ニュース

2018年

7月

04日

Forest Good 2018 間伐・間伐材利用コンクールの公募を開始いたしました!

Forest Good 2017 間伐・間伐材利用コンクール表彰式の様子
Forest Good 2017 間伐・間伐材利用コンクール表彰式の様子

「間伐・間伐材利用で日本の森を元気に」
 あなたの取組の魅力を、発信します!

 エコロジーオンラインが事務局を務める間伐・間伐材利用推進ネットワークでは6月29日より、間伐・間伐材利用コンクールの募集を開始しました。

本年度は、林野庁長官賞、間伐・間伐材利用推進ネットワーク会長賞、間伐推進中央協議会会長賞に加え、みどりの女神賞などを予定しております。

間伐や間伐材利用を推進されている多くの皆様のご応募をお待ちしております。

続きを読む

2018年

7月

02日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】 マダガスカルで里山エネルギーを普及する人材育成事業が始まりました!③

里山エネルギースクールを手がけるロバソア小学校の子どもたち
里山エネルギースクールを手がけるロバソア小学校の子どもたち

今回のマダガスカル訪問の大きな目的は、森を破壊しないエネルギー開発を、現地の皆さんに学んでもらうネットワークづくりです。

実際にエネルギー開発を手がけてくれる人たちを育て、小さな雇用までつくりたいというのが最初の目標ですが、それとともに子どもの頃から自然や森の大切さを教えることを里山エネルギースクールで手がけます。

続きを読む

2018年

6月

26日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】 マダガスカルで里山エネルギーを普及する人材育成事業が始まりました!②

マダガスカルでBIO PAPAと呼ばれるバジルさん
マダガスカルでBIO PAPAと呼ばれるバジルさん

羽田からおよそ30時間。

マダガスカルの首都アンタナナリボに着いたのが6月16日の深夜。17日夜にアンチラベに入り、翌日、アンチラベにある2校の農業関連専門学校を訪問しました。

19日は捨てられたモミガラ、オガクズをリサイクルしてつくるエコ燃料の製造で連携するバジルさんをソアヴィナンディアに訪ねます。車窓には日本の原風景に近い光景が広がっていました。

続きを読む

SDGsトーク

2018年

5月

14日

健康に生きるには、まず土づくりから! “聖ちゃん先生”大いに語る 

文明の発達によって地球環境が破壊されている現代。崩れた自然のバランスを修復しようとしているのが今の状況だともいえるが、「体内環境も同じ」と語るのが、横浜市内で在宅療養している高齢者の訪問診療を行っているみずほクリニック港北の星名聖剛院長。人間の健康には腸内環境が重要と言われるが、その腸内環境は200種類100兆以上ものたくさんの微生物(腸内フローラ)によってつくられている。同じように、たくさんの微生物がいるのが土の中だ。土壌1グラム中に数億以上も微生物が存在する。星名院長はこの腸内環境と土壌との共通点に着目する。「病気を治すにはまずは食から。では良い食物を取り入れるには、と考えると、野菜が育つ土づくりが重要」と語り、医療の立場から農や食の改善を訴える。

続きを読む

コンテンツフォーケア

エコロジーオンラインではコンテンツフォーケアのプロジェクトとしてオトトカラダキャンペーンを実施中です。

2018年

5月

21日

女子美術大学との協働が3年目に突入! 今年はどんなキャラクターが誕生するのか。楽しみにお待ちください♪

5月17日、今年で3回目を迎えるエコロジーオンラインと女子美術大学との社会にやさしいキャラクターワークショップが始まりました。

チャウス自然体験学校、林野庁のレクリエーションの森、長野県飯山の里山体験、そしてグループ企業であるライツフォーグリーン「コンテンツフォーケア」のイメージキャラクターを生徒さんたちに製作していただくため、クライアント4団体から、それぞれプレゼンがありました。

 

続きを読む

2018年

5月

12日

懐かし歌謡カフェ♪ミューズのスタッフが認知症サポーター養成講座を受講

5月11日、佐野市役所、佐野市社会福祉協議会の協力のもと、認知症サポーター養成講座が就労支援センター風の丘で開かれました。

講座に参加したのはエコロジーオンライン、ライツフォーグリーン、風の丘スタッフ、利用者の皆さんで構成される懐かし歌謡カフェ♪ミューズの関係者です。

続きを読む

Green Power Caravan

2018年

2月

19日

平成29年度「新エネ大賞」表彰式に参加してきました!

