· 

経団連、京都メガソーラー丸裸山、石炭とステーキとグレタ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/12/6)

学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。
学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。

経団連が二酸化炭素(CO2)排出の実質ゼロを目指す構想を発表する方向で最終調整に入ったことが、4日明らかになった。民間主導でCO2の排出量を削減したり、排出されたCO2を回収したりする技術革新を加速させ、排出と吸収のバランスを取る実質ゼロの早期実現を目指す。9日の会長・副会長会議で議論した上で、「チャレンジ・ゼロ」宣言として構想を打ち出す。

 

リコーは2019年11月18日、同社が加盟する「RE100」への取り組みの一環として、生産拠点における再生可能エネルギー由来の電力活用を拡大すると発表した。

中国の生産会社Ricoh Thermal Media(RTM)において、社屋の屋根を発電事業者に提供するPPAモデルを活用し、太陽光発電設備を導入。発電容量は2.8MW(メガワット)で、RTMの年間使用電力の約20%が再生可能エネルギー由来の電力となる。加えて、英国の生産会社であるRicoh UK Productsにおいては、2019年10月1日より契約を切り替え、社内で使用する全ての電力を再生可能エネルギー由来の電力とした。

 

 

日のニュースは以下です。

経団連、CO2実質ゼロ宣言へ 技術革新、投資呼び込み後押し

リコーが再エネ活用を拡大、英国拠点は100%再エネ由来電力に

京都の有名神社の山にメガソーラー計画 市の対応後手「あっという間に丸裸の山に」

【政界徒然草】気候変動対策に大鉈ふるえぬ小泉環境相のジレンマ 「電源構成でがんじがらめ」

海外の石炭発電に2兆円支援 石炭まみれの安倍首相と「ステーキ毎日食べたい」小泉環境相

www.eco-online.org Blog Feed

エクセルシャノン、ジェフ・ベゾス、脱炭素ブーム・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/27) (金, 27 3月 2020)
>> 続きを読む

ハイパーレジャーブロックチェーン、世界水の日、二酸化炭素濃度 最高・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/26) (Thu, 26 Mar 2020)
>> 続きを読む

温暖化懐疑論、石炭続けば2流国、サハラで太陽光発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/25) (Wed, 25 Mar 2020)
>> 続きを読む

クリックで森を救おう、マリの女性グループ、お米歯ブラシ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/24) (Tue, 24 Mar 2020)
>> 続きを読む

フラット35、気候大変動 12の脅威、南極が溶けている・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/23) (Mon, 23 Mar 2020)
>> 続きを読む

幻の造船所、ベスタス、気候変動は富裕層のせい・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/19) (Thu, 19 Mar 2020)
>> 続きを読む

フルッタアサイーシリーズ、洋上風力発電、ハイネケン 太陽光発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/18) (Wed, 18 Mar 2020)
>> 続きを読む

海洋生分解性プラ、動く歩道の祖先、冬眠中のクマ 目覚める・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/17) (Tue, 17 Mar 2020)
>> 続きを読む

Looopでんき、バーミヤン崩壊の危機、有名スターもヴィーガニズム・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/16) (Mon, 16 Mar 2020)
>> 続きを読む

ベゾスに頼っていいの、コロナと気候問題、ヘンリー王子 グレタドッキリ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/13) (Fri, 13 Mar 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る