アースデイにビッグプレゼント! 米中が揃ってパリ協定に調印

気候変動に対して共闘するオバマ大統領と習主席 CC BY-ND 2.0 U.S. Embassy The Hague
気候変動に対して共闘するオバマ大統領と習主席 CC BY-ND 2.0 U.S. Embassy The Hague

4月22日はアースデイ。

地球環境について考える日として世界に定着したこの日、ニューヨークの国連本部に世界の首脳たちが集まり、パリ協定に調印することになった。

パリ協定は国連に加盟する55か国、もしくは温室効果ガスの排出の55%を超える国々の署名によって発効する。

 

BBCが伝えたところによれば、様々な分野で角を突き合わせるアメリカと中国が、この日にパリ協定に署名することを共同で発表。アースデイのタイミングでの発効の流れを確実なものにした。

米中両国の温室効果ガスの排出量をあわせると地球全体の40%。あと15%ほど上乗せができれば発効ということになる。潘基文国連事務総長によれば、120の国々の参加が見込まれ、アースデイでの発効は確実だと言えるだろう。

ここにきて気候変動の国際交渉のスピードが増してきたことは間違いない。裏を返せばそれだけ危機は迫っているということなのかもしれない。

<参照リンク>
Paris Climate Treaty: 'Significant step' as US and China agree to sign

翻訳 / 文:ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (金, 14 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

気候変動による気温上昇でアフリカのサイの絶滅が近づいている!? (Fri, 19 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る