2018年2月14日、東京ビックサイト会議棟703会議室で、平成29年度「新エネ大賞」表彰式が開催されました。

新エネ大賞は、一般財団法人新エネルギー財団が、新エネルギーの一層の導入促進と普及および啓発を図るため、新エネルギーに係る商品および新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、そのうち優れたものを表彰するものです。1996年にスタートした同大賞は今回で21回目。これまでに204件の優れた案件が表彰され、先導的な事例として新エネルギー等の普及促進に大きな役割を果たしています。

続きを読む

2018年

1月

25日

平成29年度新エネ大賞「新エネルギー財団会長賞 (普及啓発活動部門)」を受賞しました!

 特定非営利活動法人エコロジーオンライン(栃木県佐野市、理事長:上岡裕)は、一般財団法人新エネルギー財団が主催する平成29年度新エネ大賞において、「新エネルギー財団会長賞(普及啓発活動部門)」を受賞しました。

 エコロジーオンラインは、2000年の発足以来、すべての人のライフスタイルに起因する地球温暖化問題と、その対策となる再生可能エネルギーについて、音楽やキャラクターなどのコミュニケーションツールを通じて、わかりやすく伝える活動を行ってきました。

続きを読む

コラム

2018年

5月

13日

「ほたるの川のまもり人」が伝える愛おしき未来

2ヶ月に一度、坂本龍一さんがホストを務めるRADIO SAKAMOTOという番組でエコレポートを担当している。

普段のオンエアでは、エコロジーオンラインという、何でもありの活動をしているNPO法人の近況報告をさせてもらうのだが、5月6日の回についてはパタゴニア日本支社長の辻井隆行さんとお話をして欲しいとスタッフからお願いがあった。

続きを読む

2018年

3月

02日

小さな奇跡の見つけ方 「エコ+ケア」な未来をつくろう!

栃木でMusic & Memoryトライアル事業を手がける仲間たち
栃木でMusic & Memoryトライアル事業を手がける仲間たち

昨年からエコロジーオンラインが手がけてきた「コンテンツフォーケア」が新しい展開を見せ始めました。全国に上映を呼びかけた「パーソナルソング」をきっかけに各地に新しい花が咲き始めたのです。

この映画は認知症を発症した高齢者が音楽とともに生きて行く姿を描いたもの。エコロジーオンラインでは介護施設に入居しても自分の愛した音楽に出会える感動を守りたいと全国上映を呼びかけました。

続きを読む

カルチャー

2017年

10月

26日

#09 エコロジーソングス <Black Sabbath / Into The Void>

Black Sabbath / Master of Reality (1971)
Black Sabbath / Master of Reality (1971)

悪魔崇拝という言葉は彼らのためにあるのではというほど、メタルの創始者「ブラックサバス」には悪魔のイメージがつきまとっている。

しかし彼らの本質はジャズを下敷きにしたブルースロックであり、また歌詞も悪魔から逃げまどい神に助けを求める(黒い安息日)など、当時のイギリスのホラー映画ブームに則ったまでで、本当に悪魔を信仰しているわけではない。

続きを読む

2017年

8月

26日

#07 エコロジーソングス <西岡たかし / 砂漠>

西岡たかし / 砂漠 (1969)
西岡たかし / 砂漠 (1969)

はっぴいえんどと並び立つ偉大なグループ五つの赤い風船のリーダー西岡たかしの放ったURC第2弾シングル。

「遠い世界に」に代表される比較的前向きな作品を主に発表していた五つの赤い風船の活動の合間に西岡はポツポツと録音を残している。

それは、思いがけなく時代の申し子と化してしまった赤い風船の活動での鬱憤を晴らすかのように暗く、前衛的な作品群であった。

続きを読む

«一つ前のページへ戻る