環境破壊が生む感染症パンデミック

2020年

3月

25日

【新型コロナウイルス】地球環境破壊が生み出す人獣共通感染症の恐怖

COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0
COVID-19の宿主候補として名前があがるキクガシラコウモリ Marie Jullion / CC BY-SA 3.0

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。

世界のあちこちで「戦後最大の危機」が叫ばれ、ニューヨーク、ロンドン、パリなど、世界の主要都市が封鎖される状態に陥った。東京オリンピックに対しても参加国やアスリートたちからの不安の声が高まり、「1年以内に延期」というかつてない状態に追い込まれた。

新型コロナが発生して以降、これまでに175の国・地域で計40万4020人余りの感染者が見つかり、1万8259人の方が亡くなっている。(2020年3月25日現在)。

続きを読む

2021年

1月

22日

人と動物と生態系の健康を考える「ワンヘルス」の環を広げよう!

エコロジーオンラインはWWFが提唱する「ワンヘルス」の考えに共感し、新型コロナ感染症がまん延する背景にある、人と、動物と、生態系の不健康な関係を改善するアクションを応援します。現在、賛同者を幅広く募っています。

新たなる感染症を防ぐためにも「あなたの声」が必要です!

https://www.wwf.or.jp/campaign/onehealth/

<参考記事>
【新型コロナウイルス】地球環境破壊が生み出す人獣共通感染症の恐怖

続きを読む

2020年

8月

14日

【共同通信寄稿】自然破壊の先に感染危機 コロナ後は緑の復興を

エコロジーオンライン上岡理事長が共同通信に寄稿した「自然破壊の先に感染危機 コロナ後は緑の復興を」という記事が、全国の地方紙7紙(下野新聞、神奈川新聞、信濃毎日新聞、長崎新聞、四国新聞、南日本新聞、愛媛新聞)に掲載されました。

続きを読む

エコニュースまとめ

2021年

1月

26日

貝塚のつげ櫛、米仏首脳、米 パリ協定復帰・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/1/26)

「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。  日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、  2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。  減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。  環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。
「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。 日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、 2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。 減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。 環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。

大阪府貝塚市は櫛(くし)の最高級品「つげ櫛」の代表的な産地。全国の生産に占めるシェアは7割に達する。その歴史は古く、6世紀後半に浜に漂着した渡来人が製法を授けたと伝わる。江戸中期には「和泉櫛」の名で全国に流通した。

静電気が起きにくく、ツバキ油をつけて使うと、艶やかで美しい髪になる。力士や舞妓(まいこ)らに親しまれ、近年は若い女性の愛用者も。大事に使えば親から子、孫へと受け継ぐことも可能だという。

 

 

フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領と米国のジョー・バイデン(Joe Biden)新大統領は24日、電話会談を行い、気候変動や新型コロナウイルス対策に対する考えで一致した。仏大統領府が同日、明らかにした。

仏大統領府によれば、両氏は「特にイランの核問題をはじめとした、中近東地域での和平に向けて協力していく意向」についても話し合った。米仏首脳の電話会談は、バイデン氏の大統領就任後初めて。

マクロン氏側によれば、両氏は約1時間にわたって英語で話したという。

   

 

日のニュースは以下です。

続きを読む 0 コメント

2021年

1月

20日

「マダガスカル支援グッズ第2弾 ベローシファカ❗️」

大好評のワオキツネザルに続き、ベローシファカがたくさんの可愛いグッズになりました♪

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止やマダガスカル支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

1月

06日

COOL CHOICE 30 SANOのリーフレットができました。

エコロジーオンラインの地元 佐野市での地球温暖化防止の取り組み「COOL CHOICE 30 SANO」を紹介するリーフレットができました。

今回は「住まいのエコアクション」と題して、おうちでできる簡単な省エネの取り組みをわかりやすくご紹介しています。

 

続きを読む

2021年

1月

06日

自転車用発電機 チャージマンの使い方をYouTubeにアップしました。

里山エネルギーショップで販売が始まった「自転車用発電機チャージマン」の紹介ビデオをつくりました。

環境教育用に、災害用に、是非、ご活用ください。

里山エネルギーショップ

続きを読む

音楽で社会課題を考える!SDGsミュージック

2020年

2月

17日

マダガスカルの植林活動への寄付で「マダガスカル みらい」のCDを一枚進呈!

