メディア · 08日 7月 2018
バイオマス産業都市、佐野で可能性を探る NPO主催勉強会に40人
メディア · 08日 7月 2018
04日 7月 2018
「間伐・間伐材利用で日本の森を元気に」  あなたの取組の魅力を、発信します! エコロジーオンラインが事務局を務める間伐・間伐材利用推進ネットワークでは6月29日より、間伐・間伐材利用コンクールの募集を開始しました。 本年度は、林野庁長官賞、間伐・間伐材利用推進ネットワーク会長賞、間伐推進中央協議会会長賞に加え、みどりの女神賞などを予定しております。 間伐や間伐材利用を推進されている多くの皆様のご応募をお待ちしております。
活動報告 · 02日 7月 2018
今回のマダガスカル訪問の大きな目的は、森を破壊しないエネルギーの開発を、現地の皆さんに学んでもらうネットワークづくりです。 実際にエネルギー開発を手がけてくれる人たちを育て、小さな雇用までつくりたいというのが最初の目標ですが、子どもの頃から自然や森の大切さを教えることを手がけるのが里山エネルギースクールです。
01日 7月 2018
7/1 下野新聞にマダガスカル事業の記事が掲載されました。
活動報告 · 26日 6月 2018
お会いしたバジルさんは元々、マダガスカル国軍の兵士でした。故郷を離れて34年。除隊して戻った故郷の山は見る影もなく、その多くがハゲ山になっていました。そんな故郷の厳しい現状に心を痛めたバジルさんは環境を破壊しない自然エネルギーの研究に没頭します。私たちがうかがったご自宅はまさに研究室。様々なエネルギー機器が並んでいました。
活動報告 · 24日 6月 2018
エコロジーオンラインは、トヨタ自動車環境活動助成の支援のもと、6月15日から23日のスケジュールでマダガスカルを訪問しました。 同国では、調理用の燃料として薪や炭が大量に使われ、おかげで森が荒廃し、土砂崩れが頻発する事態が生じています。 その被害を食い止めるため、自然エネルギーの活用技術と教育を支援する里山エネルギースクールの立ち上げに向かいました。
活動報告 · 24日 6月 2018
6月22日、エコロジーオンラインが中心になって立ち上げた里山ウェルネス研究会が、「持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を受託したことが環境省のホームページで公表されました。 里山ウェルネス研究会は認知症を予防するために森林セラピーを活用することを目的に立ち上がった団体で、長野県飯山市で活動するフォレストデザインと御宿飯山館との協働で事業を実施していきます。
イベント · 22日 6月 2018
近年、地球温暖化による影響で、佐野市や周辺地域で最高気温が更新され、ゲリラ豪雨、突風被害などが多発するようになりました。 佐野市ではそうした異常気象の原因とされる地球温暖化を防止するため、CO2の排出量を2013年比で30%削減することを目標にした「COOL CHOICE 30 SANO」を掲げました。 当法人も市の取り組みに賛同し、市民・企業向けのセミナーの企画・啓発等を行っています。
メディア · 12日 6月 2018
<11日に考えた>正造の教え原点 環境守る 佐野のNPO理事長 上岡さん

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る