2016年

11月

07日

脱炭素社会への大きな一歩! パリ協定が発効

気候変動の脅威を訴える映画『地球が壊れる前に』の試写会に出席した国連の潘基文事務総長とレオナルド・ディカプリオさん UN Photo/Rick Bajornas CC BY-NC-ND 2.0 
気候変動の脅威を訴える映画『地球が壊れる前に』の試写会に出席した国連の潘基文事務総長とレオナルド・ディカプリオさん UN Photo/Rick Bajornas CC BY-NC-ND 2.0 

11月4日、パリ協定が発効した。

10月初旬に55か国以上の国がパリ協定を批准。温室効果ガスの総排出量の55%を超えたため、協定成立からわずか11か月という短期間で発効することとなった。

この協定には190を超える国々が参加。平均気温の上昇を産業革命前の2度未満に抑えることを共通課題とすることで地球温暖化の脅威に世界全体で立ち向かい、さらに1.5度未満に抑えることも追及する。

パリ協定の発効に関しては国連、各国政府、NGOだけでなく、多くの人が関わって来た。その一人にアカデミー賞俳優で国連平和大使として活躍するレオナルド・ディカプリオ氏もいる。4月22日にューヨークの国連本部で行われたパリ協定の署名式にも参加。世界各国の代表者たちに気候変動問題解決のための速やかなアクションを呼びかけている。

この協定の発効を祝うように無料で公開された映画がある。それがディカプリオ氏の「地球が壊れる前に」だ。発効前後の9日間、10月31日から11月8日までの無料公開だ。この映画には、気候変動をめぐる世界情勢や、科学者たちによる未来予測、絶滅に瀕した生物や生態系などへの影響などについて描かれ、オバマ大統領や潘基文国連事務総長、ローマ教皇フランシスコなどとの対談も含まれている。そしてパリ協定の大きな柱は再生可能エネルギーへの積極的な投資だ。この映画にもテスラ・モーターズの代表イーロン・マスク氏が登場。再生可能エネルギーと蓄電池によって社会が大きく変わることを訴えている。

世界全体が脱炭素で活発に動くなか、日本はパリ協定の批准が遅れ、4日までに批准することができなかった。そのため、モロッコのマラケシュで行われているCOP22のパリ協定の締約国会合にオブザーバーとしてしか参加できない。パリ協定のルール作りに参加できないことは今後の取り組みに大きな影響が出る可能性も指摘されている。

パリ協定によって加速する「脱炭素社会」という船に乗りおくれないためにも、いち早い批准が望まれるのだ。

<参照リンク>
On historic day for climate action, Ban urges sustained momentum for better, safer future
無料配信 ディカプリオの映画『地球が壊れる前に』

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (月, 06 3月 2017)
>> 続きを読む

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

東京都を超える面積が山火事で消失 チリが史上最高気温を記録! (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 2017年は温暖化防止ビジネスが活性化!? (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

<速報>世界の平均気温が3年連続で史上最高を記録! NOAAが発表 (木, 19 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る