· 

モクコレ、林業は補助金漬け、100年後 肉はおいしい・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/12/11)

学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。
学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。

東京都(運営:WOODコレクション(モクコレ)実行委員会)は、国産材を利用することの価値を見出すと共に、今後の木材産業発展に向け、日本全国の木材製品・技術の展示を一堂に会する木材製品展示商談会『WOODコレクション(モクコレ)令和元年』(以下、モクコレ)を、2019(令和元)年12月10日(火)~11日(水)に東京ビッグサイト南3・4ホールにて開催。今回で5回目の開催となるモクコレは、「JAPAN WOOD.JAPAN PRIDE. -日本の木材 日本の誇り-」をテーマとし、過去最多の41都道府県から合計268の企業・団体などが集結します。

 

国がこれから成長産業となるであろうと期待を寄せている日本の林業。終戦直後や高度経済成長期に造林された人工林が50年以上たち、利用期を迎えていることが要因だという。しかし、実際のところ課題は山積しており、そううまくいかないのが実態のようだ。著書『絶望の林業』(新泉社)がある森林ジャーナリストの田中淳夫氏に詳しい話を聞いた。(清談社 福田晃広)

 

 

日のニュースは以下です。

『WOODコレクション(モクコレ)令和元年』の見どころをご紹介! <エントランスゾーン><コンセプトゾーン> <コミュニケーション>  入場から退場まで国産材の魅力を感じてもらう 体験ジャーニー型イベント

日本の林業は青息吐息で補助金漬け、「品質が良い」は遠い過去の話に

「100年後には肉食は廃れているかもしれない」それでも、肉はおいしい...

経団連「脱炭素社会」に向けた構想を発表

日本が直面している最大の危機は温暖化ではなく人口減少

www.eco-online.org Blog Feed

植生回復、伐採前提、国産材の時代 迎えられるよう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/18) (金, 18 6月 2021)
>> 続きを読む

微妙に影響、原発回帰って嘘だろ、低炭素化 原発再稼働 必要・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/17) (Thu, 17 Jun 2021)
>> 続きを読む

ゴースト・クレジット、カギは天然ガス、白い雪を赤く染める・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/16) (Wed, 16 Jun 2021)
>> 続きを読む

海から「ゴーン」、世界をリードする中国、G7 中国に対策要求・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/15) (Tue, 15 Jun 2021)
>> 続きを読む

帳消しのワナ、日本こそ適地、スイス CO2法 否決・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/14) (Mon, 14 Jun 2021)
>> 続きを読む

ウッドショック 安すぎる、木のお酒、気候変動 EV・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/11) (Fri, 11 Jun 2021)
>> 続きを読む

習近平 鶴の一声、Apple パートナー企業、進次郎大臣 タイガース首位・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/10) (Thu, 10 Jun 2021)
>> 続きを読む

脱炭素後進国、気候変動ビール、ニンジャ・テック・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/9) (Wed, 09 Jun 2021)
>> 続きを読む

CO2分離回収、急速EV充電機、宮脇方式・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/8) (Tue, 08 Jun 2021)
>> 続きを読む

脱炭素の波、牛のげっぷ、伝統的なラクダ飼い・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/7) (Mon, 07 Jun 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る