2016年

1月

23日

熱くなる地球 135年の温度変化をNASAが30秒で表現! 

すっぽりと高温におおわれた緑の惑星「地球」     NASA
すっぽりと高温におおわれた緑の惑星「地球」  NASA

地球の表面温度が測定されるようになったのが1880年。今から135年前のことになる。

その歴史のなかで最も暑い年となったのが昨年の2015年。観測史上最も暑い年16回のうち15回を2001年以降に記録するなど高温が続いている状態だ。

NASAが20日、その135年の平均気温の変化を30秒のビデオとして発表。高温に包まれている地球の姿を明らかにした。

ビデオのなかでオレンジ色で表現された地域は、基本となった1951年~80年の間の平均よりも気温が高い地域で、ブルーで表現されたのがそれより低い気温を記録したところだ。昨年はエル・ニーニョの影響で世界的な高温が続いたとの意見もあるが、こうして温暖化が進んでいる状況をみるとエルニーニョのせいだけでなく地球に蓄えられた熱による影響が大きいということがわかってくる。

地球表面の温度変化を2度未満にしないと、異常気象や海面上昇など取りかえしのつかない事態におちいるという。パリ協定では2度未満をおさえる目標を世界の国々が共有した。そして1.5度未満におさえることが望ましいとも付け加えられている。昨年、19世紀末から1度上昇があったという。残された0.5度の上昇を抑えるために時間はほとんど残されていないと言えるだろう。

<参照リンク>
NASA, NOAA Analyses Reveal Record-Shattering Global Warm Temperatures in 2015

www.eco-online.org Blog Feed

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (月, 06 3月 2017)
>> 続きを読む

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

東京都を超える面積が山火事で消失 チリが史上最高気温を記録! (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 2017年は温暖化防止ビジネスが活性化!? (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

<速報>世界の平均気温が3年連続で史上最高を記録! NOAAが発表 (木, 19 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る