昨年夏、マダガスカルで森づくり活動を支援するために、クラウドファンディングを通して「マダガスカル みらい ~森の歌をみんなで歌って踊ろう!~」という楽曲を制作しました。

このたび、ダレシアのみなさんの協力で立派なCDが仕上がってきました。

【SDGsミュージック】マダガスカルの緑をとりもどそう! 普及啓発用のCDが完成しました。

続きを読む

2019年

12月

11日

音楽は自然とともに 白井貴子

白井貴子さんと言えばファンが総立ちする「ロックの女王」としてのライブシーンが目に浮かぶ。

現在もライブで全国を精力的に回っている白井さんだが、長年にわたって環境活動にも取り組んでいる。

近年は、『帰ってきたヨッパライ』『あの素晴しい愛をもう一度』などフォーククルセダーズの北山修氏(作詞家・精神科医)とタッグを組んだり、手仕事の大切さを伝える展覧会の開催など活動は多岐にわたる。

最近の環境に関わる取り組み、南伊豆で開催された「PEACE MAN CAMP」の様子から話を伺った。 

続きを読む 0 コメント

関連記事

COOL CHOICE 30 SANO

佐野市出身のお笑いコンビワンクッションが市内のクルチョイを紹介!

COOL CHOICE 30 SANO 2020


COOL CHOICE 30 SANO 2019


チーム・マダガスカル

2021年

1月

20日

「マダガスカル支援グッズ第2弾 ベローシファカ❗️」

大好評のワオキツネザルに続き、ベローシファカがたくさんの可愛いグッズになりました♪

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止やマダガスカル支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

1月

10日

【新団体設立のお知らせ!応援をお願いいたします!】

続きを読む

2020年

9月

11日

エコロジーオンライン創立20周年記念Tシャツができました。

2020年、エコロジーオンラインは創立20周年を迎えました。

その記念事業の一環でマダガスカルの固有種ワオキツネザルをモチーフにしたTシャツをつくりました。

キツネザルは現在、焼き畑などによる森林破壊や貧困にあえぐ人たちに、食用としてあるいは販売用ペットとして違法に捕獲され、その9割の種が絶滅を危惧されています。新型コロナによってマダガスカルの貧困度合いが増し、その存在が益々危ぶまれています。

続きを読む

コンテンツフォーケア

エコロジーオンラインではコンテンツフォーケアのプロジェクトとしてオトトカラダキャンペーンを実施中です。

2020年

9月

22日

上岡理事長が九工大のウェビナーに講師として参加します。

9月30日、九工大(地域イノベ・エコ形成)主催の無料ウェビナー「認知症にテクノロジーが想い出とできること」が実施されます。

講師の一人としてエコロジーオンライン理事長の上岡裕が参加。

音楽業界と連携して実施して来たコンテンツフォーケアの取り組みについてお話します。

ご興味がある方は是非ご参加ください。

続きを読む

2020年

1月

28日

3.10 東京電機大にて自動運転をテーマにしたシンポジウムを実施します。

3/10 東京電機大学東京千住キャンパス丹羽ホールにて「クルマと社会変化の歴史 ~自動運転にパッションはあるのか~」と題するシンポジウムが実施されます。

エコロジーオンラインも実行委員会に参加し、来たるべき自動運転社会をより輝かせるためのビジョンを各分野のイノベーターの方たちが語りあいます。

高齢ドライバー問題の第一人者 山梨大学大学院教授の伊藤安海氏、Mr.ルマン レーシングドライバーの寺田陽次郎氏、ジャーナリスト 戦略イノベーション・アドバイザーの川端由美氏が講演に参加します。

参加申し込みはこちらのページからどうぞ!

 

続きを読む

広告サポーター

«一つ前のページへ戻る