北極の大地の霜が温室効果ガス排出量に影響を与える!?

北極の変化がホッキョクグマの生育に大きな影響を与えている。
北極の変化がホッキョクグマの生育に大きな影響を与えている。

スウェーデン・ウメオ大学の博士課程の学生マリーナ・ベッチャーによる研究で、北極の土壌からの温室効果ガス(二酸化炭素)の排出に、土中で生まれる霜の頻度と量が関わっていることがわかってきた。

北極の土壌は大量の有機物を含む。本来、数千年かけてゆっくりと分解されるはずの有機物が、温かい気候で分解されやすくなり、二酸化炭素として放出される。それが大気中の温室効果ガスの増加に大きな影響を与える。

だが、これまで二酸化炭素排出量予測は土中の霜の影響について考慮することはなかった。

生態学と環境化学を専攻するマリーナ・ベッチャーは自身の論文で、北極の土壌からの温室効果ガス排出に温度だけが影響を与えるわけではないことを明らかにした。二酸化炭素の排出は土中で生成される霜の変化によって影響されることがわかってきたのだ。

ベッチャーは「スウェーデン北部にあるアビスコの山岳地帯の様々な場所、合計15か所で1年間の二酸化炭素の流れを測定しました。すべての場所でその土地固有の植物が取り込むよりも多くの二酸化炭素が排出されていることがわかったのです」と語る。

彼女によれば土中の霜は植物種の構成と光合成によって二酸化炭素を吸収することの両方に影響を与えるという。ひどい霜にやられた場合、植物が光合成する前に植物の根が破壊されてしまう。この霜による影響が土壌の有機物の分解の速度に深く関係する。もし、この霜の成長が古い植物の残骸を表土近くに移動させれば、二酸化炭素の排出を増加させることになるというのだ。

<参照リンク> 
Study Describes How Soil Frost in The Arctic Affects Greenhouse Gas Emissions

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (火, 01 8月 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (月, 06 3月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る