新事実!海水面の上昇を2割減らしたものとは?

CC BY 2.0 by Chris Wolcott
CC BY 2.0 by Chris Wolcott

地球が温暖化すると南極の氷床や高地の氷河が解けて海に流れ込む。それとともに気温の上昇で水が膨張して海水面の上昇が起こることが知られている。

だが、カリフォルニア大学アーバイン校とNASAの共同研究によって、その上昇を2割ほど減らす効果を果たしているものがあることがわかった。そんなありがたい役割を果たしているのが私たちの足元から支える大地そのものだった。

これまでの温暖化の研究で地球上の水循環に関して大地が果たす役割について研究されたことはなかった。2002年に打ち上げられた新しいNASAの衛星がその研究を可能にした。その衛星からの観測を分析することで、大地の役割を見極め、数量化することにつながった。

元々、温められて水蒸気となり、雨として地表に降り注いだ水は地下水の流れとなり、くみ上げられて農業用水や工業用水、飲み水として使われる。そして最後に海に帰って行く。そうした水の循環については知られていたのだが、ここ10年についてはくみ上げられる量よりも吸収する量が増え、スポンジのような働きをしていることがわかったきた。土壌や地下や湖に貯めこまれた量は3.2兆トン。五大湖の一つ、ヒューロン湖の貯水量(世界7位)に匹敵するという。

この大地の働きによって海水面の上昇を2割ほど遅らせることができる。海水面の上昇によって国や地域が消失する可能性がある島嶼国にとっては朗報だろう。だが、これによって海水面の上昇が抑えられるわけではない。これまでに知り得なかった成果を手にすることで、温暖化の抑制策や適応策を精緻に組み立てられるようにはなる。だが、行動しないことには温暖化は止まらない。こうして大地が助けてくれているうちに、本格的な対策を組み立てるべきことに変わりはない。

<参照リンク>
Decade of rising seas slowed by land soaking up extra water, UCI and NASA find

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

 

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】毎日約2,000人の子どもが大気汚染により死亡していることが判明 (月, 24 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】気候変動でホッキョクグマが10年以内に絶滅の危機に?! (Mon, 17 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (Fri, 14 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る