気候変動の被害者たち② オーストラリア農家をむしばむ季節性情動障害!?

※写真はイメージです。 CC BY-ND 2.0 by Hartwig HKD
※写真はイメージです。 CC BY-ND 2.0 by Hartwig HKD

地球温暖化が起きると農業に大きな影響が出ることは誰でもわかる。

北の寒い地域で育つ作物が異常な高温に襲われたら収穫が落ちるし、南の暑い地域ではこれまでその地域に生息しなかった病害虫がやってくるかもしれない。これまで経験しなかった大雨や日照りも農作物の出来を左右する。

いや、それだけじゃない。気候変動は農業を営む人たちの精神を著しくむしばんでいる。オーストラリア南西部にあるマードック大学の研究者たちが発表した。

そんな研究を発表したのはマードック大学の責任ある市民と持続可能性センターのネビス・エリスさん。彼らは小麦の産地であるニューデゲイト町に住む22人の農家にインタビューをした。気候変動の影響をすでに大きく受けている地域で、1970年代にくらべて降雨量が20%も減り、平均気温が1950代から1度上昇している。熱波、霜、干ばつなどをより頻繁に体験するようになった地域だ。

インタビューした農家たちは5~6の違った天気予報のウェブサイトを確認していると言い、なかには一日に30回もチェックする農家もいた。アフリカの嵐がオースラリアに来るかどうかを一喜一憂し、それに疲れるとカーテンを閉め、家に閉じこもる農家もいたという。こうした症状は季節性情動障害といううつ病の一つに近い。

気候変動はこうして人の心もむしばみ始めた。アメリカなどでは農業分野で地球温暖化に適応を図っていく地域センターもでき始めたという。大きな被害が出る前に日本国内でも対応を願いたい。

<参照リンク>
Mental health of Wheatbelt farmers suffering due to climate change
Climate Change Is Taking A Toll On Farmers’ Mental Health

翻訳・文 / EOL編集部

www.eco-online.org Blog Feed

市民の正常性バイアスをどう打ち破るか 気候被害対策市民会議2018が終了 (火, 09 10月 2018)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(18) 地球温暖化でアオウミガメの赤ちゃんの99%がメスに! (Tue, 09 Jan 2018)
>> 続きを読む

エコロジーオンラインもノミネート! 「低炭素杯2018」のファイナリストが大集合! (Wed, 06 Dec 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (Mon, 20 Nov 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (Tue, 24 Oct 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (Wed, 11 Oct 2017)
>> 続きを読む

気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!? (Thu, 05 Oct 2017)
>> 続きを読む

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (Tue, 01 Aug 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (Thu, 13 Jul 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (Thu, 11 May 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る