2016年

3月

03日

<アースタロット>自分をゆるそう!

地球環境のために人間がやるべきことは?

CC BY-NC-ND 2.0 by Flood G.
CC BY-NC-ND 2.0 by Flood G.

せっかくエコロジーオンラインでの連載なので、今回は、エコロジー活動について聞いてみようと思います。

 

前回までで探ってきた地球の願いとは別に、もうちょっと何か、地球環境を良くするために人間がやるべきことはないのか?ということを、今度は、宇宙なのか神様なのかわかりませんが、とにかくこの宇宙全体を総括している存在に聞いてみました。

 

答えは、「ない」そうです! ガーン!

地球のためにできることを考えるよりも、「自分自身がどう在るか?」 ということをやるほうが重要なのだそう。

そこをナシにして地球のために何かをしようとしても、モチベーションが続かなかったり、どうでも良いことに捕われてしまったりして、結果、ほとんど意味がないことになっていってしまうようです。

地球どころか、人間のためにもならないらしい。

エコロジー活動をする場合なども、地球のため、というよりはそれを名目にして自己の理想を追求するためにやるのが良いそうです。

実際「エコロジーオンライン」のように、エコロジー活動を長く続けているみなさまは、自ずとこのようにやっておられるのだと思います。

CC BY 2.0 by woodleywonderworks
CC BY 2.0 by woodleywonderworks

怒りやネガティブな感情を持つ必要はない

そして、宇宙が提案してくる人間の正しい在り方は、ひとことで表現するならば、自分軸をしっかり立てる、ということだそうです。

そのままの、今の自分の状態に完全に自信を持つこと。

飛び交っている世間の処世術などには耳をかさず、惑わされず、あくまでもどこまでも自分のペースで、自分を大切にすること。

根拠がなくてもむやみに自分を大好きになることが大切。

 

世間がどうであれ、勝手に楽しく存在することができさえすれば、それだけで地球に優しい存在ということになるのだそうです。

 

ポイントとしては、外部に対して、嫌だな、とか、キライ、とか、ちきしょー馬鹿にしやがって!などの怒りやダークな感情をなくすことが必須条件。

このようなものは全て、自信の欠落から生まれる感情だからなのだそうです。

 

とにかく今の自分がどんなだろうとも、そのまま丸ごとオッケー!

始まりはそこから、だそう。

 

人間としては、そんなの無理だし嘘だよね(自分に対して)…と思うかもしれませんが、

宇宙的には「どんなキミであったとしてもそれを完全に好きになることが完全に正しい!!」

とのことですので、ムリやりにでも、コロッと自分をオッケーにしてあげてください。

 

もっと厳密に言えば、怒りの感情をなくすのではなく、そもそも怒りやネガティブな感情を持つ必要がない、と宇宙は言います。

宇宙的には、それがあること自体がおかしい、と断言していますので、うす暗い感情は、人間が作り出したものなのだと思います。

人間には、もっとゆったりした時間が必要

ここでちょっと想像してみてください。

もし、我々が、丸ごとぜんぶ今の自分を許すことができたら…?

突然自分を条件なしで大好きになれたら…?

どんなふうになっていくでしょう??

 

まず、所有するものが少なくなるような気がします。

自分の欠落・欠陥や失望感を埋めるためのものが一切必要なくなるからです。

 

罪悪感から取っておいてあるものもなくなって、見栄をはるためのものもなくなって、目に映る景色がシンプルになっていったら…?

好きでもないけど、今まで引っかかってしまっていた逃避の時間が減っていくかもしれません。

本当にしたいことだけがはっきりと見えるようになっていって、心から好きな大事なものだけが手元にあって、私たちはきっとその価値を再確認して喜びと感謝の気持ちを感じながら大切に使うでしょう。

 

感覚が研ぎ澄まされていくうちに今まで意味を感じていなかったものにも突然目が向くようになり、お風呂に入るたびに水の気持ちよさや、そこらに咲いているお花の摩訶不思議な美しさにうっとりする時間を持つでしょう。

 

今まで身近にあったのに、どうして気がつかなかったのかと思いながら、お花の神秘を探りたくすらなってしまうかもしれません。

 

