カテゴリ:ESD


講演活動 · 20日 6月 2020
今年も女子美術大学と協働授業が始まりました。 社会課題の解決や、地域活性化、中小企業支援などをテーマに学生とキャラクターを製作するこの授業ですが、今年は「認知症予防のためのスマートスピーカー用キャラクター」と「農林業による地域活性化のキャラクター」という二つのテーマを考えてもらいます。
地域ESD活動推進拠点 · 08日 6月 2020
6月5日、アフリカ問題を考える高校生ネットワーク アフ高の皆さんから声がかかり、気候変動に関するオンライン講義をしました。 インスタグラムでの呼びかけに集まった16名の参加者とともに、講義、グループディスカッション、全体まとめと、2時間半にわたって熱い意見交換になりました。
活動報告 · 25日 5月 2020
5月25日、日本全国で緊急事態宣言が解除され、新しい生活様式のもと、新型コロナウィルスと共生する暮らしが始まります。 エコロジーオンラインではこの機会にオンラインのコミュニケーションをメインにする体制にあらため、様々な事業への展開を始めています。
地域ESD活動推進拠点 · 02日 3月 2020
エコロジーオンラインが地域ESD活動推進拠点として手がけている小中高大学でのESD(持続可能な開発のための教育)授業が文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」のホームページに掲載されました。
地域ESD活動推進拠点 · 28日 1月 2020
1月26日、東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザで、関東ESD推進ネットワーク 第3回地域フォーラム「SDGs・ESDでユースと創る未来」が開催されました。 30名を超すユース(小学生~大学生)の皆さんも含め、関東各地から120名の方々が集まり、持続可能な未来をつくるために熱い議論を交わしました。
地域ESD活動推進拠点 · 25日 1月 2020
今回のSDGs講演会は生徒向けと先生向けの二本立てでした。 まず初めに5年生10人にマダガスカルの状況をスライドを見てもらいながらSDGsの一丁目一番地になる「貧困や飢餓」のお話をしました。 特にマダガスカルの学校の月謝が80円、1日頑張って石を砕いて150円しかもらえない事など、お金の価値については特に驚いた様子。
地域ESD活動推進拠点 · 27日 12月 2019
12月19日、国連総会本会議においてESD(持続可能な開発のための教育)に関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)の後継枠組みである「ESD for 2030」が採択されました。 「ESD が質の高い教育に関する SDG に必要不可欠で要素であり、その他の全ての SDGs の成功への鍵として、ESD は SDGsの達成の不可欠な実施手段である(a key enabler of all the other SDGs)」と決議に明記されました。
地域ESD活動推進拠点 · 06日 12月 2019
関東ESD推進ネットワーク 第3回地域フォーラム  「ユースとあゆむSDGs」 ~2030年、さらにその先の未来社会を、ユースとともに考える~ 関東ESDセンターが、関東エリアでESDやSDGsの推進に取り組む方が集まる機会として、年に一度フォーラムを開催しています。今年度は、ユースと一緒にSDGsの課題解決について考えます。その事例発表者としてエコロジーオンライン上岡理事長が参加。ユースの皆さんと持続可能な未来について語りあいます。 皆様のお越しをお待ちしています。
地域ESD活動推進拠点 · 13日 9月 2019
佐野市内の小学校5年生4組の皆さんに、食品ロスのボランティア授業を行いました。 1クラス1時間の計4時間の講義で、理事長も授業のやり方をつかみ、後半はよりわかりやすい授業になりました。 担任の先生やボランティアの方々からも、とてもわかりやすくて勉強になりました。と言ってもらえました。
活動報告 · 09日 10月 2018
10月7日、佐野市役所市民活動スペースにて、エコロジーオンラインとCOOL CHOICE 30 SANO事務局が共催する「気候被害対策市民会議2018」が開催された。 エコロジーオンラインの上岡理事長が、地球温暖化のメカニズム、温暖化への適応、マダガスカルでの「緩和」と「適応」の事業を紹介。大和田事務局長からは、地域での「緩和」の取り組みであるCOOL CHOICE 30 SANOの説明があった。

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る