2016年

1月

22日

北極の大地の霜が温室効果ガス排出量に影響を与える!?

北極の変化がホッキョクグマの生育に大きな影響を与えている。
北極の変化がホッキョクグマの生育に大きな影響を与えている。

スウェーデン・ウメオ大学の博士課程の学生マリーナ・ベッチャーによる研究で、北極の土壌からの温室効果ガス(二酸化炭素)の排出に、土中で生まれる霜の頻度と量が関わっていることがわかってきた。

北極の土壌は大量の有機物を含む。本来、数千年かけてゆっくりと分解されるはずの有機物が、温かい気候で分解されやすくなり、二酸化炭素として放出される。それが大気中の温室効果ガスの増加に大きな影響を与える。

だが、これまで二酸化炭素排出量予測は土中の霜の影響について考慮することはなかった。

生態学と環境化学を専攻するマリーナ・ベッチャーは自身の論文で、北極の土壌からの温室効果ガス排出に温度だけが影響を与えるわけではないことを明らかにした。二酸化炭素の排出は土中で生成される霜の変化によって影響されることがわかってきたのだ。

ベッチャーは「スウェーデン北部にあるアビスコの山岳地帯の様々な場所、合計15か所で1年間の二酸化炭素の流れを測定しました。すべての場所でその土地固有の植物が取り込むよりも多くの二酸化炭素が排出されていることがわかったのです」と語る。

彼女によれば土中の霜は植物種の構成と光合成によって二酸化炭素を吸収することの両方に影響を与えるという。ひどい霜にやられた場合、植物が光合成する前に植物の根が破壊されてしまう。この霜による影響が土壌の有機物の分解の速度に深く関係する。もし、この霜の成長が古い植物の残骸を表土近くに移動させれば、二酸化炭素の排出を増加させることになるというのだ。

<参照リンク> 
Study Describes How Soil Frost in The Arctic Affects Greenhouse Gas Emissions

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

東京都を超える面積が山火事で消失 チリが史上最高気温を記録! (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 2017年は温暖化防止ビジネスが活性化!? (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

<速報>世界の平均気温が3年連続で史上最高を記録! NOAAが発表 (木, 19 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動はかつてない脅威を世界にもたらす! 世界の軍事関係者が警告 (火, 06 12月 2016)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 トランプ政権の誕生と地球の未来 (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

石炭火力発電所をやめたらマグロの水銀汚染が19%も改善! (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る