2016年

4月

27日

<アースタロット>今はただ、自分の役割を果たそう

CC BY-NC-ND 2.0 by alex de carvalho
CC BY-NC-ND 2.0 by alex de carvalho

この度起きた地震により、熊本県をはじめ九州地方で被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。被害に遭われた皆様方の心痛が少しでも軽くなりますよう、一日も早く手当、復旧が行われますようお祈りしています。

このような時に、タロットに地球や宇宙のエネルギーを降ろして聞くなど、顰蹙なことなのではないかと思いました。

しかし、アースタロットというタイトルでこの連載をさせていただいている私としましては、やはりここでは地球のエネルギーを聞くことこそが自分の仕事であり役割だと考え、今回の原稿を書かせていただきました。

 

by kinuno
by kinuno

人間は守られている

日本に住んでいる我々は、普段から大地震を恐れて暮らしています。

特に東北での震災が起こってからは、いつどこでもあり得る事なのだという危機感が増していたと思います。

しかし、今までアースタロットで聞いてきた限りでは、地球は人間にひどいことをしようなんて

これっぽっちも思っていないということでした。

 

ならば、今回の九州での地震について、地球は一体どういうつもりなのか? 

地球のエネルギーを降ろして聞いてみましたが、やはり地球は、大変なことを起こした実感はまるでないようなのです。

 

地球としてはむしろ人間を守っている、というようなことを言ってきます。

確かに地球のエネルギーは、今まで数ヶ月色々なことを聞いてきた時よりは、さらに激しく高血圧な感じで、

「どうしても人間はこれをわかるべき!」

「どうしてわかってくれないの!」

という必死な感じではあります。

そして人間を非難しているようなイラつき感も出しています。

 

その必死さがエスカレートしすぎて、訴えが野蛮な雰囲気になっている感じはありますが、それでもやはり、「人間は守られているから大丈夫」とも心底から思っているようなのです。

 

この点に関しましては、地球ではなく、すべてを総括している宇宙に聞いても、やはり人間は守られている、とさらにそのグレードを強化した雰囲気で教えてくれます。

未来を心配してはいけない

そして、その宇宙は、この災害は人間を不安に陥れてしまう恐ろしいものに見えるけれども、人間の未来のためにも、決して不安に巻かれないようにと言ってきます。

そして、未来を心配してはいけないことを注意してきます。

 

未来を心配するということは、ある未来を設定して、それに対してガードをし、その未来が来ないようにすることが自分でできるのではないか、というような人間の傲慢さを宇宙に表現することになるのだそう。

 

もちろんそれは、災害時の備えをまるでしない、というようなことではなく、恐怖に怯えたエネルギーを持たない、ということのようです。

 

そして、宇宙がすることを完全に信頼していく、つまり無理やりにでも安心しているエネルギーで常にいることが、何かが起こったとしても被害を最少にすることができたり、安全が守られていくようなのです。

 

天候も悪い中、被災地で大変な避難生活を送っている方々は、これからどうなるかが心配でたまらないでしょうし、日本中で見守っている人々も、いてもたってもいられない気持ちでいっぱいですが、

宇宙は、ちゃんと守っているから、と何度も何度も言ってきます。

 

 

宇宙が言うところの「大丈夫」というのは、人間にとって、どういうレベルでのことを言うのかはわかりません。

それでもこんなにも何度も、宇宙が、まるで人間を手のひらの中に入れて、大切に守っているようなエネルギーを伝えてくるところを見ると、少しほっとするところがあります。

素直に気持ちをかけよう!

被害地ではないところに住む方々は、何か自分ができることがないかと、焦る衝動にかられるかもしれないそうです。

 

しかし宇宙が言うには、長い目で全体を見て、そして全体の一部として自分の役割を果たすことが最良、とのことです。

 

災害は、日本中のどこで起こってもおかしくなかったのに、今回、自分は災害に遭わなかった、そのことで無意識に罪悪感を感じてしまうかもしれません。

 

それを消し去りたくて、何かに許してもらいたいような気持ちで、償いたいという欲求が生まれるかもしれないそうです。

 

そして自分が役に立った証明を周りから得ることができれば、許されるのではないか、というようなエネルギーが生まれるかもしれませんが、そのような感情は人間のエゴであり、その結果、なぜか自分を苦しめていくことになってしまうそうです。

 

何にも許してもらう必要はなく

素直に気持ちをかけることを優先してほしいとのことでした。

 

ボランティアや寄付なども、団体や会社の場合はそういうわけにもいかないでしょうけれども、個人の場合は、さりげなく、ただ全体の一部としてすること。

 

そして、宇宙が全体をうまく回すために、車輪の一部としての、自分の役割を果たさなくてはいけないそうです。

 

その役割とは

もちろん目の前のやるべきことをきちんとやることは必須として、宇宙からの提案としては、各自、一番許せない人をゆるすこと。

 

被害に遭わなかった人間がなぜ罪悪感を感じるかといえば、「我々人間は、元々はみんなでひとつだから」という認識があるからなのだと思います。

 

ならば、罪悪感ではなく、それをもっとポジティブなエネルギーで受け止めていったらどうだろうか?という提案です。

 

一番許せないひとを許すのは、私たちが「元々はみんなで一つの存在」ならばこそ、それをすることが必要ということです。

 

つまり、許せない人を許すということは、自分の一部を許すということと同じことになります。

そして、もし私たちすべての人間が、今まで許さなかった誰かを心の中だけででも許すことができれば、みんなのエネルギーが地球の上でどんどん大きくつながっていくことになるのではないでしょうか。

 

罪悪感や怒り、憤りのような重い感情をできるだけ持たないことが重要なのだそうです。

 

 

 

 

ちなみに最後に、地球は何をそんなに人間に訴えたいのか?ということですが

 

もっとワクワクするために生きて欲しいんだ、とのことでした。

 

地球をも管理している宇宙が言うには、地球が「人間にわかってほしい」と強要したいエネルギーは、地球のエゴでしかないが、その訴えたいことの本質、「もっとワクワクして生きるべき」というのは人間にとって実に正しいことである、そうです。

R(あーる)

…人間のエネルギーを Tarot カードに降ろして、魂からの原始的な情報を伝える仕事をしています。渋谷Angel Stone(現在は休み中)、多摩センター、電話、Skype、クラブイベントなどにて。電話&Skypeセッションは、毎日当日予約のみ受け付け中。大好評血液型別タロットリーディングもblogにて月1更新していますのでよかったらチェックしてみてくださいね⇨ 【Primitive Code】

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    T (金曜日, 13 5月 2016 21:37)

    以前、札幌でリーディングしてもらったものです。3月に正看護師をとり、今は職探ししていて今度は自分の役割を考えていました。思いついて書き込みしました。

  • #2

    R (月曜日, 16 5月 2016 04:23)

    Tさん、コメント気づかず、お返事が遅くなり申し訳ありません!!
    正看護師、合格されたのですね!おめでとうございます!!
    タロットも、もともとTさんは合格する能力はあるけど、ちょっと待たせているんだって言ってましたもんね。とうとう、OKサインが宇宙から出たということですね。とっても嬉しいご報告、どうもありがとうございました!

  • #3

    T (月曜日, 16 5月 2016 19:41)

    コメントありがとうございます。宇宙に感謝して仕事できるようにしていきます。

«一つ前のページへ戻る