チーム・マダガスカル · 17日 11月 2018
11月9日〜19日の予定でマダガスカルを訪問している「チーム・マダガスカル」の現地情報が届きました。 現地14日、首都アンタナナリボで開催したバイオガス国際シンポジウムには40名の人が集まり、盛況のうちに幕を閉じました。また、翌日のワークショップでは、バイオガスを生産するプラントの設置も終了。家畜の糞尿を活用し、調理などに活用する里山エネルギーモデルとして現地での実証実験を続けていきます。 このシンポジウムとワークショップは現地のメディアにも多数取り上げられ、バイオガスに対する関心の高さを感じさせました。
活動報告 · 13日 11月 2018
エコロジーオンラインの地球温暖化防止活動に対して、地球温暖化防止活動環境大臣表彰が贈られることになりました。(環境省によるプレスリリース) 音楽業界と連携した啓発事業、キャラクターを通した自然エネルギー普及事業、里山エネルギーを活用した被災地・途上国支援活動などが評価されたものです。 受賞を記念して下記の講演会を開催します。
チーム・マダガスカル · 08日 11月 2018
エコロジーオンラインの『里山エネルギープロジェクト』では、11月9日から19日にかけて、アフリカ東端に位置するマダガスカル共和国を訪れ、家畜の糞尿をエネルギーに変えるバイオガスエネルギーの国際シンポジウムを開催します。 当法人は『チーム・マダガスカル』と題する活動で森林破壊に苦しむ同国を3度にわたって訪問。現地の小学校と提携して子どもや近隣住民に小さな自然エネルギーを学んでもらう『里山エネルギースクール』の開校を準備してきました。
コンテンツフォーケア · 06日 11月 2018
10月27日、東京の信濃町で行われた日本演劇情動療法協会による演劇情動療法講習会に参加しました。 初めに「認知症を正しく理解する。演劇情動療法の可能性」と題して東北大学医学部老年科臨床教授 藤井昌彦先生から認知症の現状のお話があり、その後俳優でもあり日本演劇情動療法協会理事長の前田有作さんからは、実際に医療介護として演劇を使った現場でのお話がありました。
RADIO SAKAMOTO · 05日 11月 2018
海洋のプラスチック汚染が盛んに報道されるようになりましたね。 その大きなきっかけになったのがコスタリカの沖で捕獲されたウミガメの映像。ウミガメの研究に関わっているスタッフが、カメの鼻につまった異物を除去するビデオが世界中で話題になりました。 なんと長いままのストローがカメの鼻につまっていたのです。
活動報告 · 01日 11月 2018
日頃から、エコロジーオンラインの活動にご協力いただき、誠にありがとうございます。今年も残すところあとわずかとなりました。みなさまのご支援のおかげで今年も下記のような多様な活動を手がけることができました。来年の活動の実施に向けて2018年度のNPO法人エコロジーオンラインの会費・賛助会費・寄付金のお振り込みのお願いをいたします。何卒、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
コンテンツフォーケア · 31日 10月 2018
音楽を活用した認知症予防を提案するコンテンツフォーケア。その活動で連携するドラマー長野祐亮さんの新しい著作が11/30にリットーミュージックから出版されます。 タイトルは「脳もリズム感も活性化!手拍子リズムトレーニング」。 先日、エコロジーオンラインが参加した富士河口湖町のシニアドライバー研修でも長野さんが考案した「手拍子リズムトレーニング」のワークショップ実践。 参加したシニアの皆さまから、自分たちも「手拍子リズムトレーニング」を手がけたい、と声がかかるなど、充実したワークショップにすることができました。
Forest Good · 30日 10月 2018
木々の成長によって混み合った森の一部を伐採することにより、森林の健全性を図る「間伐」。 しっかり手入れされた森は下草にも光が届き、多様な生物が生息することができます。土砂流出や風雪災害に強い森になることもできます。 林野庁後援で開催されている「間伐・間伐材利用コンクール」で入賞した優秀作品を展示します。 木に囲まれたECOMで木の作品をご覧ください。
コンテンツフォーケア · 25日 10月 2018
10月24日、富士山の麓、富士河口湖町役場でシニアドライバーセミナーが行われました。 当日は秋晴れの青空が広がる爽やかな日となり、30名ほどのお元気なシニアドライバーにお集まりいただきました。 なんと最高齢は末広がりの88歳! 凛々しくそびえたつ富士の姿とともに縁起のよいセミナーとなりました。
コンテンツフォーケア · 22日 10月 2018
10月21日、佐野商工会議所のまちなか楽市にて、「ゴスペルミューズ」の初ライブを披露しました。 就労支援センター「風の丘」とエコロジーオンラインが協働で行なっている、高齢者に懐かしい音楽を聴いてもらう「カフェミューズ」から始まった「ゴスペルミューズ」。 利用者、スタッフ、お客様、ボランティアなど、歌いたい人が集まって何となく練習し始め、2ヶ月後にこんな発表の場がくると誰が予想したでしょうか…。

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る