アジアで売られるクルマの35%が電気自動車に! 2040年予測

大気汚染に苦しむ中国。社会がEV化されることで被害が少なることを願いたい CC BY-NC-ND 2.0 V.T. Polywoda
大気汚染に苦しむ中国。社会がEV化されることで被害が少なることを願いたい CC BY-NC-ND 2.0 V.T. Polywoda

フォルクスワーゲンに続く三菱自動車などの燃費偽装の発覚も手伝ってか、クルマの電気自動車(EV)化の流れに勢いがついて来た。

HSBCグローバルリサーチが発表した経済レポート「The Asia Equity Strategy report」によれば、中国での旺盛な需要と、テスラによる安価なEVの開発、リチウムイオンバッテリーの低価格化などによって、2040年までにアジアで販売されるクルマの35%はEVにとって代わられるという。

中国では2020年をめどに500万台のEVを走らせるため、積極的な補助政策を展開している。そうした中国の動きがEV全体やリチウムイオンバッテリーにとっての追い風になっている。

韓国ではEVやHEVに対して減税を用意し、インドでもハイブリッド車とEVに対して最大2000ドルの補助金を出している。

自動車メーカーもEVに対して積極姿勢を見せている。韓国のHyundaiでは一回のチャージで180kmを走る新しいタイプのEVの販売を開始した。このクルマで2020年には韓国のEV市場の5割を目指すのだという。

最後に「電気自動車はすでに普及段階に入ったのだ」とまとめたこの記事だが、日本の状況については全くふれられていない。アジアのEVブームにおいて、日本や日本メーカーのプレゼンスは本当にないのか。不安を感ぜずにはいられない。

<参照リンク>
Electric vehicle boom driving EVs to 35% new car sales in Asia by 2040

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

河川からのプラスチック流入を防ぐ秘密兵器現る!その名は『インターセプター』 (月, 28 10月 2019)
>> 続きを読む

気候変動で危険度を増す楽園ハワイのビーチ事情 (Mon, 19 Aug 2019)
>> 続きを読む

8/7 佐野市中央公民館で講演会「地球温暖化を考える」を実施しました。 (Thu, 08 Aug 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜の苗が届きました。 (Mon, 13 May 2019)
>> 続きを読む

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。 (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

世界に広がる子どもたちの気候ストライキ イギリスでは数千人が参加!? (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (Thu, 07 Feb 2019)
>> 続きを読む

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか? (Thu, 31 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る