2016年

10月

11日

間伐・間伐材利用コンクール2016受賞者発表のお知らせ

「Forest Good 2016 -間伐・間伐材利用コンクール-」にご応募いただき、誠に有り難うございました。

全国から届いた多数のご応募のなかから「間伐・間伐材利用コンクール審査委員会」にて厳正なる審査を行った結果、下記の皆様の取り組みが入賞に選ばれました。ここにお知らせ致しますとともに、心からお慶び申し上げます。

<製品づくり・利用部門>

林 野 庁 長 官 賞         中林建設株式会社
                               /全天候フォレストベンチ工法

間伐ネット会長賞          特定非営利活動法人つくしん棒
                                /YUMEITA(夢を意識する学習机の天板)

間伐推進中央協議会会長賞     ヤブクグリ
                                        /日田きこりめし(杉わっぱのお弁当容器)

審査委員長奨励賞        「知恵の木」建築研究所(高橋信吉建築研究所)
              / 製材品の(ユニット化) 建材「知恵の木」の開発

特   別   賞             有限会社ナベ企画ウッドバンクハウス事業部 
                                / クロスポールフェンス

                  スモリ工業株式会社
                                / 従来の廃材部位を利用した高付加価値製品(内装仕上材)

<間伐実践・環境教育部門>
林 野 庁 長 官 賞    とよた森林学校(豊田市産業部森林課)    

               / とよた森林学校(豊田市の森づくりに関する教育・啓発事業)

間伐ネット会長賞        ぼくらと森のかけはしプロジェクト(株式会社鷲見製材) 

                                / ぼくらと森のかけはしプロジェクト

間伐推進中央協議会会長賞      額田木の駅プロジェクト実行委員会
               / 森と地域を元気に!額田木の駅プロジェクト

審査委員長奨励賞         多賀木匠塾 
                                / 多賀木匠塾(地元大学生との間伐体験・間伐材利用制作活動活動

特     別      賞        特定非営利活動法人四季の会
                                /自立型NPO運営のための利用間伐

                      カルスト森林組合
                                      / 国定公園及び周辺地域の「林業経営可能な里山再生」事業
*記載の団体名および取組名は応募用紙に基づき記載しております。

 

平成28年10月21日(金)14時20分から表彰式・交流会が行われますので、間伐・間伐材の推進にご興味がある皆様はご出席賜りますようお願い申し上げます。
交流会への参加につきましては、10月14日(金)の正午にて締め切りとさせていただきます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    高橋信吉 (火曜日, 11 10月 2016 14:15)

    古来から木組みの技法である「継手」・「仕口」の技術に加え、製材品(ユニット化)建材「知恵の木」(角材同士が互いに引き寄せあって連結構成する)「矧手」の技法が、新市場の創造に、さらに、製材品不況脱出に貢献できること願望し開発した。

  • #2

    高橋信吉建築研究所 (火曜日, 01 11月 2016 23:52)

    低質な原木から「ユニット化」した建材を製造して容易な組み上げを可能とし、角材同士、木製の鎹や楔で(パネル化、ブロック化、立体化)の(ユニット化)建材「知恵の木」が地産地消を進めながら地域経済を活性化させる。

«一つ前のページへ戻る