アースデイにビッグプレゼント! 米中が揃ってパリ協定に調印

気候変動に対して共闘するオバマ大統領と習主席 CC BY-ND 2.0 U.S. Embassy The Hague
気候変動に対して共闘するオバマ大統領と習主席 CC BY-ND 2.0 U.S. Embassy The Hague

4月22日はアースデイ。

地球環境について考える日として世界に定着したこの日、ニューヨークの国連本部に世界の首脳たちが集まり、パリ協定に調印することになった。

パリ協定は国連に加盟する55か国、もしくは温室効果ガスの排出の55%を超える国々の署名によって発効する。

 

BBCが伝えたところによれば、様々な分野で角を突き合わせるアメリカと中国が、この日にパリ協定に署名することを共同で発表。アースデイのタイミングでの発効の流れを確実なものにした。

米中両国の温室効果ガスの排出量をあわせると地球全体の40%。あと15%ほど上乗せができれば発効ということになる。潘基文国連事務総長によれば、120の国々の参加が見込まれ、アースデイでの発効は確実だと言えるだろう。

ここにきて気候変動の国際交渉のスピードが増してきたことは間違いない。裏を返せばそれだけ危機は迫っているということなのかもしれない。

<参照リンク>
Paris Climate Treaty: 'Significant step' as US and China agree to sign

翻訳 / 文:ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

気候変動で危険度を増す楽園ハワイのビーチ事情 (月, 19 8月 2019)
>> 続きを読む

8/7 佐野市中央公民館で講演会「地球温暖化を考える」を実施しました。 (Thu, 08 Aug 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜の苗が届きました。 (Mon, 13 May 2019)
>> 続きを読む

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。 (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

世界に広がる子どもたちの気候ストライキ イギリスでは数千人が参加!? (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (Thu, 07 Feb 2019)
>> 続きを読む

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか? (Thu, 31 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

キツネザルが絶滅の危機に!? マダガスカルを襲う気候変動  (Sun, 27 Jan 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る