【特別賞】「セブンの森」の間伐材を活用した環境配慮型商品の開発 / セブン&アイ・ホールディングス

製品の開発・調達の目的及び背景

健全な森林づくりの推進と木質材の活用を促進する「セブンの森プロジェクト」を長野県坂城町で実施。森林所有者と協定を結び、地域森林組合と協働で森林整備活動を実施、また間伐材を自社開発商品である「セブンプレミアム」容器の一部に活用。環境配慮型商品の開発、消費者への環境啓発を目的としている。


製品・調達の特徴

自社開発商品である「セブンプレミアム」の紙製容器包装について、製紙メーカー、およびパッケージメーカーと協働し、自社で保全活動を行っている「セブンの森」の材を用紙の原材料の一部として供給。※当社は小売業で初めて全国森林組合連合会の「間伐材マーク」の使用認定を受けました。



セブン&アイHLDGS.)製品づくり・利用部門応募(.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 229.8 KB

«一つ前のページへ戻る