【間伐推進中央協議会会長賞】「ニッセイの森」での森林づくり / 公益財団法人ニッセイ緑の財団

活動を始めた動機・きっかけ

財団設立時より、”ニッセイの森“(国有林・民有林)での森林づくり(ボランティアによる施業含)を継続しており、H23年度に初の間伐施業を実施。以降順次間伐を進め、H26年度より間伐への理解を促進するべく間伐材の活用を開始することとなった。

活動内容・特徴

全国の”ニッセイの森“で毎年間伐施業・ボランティアを継続。間伐材を使用したコースターを製作し、ボランティア参加者等の関係者に無償配布することで間伐への理解促進を図った。間伐材を利用するクラフトワークショップをアースガーデン(東京都)に出店、日本生命ライフプラザにて開催。第9回キッズデザイン賞上位賞を受賞した「森林教室」の中でも、間伐材のクラフト等を実施している。

公ニッセイ緑の財団 実践・教育.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 620.6 KB

«一つ前のページへ戻る