· 

キツネザル消失、吉田硝子、「省エネ釜」・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/12/27)

イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。  イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。  どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。  土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。
イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。 イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。 どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。 土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。

マダガスカル東部に広がる熱帯雨林の林冠には、この島の野生動物の中でも特に有名なキツネザルのうち、2種が暮らしている。どちらも近絶滅種だが、彼らの未来がさらに厳しいものになることが、新たな論文によって示された。キツネザルが暮らす森は、2080年までに完全になくなってしまうというのだ。

 

ガラス瓶とプラスチック容器の総合メーカーである吉田硝子は、約20年前から環境に配慮した容器づくりに取り組んでいる。

プラスチック容器に関しては、2006年に生分解性プラスチックを使用した代替容器の開発に着手したが、「生分解性プラスチック容器は当時、価格面と内容物の品質保持といった点で課題があり、商品化できない状況だった」(唐木茂行常務)ため、焼却処分における二酸化炭素(CO2)の排出量を削減できる植物由来バイオポリエチレン容器の開発へとシフトしていった。

 

 

日のニュースは以下です。

中部電、丸亀製麺と「省エネ釜」開発 背景に自由化戦略

キツネザル2種の生息地が2080年に消失する、研究

吉田硝子、環境に配慮したバイオポリエチレン容器を拡充

数字で振り返る2019年の地球の環境状況

www.eco-online.org Blog Feed

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (火, 17 5月 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

KURADASHI、尾鷲ヒノキ、森林トリップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/28) (Thu, 28 Apr 2022)
>> 続きを読む

契約お断り、クジラは増えた、和製ギター・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/27) (Wed, 27 Apr 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る