」のホームページに掲載されました。

文部科学省では、子供たちの豊かな学びや成長を支えるため、地域と学校がパートナーとして連携・協働することが重要だと位置づけ、国の取り組み、地域と学校が連携・協働した事例、企業・団体・大学等が学校と協働するためのツール、イベントの情報等を発信しています。

続きを読む

2020年

2月

29日

マダガスカル植林大作戦が現地テレビで紹介されました!

エコロジーオンライン「里山エネルギープロジェクト」と現地NGOマダガスカルみらいが共同で手がけるマダガスカル植林大作戦の様子が現地のテレビで紹介されました。

マダガスカル植林大作戦の詳しい内容についてはこちらをご確認ください。

日本から世界を救う旅に出よう! チーム・マダガスカル

続きを読む

音楽で社会課題を考える!SDGsミュージック

2020年

2月

17日

マダガスカルの植林活動への寄付で「マダガスカル みらい」のCDを一枚進呈!

昨年夏、マダガスカルで森づくり活動を支援するために、クラウドファンディングを通して「マダガスカル みらい ~森の歌をみんなで歌って踊ろう!~」という楽曲を制作しました。

このたび、ダレシアのみなさんの協力で立派なCDが仕上がってきました。

【SDGsミュージック】マダガスカルの緑をとりもどそう! 普及啓発用のCDが完成しました。

続きを読む

2019年

12月

11日

音楽は自然とともに 白井貴子

白井貴子さんと言えばファンが総立ちする「ロックの女王」としてのライブシーンが目に浮かぶ。

現在もライブで全国を精力的に回っている白井さんだが、長年にわたって環境活動にも取り組んでいる。

近年は、『帰ってきたヨッパライ』『あの素晴しい愛をもう一度』などフォーククルセダーズの北山修氏(作詞家・精神科医)とタッグを組んだり、手仕事の大切さを伝える展覧会の開催など活動は多岐にわたる。

最近の環境に関わる取り組み、南伊豆で開催された「PEACE MAN CAMP」の様子から話を伺った。 

続きを読む 0 コメント

関連記事

パーソナルソング名曲選

コンテンツフォーケアを実践するライツフォーグリーンのウェブサイトでパーソナルソング名曲選の連載が始まりました。

L13によるイラストとともに、往年のスーパースターたちの情報をコンパクトにまとめてお届けします。家族や介護施設でパーソナルソングを探したり、会話のネタとしてご活用ください。

舟木一夫
舟木一夫
村田英雄
村田英雄
美空ひばり
美空ひばり
忌野清志郎
忌野清志郎
デヴィッド・ボウイ
デヴィッド・ボウイ

Stop! 絶滅危惧

私たちが生きる現代社会は「大量絶滅」の時代だと言われ、多くの生命たちが絶滅の危機に瀕しています。

そんな動物たちをイラストで紹介する「Stop! 絶滅危惧」がスタートしました。

エコニュースまとめ、メールニュースなどで、イラストを活用していきます。

かわいいラッコはどこへ行った!? (C)L13
かわいいラッコはどこへ行った!? (C)L13
コアラ・クワッカワラビー
コアラ・クワッカワラビー
ヤマネコ
ヤマネコ
トキ
トキ
オジロワシ
オジロワシ
ニホンウナギ
ニホンウナギ

COOL CHOICE 30 SANO

佐野市出身のお笑いコンビワンクッションが市内のクルチョイを紹介!


チーム・マダガスカル

2020年

3月

25日

【新型コロナウイルス】地球環境破壊が生み出す人獣共通感染症の恐怖

COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0
COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。

世界のあちこちで「戦後最大の危機」が叫ばれ、ニューヨーク、ロンドン、パリなど、世界の主要都市が封鎖される状態に陥った。東京オリンピックに対しても参加国やアスリートたちからの不安の声が高まり、「1年以内に延期」というかつてない状態に追い込まれた。

新型コロナが発生して以降、これまでに175の国・地域で計40万4020人余りの感染者が見つかり、1万8259人の方が亡くなっている。(2020年3月25日現在)。

続きを読む

2020年

2月

29日

マダガスカル植林大作戦が現地テレビで紹介されました!

エコロジーオンライン「里山エネルギープロジェクト」と現地NGOマダガスカルみらいが共同で手がけるマダガスカル植林大作戦の様子が現地のテレビで紹介されました。

マダガスカル植林大作戦の詳しい内容についてはこちらをご確認ください。

日本から世界を救う旅に出よう! チーム・マダガスカル

続きを読む

2020年

2月

23日

「マダガスカル児童絵画展2020春」を実施しています!

里山エネルギースクールをとして活動するサカイ市のロバソア小学校の児童たちが日本からの支援に感謝して絵を描いてくれました。

3月末までコンクールを実施します。

よく描けていると思う絵に「いいね!」をお願いします。

 

続きを読む

コンテンツフォーケア

エコロジーオンラインではコンテンツフォーケアのプロジェクトとしてオトトカラダキャンペーンを実施中です。

2020年

1月

28日

3.10 東京電機大にて自動運転をテーマにしたシンポジウムを実施します。

3/10 東京電機大学東京千住キャンパス丹羽ホールにて「クルマと社会変化の歴史 ~自動運転にパッションはあるのか~」と題するシンポジウムが実施されます。

エコロジーオンラインも実行委員会に参加し、来たるべき自動運転社会をより輝かせるためのビジョンを各分野のイノベーターの方たちが語りあいます。

高齢ドライバー問題の第一人者 山梨大学大学院教授の伊藤安海氏、Mr.ルマン レーシングドライバーの寺田陽次郎氏、ジャーナリスト 戦略イノベーション・アドバイザーの川端由美氏が講演に参加します。

参加申し込みはこちらのページからどうぞ!

 

続きを読む

2019年

12月

11日

音楽は自然とともに 白井貴子

白井貴子さんと言えばファンが総立ちする「ロックの女王」としてのライブシーンが目に浮かぶ。

現在もライブで全国を精力的に回っている白井さんだが、長年にわたって環境活動にも取り組んでいる。

近年は、『帰ってきたヨッパライ』『あの素晴しい愛をもう一度』などフォーククルセダーズの北山修氏(作詞家・精神科医)とタッグを組んだり、手仕事の大切さを伝える展覧会の開催など活動は多岐にわたる。

最近の環境に関わる取り組み、南伊豆で開催された「PEACE MAN CAMP」の様子から話を伺った。 

続きを読む 0 コメント

広告サポーター

«一つ前のページへ戻る