大気汚染が女性たちの認知症を加速!? 米大学が研究を発表

化石燃料と認知症との関係が明らかに! CC BY-NC-ND 2.0 / Francesco Falciani
化石燃料と認知症との関係が明らかに! CC BY-NC-ND 2.0 / Francesco Falciani

大気汚染物質がアルツハイマーなども含む認知症の発症に大きな影響を与える可能性があることがわかってきた。

その主役は火力発電や自動車の排ガスに含まれる微粒子だ。

 

この調査を実施した南カリフォルニア大学(USC)の研究チームによれば、米環境保護庁が設定した微小粒子状物質の基準を超えた汚染地域に住む女性のお年寄りは、認知機能の低下を起こす確率が81%、アルツハイマーを含む認知症になる確率は92%高いことがわかった。

この調査結果をアメリカ全土に反映させると、認知症の21%が大気汚染によって発症したと考えられるという。

研究チームは全米48州から認知症にかかっていない65歳~79歳の女性3,467人を抽出。地域、人種、民族的バックグラウンド、教育、社会経済的な状況、ライフスタイル、健康状態などの偏りを補正しながら調査をした。

それにあわせて大気中の微小物質をメスのマウスに吸わせることでアルツハイマーの発症を調べた。

USC Leonard Davis School of Gerontologyのキャリブ・フィンチ教授はこう語る。

「化石燃料の燃焼から発生した微小物質は私たちの鼻から、直接、脳に取り込まれる。脳の細胞が鼻から侵入した微粒子を外敵と誤解して炎症を引き起こす。それが時間の経過とともにアルツハイマーを発症させ、悪化させるようだ」

有害な影響はアルツハイマーの発症と関係するAPOE4という遺伝子を持つ女性に強く表れる。環境破壊が認知症で苦しむお年寄りを増やしている現状が明らかになってきた。

 

 <参照リンク>

Air pollution may lead to dementia in older women

翻訳・文 / ライツフォーグリーン

 

www.eco-online.org Blog Feed

「飯山林福連携推進協議会」が正式にスタート (木, 20 9月 2018)
>> 続きを読む

「林・福連携」飯山で事業化 障害者の手を借り丸太を加工 (水, 12 9月 2018)
>> 続きを読む

里山ウェルネス研究会が長野県中島恵理副知事を表敬訪問 飯山市で実施する林福連携事業が環境省SDGs事業を受託したことを報告しました。 (火, 11 9月 2018)
>> 続きを読む

ポレポレキャラバン アフリカトーク&ライブ すべてのいのちはたからもの (金, 07 9月 2018)
>> 続きを読む

【イベント】「気候被害対策市民会議2018」 気候被害から大切な“命(いのち)”を守るために (月, 03 9月 2018)
>> 続きを読む

飯山林福連携推進協議会プレ会議を実施しました。 (火, 28 8月 2018)
>> 続きを読む

エコロジーオンラインが地域ESD活動推進拠点に! (金, 24 8月 2018)
>> 続きを読む

イオンチアーズクラブの子どもたちと佐野市役所のエネルギーの取り組みを学びました! (木, 23 8月 2018)
>> 続きを読む

キツネザルの森を救え! マダガスカル植林大作戦 (月, 20 8月 2018)
>> 続きを読む

エコロジーオンラインが「アクション!SDGs」をスタート (金, 10 8月 2018)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る