エコニュース · 21日 1月 2019
海面上昇で河口域や低地が浸水した場合の被害額は、今世紀末に世界全体で約52兆5000億円になるとの試算を、茨城大などの研究チームがまとめました。 九州電力では原発が再稼働したため、電力が過剰になってしまったようです。
エコニュース · 18日 1月 2019
気候変動で世界のコーヒー野生種の半分が絶滅の危機に瀕しているそうです。 また中国は、太陽光と風力発電設備量が世界の約3分の1を占める再エネ大国になった模様です。
海外ニュース · 18日 1月 2019
先週9日、地球温暖化によって生まれた熱が海洋に蓄積されていることを伝えた。 地球温暖化は毎秒一個の原爆を海で爆発させることに匹敵! 新たな研究によって海に蓄えられた熱が過去最高となったことがわかった。それまでの最高記録は2017年。2018年はその記録を塗り替えた。
エコニュース · 17日 1月 2019
エア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜(福島県いわき市)は1月11日、同市内で木質バイオマス発電所の建設工事に着工。 愛知県でソーラーパネルの下で稲を育てるソーラーシェアリングが始まりました。 スイスの気候政策が国内の若者から批判を浴びているようです。
エコニュース · 16日 1月 2019
中国電力と共同出資のエア・ウォーターが国内最大級のバイオマス専焼発電所の建設を開始した。 いわき市で水素を利活用した循環型社会の構築に向けた取り組みが本格化する。 サイエンスホーム(浜松市)は、1000万円台でかなえる「ひのきづくしの家」(国産ヒノキ材をふんだんに使用し、暮らしに合わせて選んで建てられるセミオーダー型住宅)など、真壁づくりの住宅商品によるパートナーシップのWINWINモデルを展開する。
Forest Good · 16日 1月 2019
エコロジーオンラインとともに、間伐・間伐材利用の推進を手がける全国森林組合連合会が現在、間伐マークの愛称を募集しています。 間伐材マークは、間伐や間伐材利用の重要性等をPRし、間伐材を用いた製品を表示する間伐材マークの適切な使用を通じて、間伐推進の普及啓発及び間伐材の利用促進と消費者の製品選択に資するもの。 全国の森の健全にするため、ステキな愛称の提案をお待ちしています!
2015年のSDGs採択、そして気候変動分野でのパリ協定を受けて、日本でもビジネスをめぐる環境が大きく変化しています。 多くの企業や自治体、教育機関が、SDGsを視野に入れた経営をかかげています。 再生可能エネルギーにシフトすることは、一つの重要なテーマであり、再エネ調達は当然の流れとなってきています。
エコニュース · 15日 1月 2019
千葉商科大学が太陽光発電の下でブドウを栽培。3年目にワインをつくることを目標としている。 九電玄海2号機廃炉へ。 間伐材ストローが16日から東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急で試験導入される。
エコニュース · 14日 1月 2019
バイオマス発電所が2月から秋田で運転。 東芝はじめ、日本の企業がアフリカの地熱発電事業で存在感を高めているそうです。 メガソーラーに規制を求める集会が開かれます。
エコニュース · 11日 1月 2019
低エネルギーの光を高エネルギーの光に変換するフィルムが開発されました。 将来的にはソーラーパネル表面に貼って発電の効率化を目指す模様です。 聖蹟桜ヶ丘駅前の街路樹に再生可能エネルギーで7年ぶりにイルミネーションが点灯。

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る