2017年

2月

08日

食品廃棄物をアプリで減らせ! 世界各国の取り組み

日本でも食品ロス問題へスマートな取り組みを! CC BY 2.0 / Starr
日本でも食品ロス問題へスマートな取り組みを! CC BY 2.0 / Starr

コンビニ店を中心に大量の恵方巻が廃棄されていることが話題になっている。

国連でも世界の食品ロスの解決が課題であり、日本でも農水省を中心に食品リサイクルの普及に力を入れている。

一方世界では、この問題を解決するためにアプリが活用されはじめ、多くの食品ロスを減らし、あまった食料で社会的な弱者を救済する事業が始まっている。

 

日本でもコンビニが一丸となり、恵方巻を廃棄することなく、価格を下げてそれを欲しがる顧客に販売したり、恵方巻を食べられない人たちに寄付することだったできたはずだ。

イギリスのガーディアン紙が日本の恵方巻騒動を尻目に世界の食品ロスを抑制するトップ10のアプリを紹介している。トップ3を紹介しよう。

シンガポールで使われているのは11th Hourというアプリだ。これはレストランや食品店がそれまで廃棄していた商品をこのアプリを通して価格を下げて提供するサービス。すでにシンガポールで1万のダウンロード数を稼いでいる。

2位に入ったのはオランダのNoFoodWasted。これは特定の商品を安く手に入れたい消費者と、消費期限切れの商品を少しでも減らしたいスーパーマーケットをつなぐサービスだ。スーパーで廃棄されていた商品はこうして消費者のもとに届けられ、これに参加したお店は食品廃棄を18%〜25%も減らしているのだという。

FoodCloudはイギリス、アイルランドで活用されるアプリだ。これはスーパーマーケットや農場、食品メーカーなどに余剰食品が生まれた場合、それを慈善団体が活用することをコーディネートする。すでに1200の企業、3600以上の慈善団体がこのサービスを活用。この会社では倉庫を3カ所用意し、食品廃棄の低減に努めている。

日本だってやればできないわけではない。創意工夫を生かして来年の恵方巻はぜひ、廃棄されないような仕組みをつくってもらいたい。

<参照リンク>

Tackling food waste around the world: our top 10 apps

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

がんばれ!地球マン その115 マダガスカル編 (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

ソーラーパワートラックが「さのまるの日」イベントに出演 佐野市の温暖化防止を応援! (金, 24 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

EOL主催!親子環境体験教室 in 宮城 (日, 19 2月 2017)
>> 続きを読む

大気汚染が女性たちの認知症を加速!? 米大学が研究を発表 (土, 18 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

食品廃棄物をアプリで減らせ! 世界各国の取り組み (水, 08 2月 2017)
>> 続きを読む

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る