オトトカラダキャンペーン

2017年

10月

26日

“音楽による認知症ケア”「パーソナルソング」全国上映会スケジュール

現在の「パーソナルソング」全国上映会のスケジュールです。詳しくは各担当者までご連絡ください。

続きを読む

2017年

8月

18日

認知症ケアのためのiPodを求めています!

Chloe Media / CC BY 2.0
Chloe Media / CC BY 2.0

エコロジーオンラインがcampfireで実施していたクラウドファンディング『音楽で認知症をケアする活動を始めたい!「パーソナルソング」の全国上映を開始』が無事終了いたしました。

多くの方にご支援をいただき、目標を上まわる支援が集まりました。

これもエコロジーオンラインを支援していただける皆さまのおかげだと感謝しています。

 

続きを読む

2017年

11月

02日

思い出の曲で認知症ケア 記憶取り戻し表情豊かに(下野新聞に「オトトカラダ」の活動が掲載されました)

エコロジーオンラインが取り組む「オトトカラダ」の事業が11月2日の下野新聞に紹介されました。

この事業は医療法人聖生会や、地域医療ジャーナルなど、多くの人のサポートによって成り立つものです。

この取り組みを広げるためにアメリカでの活動を紹介した「パーソナルソング」全国上映会を推進し、iPodや活動のための資金援助を求めています。

今後とも音楽で社会を豊かにする活動にご支援をよろしくお願いいたします。

続きを読む

ニュース

2017年

11月

14日

多面的な森の役割を紹介するビデオ「聴いてみて、森林の声」ができました!

続きを読む

2017年

11月

12日

音楽で気候変動を伝えたい! サンフランシスコ発 The ClimateMusic Project

The ClimateMusic Projectの活動をつたえるウェブサイト
The ClimateMusic Projectの活動をつたえるウェブサイト

エコロジーオンラインが地球温暖化の情報の発信に関わって17年になる。この問題を自分の事ととしてとらえてもらう人を増やすため、音楽やキャラクターと協働して、数多くの取り組みを手がけてきた。 

坂本龍一さんたちと自然エネルギーを普及することを目的にartists' powerを立ち上げ、地球温暖化防止を訴えるために環境省とRe-Styleライブという音楽ライブも実施した。アル・ゴア元米副大統領が世界に呼びかけたLive Earthでは日本側のコンサートの環境対策も担った。

続きを読む

2017年

11月

10日

【会費・寄付を募集中】マダガスカル訪問、女子美との協働、「のん」の突撃ライブ.... エコロジーオンラインの2017年を振りかえって。

「創作あーちすと」のんと協働する女子美術大学&エコロジーオンラインの若手スタッフ
「創作あーちすと」のんと協働する女子美術大学&エコロジーオンラインの若手スタッフ

日頃から、エコロジーオンラインの活動にご協力いただき、誠にありがとうございます。今年も残すところあとわずかとなりました。みなさまからのご支援のおかげで、今年も下記のような多岐にわたる活動を実施することができました。来年もさらに活動を進めていきますので、2017年度のNPO法人エコロジーオンラインの会費・賛助会費・寄付金のお振り込みのお願いをいたします。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

続きを読む

EOLコラム

2017年

11月

01日

小さな奇跡の見つけ方 EV+蓄電池の普及で文明が変わる!?

テスラのEVを中心に世界が大きく変わり始めた! Chris Baird / CC BY 2.0
テスラのEVを中心に世界が大きく変わり始めた! Chris Baird / CC BY 2.0

アメリカにトランプ政権が誕生してから、地球温暖化防止の取り組みはスローダウンしたかのように見えます。でも最近、地球温暖化防止に向けた新たな試みが世界のあちこちから伝えられるようになってきました。

本気で持続可能な社会づくりに動き始めた世界の動きは逆に加速しています。

 

続きを読む

2017年

9月

27日

小さな奇跡の見つけ方 エコロジーオンラインが考える「自立」と「依存」

この夏、エコロジーオンラインで「オトトカラダ」という事業を始めました。この連載でも何度かお伝えしましたが、音楽を活用して、ご高齢の方々をケアしようという取り組みです。

そのなかで中心となる事業がMusic & Memoryです。アメリカから始まった認知症ケアの取り組みで、エコロジーオンラインを中心に日本でのパイロットプログラムをスタートすることになりました。栃木県の医療法人に協力をお願いし、9月末から老人介護施設に入所した認知症の患者さんに好きだった音楽を聴いてもらいます。現在、そのための準備が急ピッチで進んでいます。

続きを読む

2017年

8月

30日

小さな奇跡の見つけ方 音楽と認知症をつなぐ旅が始まります。

エコロジーオンラインでは現在、音楽による認知症ケアの取り組みを紹介する「パーソナルソング」の全国上映を呼びかけています。

この映画で描かれるのは携帯型音楽プレイヤーを使って認知症になった方々に音楽を聴かせてあげる取り組み。アメリカの団体Music & Memoryの活動を追ったドキュメンタリーです。

続きを読む

カルチャー 

2017年

10月

26日

#09 エコロジーソングス <Black Sabbath / Into The Void>

Black Sabbath / Master of Reality (1971)
Black Sabbath / Master of Reality (1971)

悪魔崇拝という言葉は彼らのためにあるのではというほど、メタルの創始者「ブラックサバス」には悪魔のイメージがつきまとっている。

しかし彼らの本質はジャズを下敷きにしたブルースロックであり、また歌詞も悪魔から逃げまどい神に助けを求める(黒い安息日)など、当時のイギリスのホラー映画ブームに則ったまでで、本当に悪魔を信仰しているわけではない。

続きを読む

2017年

8月

26日

#07 エコロジーソングス <西岡たかし / 砂漠>

西岡たかし / 砂漠 (1969)
西岡たかし / 砂漠 (1969)

はっぴいえんどと並び立つ偉大なグループ五つの赤い風船のリーダー西岡たかしの放ったURC第2弾シングル。

「遠い世界に」に代表される比較的前向きな作品を主に発表していた五つの赤い風船の活動の合間に西岡はポツポツと録音を残している。

それは、思いがけなく時代の申し子と化してしまった赤い風船の活動での鬱憤を晴らすかのように暗く、前衛的な作品群であった。

続きを読む

パブリックプレスセンター

2017年

9月

08日

ドイツのエネルギー事業に学び“日本版シュタットベルケ”を設立  事業体の設立などを支援、地域活性化の貢献目指す

一般社団法人 日本シュタットベルケネットワーク(所在地:東京都新宿区、代表理事:ラウパッハ・スミヤ ヨーク(立命館大学経営学部国際経営学科 教授))は、ドイツの電力小売り事業や再生可能エネルギー発電事業の担い手であるシュタットベルケの特徴を取り入れ、2017年8月18日に設立いたしました。

続きを読む

«一つ前のページへ戻る