友達や家族に、義務ではなく本当にワクワクして心のこもったプレゼントを考えることができるようになるかもしれません。

 

夜は電気を使うことがナンセンスに感じ、ロウソクの明かりつけてを楽しんだりもしそうです。

 

そして、創作魂に火がついてきて資源をリサイクルする方法などを競い合うほどみんなが思いついていくのかもしれません。

 

こんなふうにイメージしてみると、確かに、自分を大好きになって自信を勝手に持つだけで、放っておいても自動的にエコな活動に向かっていきそうです。

きっと、人間には、もっとゆったりした時間が必要。

そしてそのような時間というのは、完全に自分を好きになった時に初めて本当の意味で生まれるということです。

 

 

前回のアースタロットでは、木が、人間も木も同じような生き物であると感じていることを教えてくれました。

その木の感覚が宇宙的に正しいとすれば、宇宙が言うように、人間が地球に優しくするだけではダメで、まずは人間が自分も含めて、いえ、最初は自分を愛するところから勢いよく始めなくてはいけないのだと思います。

そのように、地球にあるものすべてを丸ごと真の意味で優しく取り扱うことが究極のエコロジー、と、おそらく宇宙は言いたいのでしょう。

木は、あんなにむっつりとして無口だけれど、きっとそのことを知っている賢い奴なのだと思います。

 

R(あーる)

…人間のエネルギーを Tarot カードに降ろして、魂からの原始的な情報を伝える仕事をしています。渋谷Angel Stone(現在は休み中)、多摩センター、電話、Skype、クラブイベントなどにて。電話&Skypeセッションは、毎日当日予約のみ受け付け中。大好評血液型別タロットリーディングもblogにて月1更新していますのでよかったらチェックしてみてくださいね⇨ 【Primitive Code】

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    田中清一 (金曜日, 11 3月 2016 07:42)

    ご無沙汰しています。平成27年4月にエナジーアートつながりで鑑定してもらいました。今の職場で、自由にやってきて、今月末で1年です。
    記事読んで、引き続き楽しく過ごせればいいなと思いました。

  • #2

    R (日曜日, 20 3月 2016 01:10)

    田中さん!お久しぶりです!!札幌では大変お世話になりどうもありがとうございました!記事、読んでいただけるなんて、とても読んでいただきうれしいです(*^o^*)

    アースタロットがいうように、我々は、根拠無くてもポジティブでいれば、自分では計画しなくてもきっとおもしろい方に進んでいけるのでしょうね。
    田中さんから伝授していただいた宇宙におまかせレイキも使わせていただいていますよ!

  • #3

    田中 (木曜日, 24 3月 2016 21:48)

    ご無沙汰しています。書き込みありがとうございます。最近は(全部おねがいします。)というエネルギーをインターネットで調べて使ってました。

  • #4

    R (木曜日, 31 3月 2016 04:28)

    田中さん、エナジーアートでのお茶会、懐かしくてよく思い出しています。田中さんはじめ、皆さんにいろんなことを教えていただいてとっても楽しかったです。また札幌に行く機会があったら、エナジーアートに顔出しますね!

  • #5

    田中 (土曜日, 14 5月 2016 15:51)

    コメントありがとうございます。よろしくおねがいします。

  • #6

    Karina Mccay (水曜日, 01 2月 2017 23:41)


    Because the admin of this web site is working, no question very quickly it will be famous, due to its quality contents.

  • #7

    Wilber Ruhland (木曜日, 02 2月 2017 01:02)


    It's nearly impossible to find knowledgeable people about this subject, but you seem like you know what you're talking about! Thanks

  • #8

    Ulysses Calder (木曜日, 02 2月 2017 17:52)


    constantly i used to read smaller posts that also clear their motive, and that is also happening with this piece of writing which I am reading at this time.

  • #9

    Lindsey Napoli (木曜日, 02 2月 2017 18:14)


    I'd like to thank you for the efforts you have put in writing this website. I'm hoping to see the same high-grade blog posts from you in the future as well. In fact, your creative writing abilities has motivated me to get my very own website now ;)

«一つ前のページへ戻る