· 

温暖化対策コスト、テムズ川に沈みかけの家、OK BOOMER・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/11/12)

学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。
学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。

地球温暖化対策で、温室効果ガスの排出を80%削減する日本の長期目標を達成するためには、達成目標の2050年時点で年約5兆3000億円のコスト負担が必要とのシミュレーション結果を、京都大などの研究チームがまとめた。過去の複数のシミュレーションより最大で10分の1に圧縮されたという。

 

新潟県内各地を襲った今年の台風は、全国の農産物にも大きな打撃を与えた。

こうした中、被害に遭った農産物を独自に支援する動きも出ている。

10月28日、新潟市で開かれたハロウィーンパーティーの会場で販売されていたのは、県産リンゴのタルト。

実は普通のリンゴとは少し違う。

 

 

日のニュースは以下です。

温暖化対策コストが10分の1に? 2050年で年5.3兆円 京都大など試算

二次電池の金属負極を長寿命化する革新的技術を開発

台風被害で“傷モノ”に…市場では売れなくなった農産物をムダにしない支援とは?

ベビーブーマーの「老害」はもうたくさんと、若者世代が年齢差別のスラングで反撃

テムズ川に「沈みかけの家」 気候変動対策を求めるデモ

www.eco-online.org Blog Feed

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (水, 18 5月 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

KURADASHI、尾鷲ヒノキ、森林トリップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/28) (Thu, 28 Apr 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る