· 

バイオガス、耕さない農業、縮原子力・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/6/11)

ホッキョクグマは近年、地球温暖化の影響で小型化が進んでおり、1984年から2009年までの25年間で、オスの平均体重が45kg、メスの平均体重が31kgも減少しています。
ホッキョクグマは近年、地球温暖化の影響で小型化が進んでおり、1984年から2009年までの25年間で、オスの平均体重が45kg、メスの平均体重が31kgも減少しています。

フィリピンの英系ベンチャー企業ストロー・イノベーションズはこのほど、ラグナ州ビクトリアで稲わらからバイオガスと肥料を生産する施設を間もなく稼働すると明らかにした。同社によれば、酸素のない嫌気的条件で微生物の代謝作用により有機物を分解する嫌気性消化によって、稲わらからバイオガスを生産する試験プラントは世界初という。

 

先進国の原子力発電容量がこのまま減れば、気候変動防止に向けた国際目標の達成やエネルギー安全保障が脅かされる――。

国際エネルギー機関(IEA)が5月末に公表した報告書で、こう警鐘を鳴らしている。欧米や日本、韓国など先進41カ国が運転期間の延長や新設をしないと、2040年までに設備容量は約65%減少すると指摘。代替の火力発電や送電網の整備が必要になり、40年までに1兆6千億ドル(約176兆円)の追加投資がかかることに加え、二酸化炭素(CO2)排出量も約40億トン上振れすると試算した。

 

日のニュースは以下です。

稲わらからバイオガス、世界初の施設開所へ

自然災害を避けるならどこに住む? 保険のプロに聞いた

耕さない農業が地球温暖化を抑制する

IEA、先進国の「縮原子力」に警鐘鳴らす報告書。エネルギー安全保障の脅威にも

エネルギー生産40%アップ。太陽の動きに合わせて開いて傾くひまわり型ソーラーパネル

www.eco-online.org Blog Feed

みかんのまち、コオロギを宇宙食に、緑豊かな大地・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/6) (火, 06 12月 2022)
>> 続きを読む

神経疾患が悪化する、洪水の恐れ80倍に、冬はなくならない・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/5) (Mon, 05 Dec 2022)
>> 続きを読む

ツリーに空き瓶、史上最大の気候変動法、グローバル・サウス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/2) (Fri, 02 Dec 2022)
>> 続きを読む

暖房器具は窓際に?、トキ放鳥に向け、2つの味をまぜると・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/1) (Thu, 01 Dec 2022)
>> 続きを読む

グレタさんら若者600人、気候変動の影響、CO2回収に10年かかる・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/29) (Tue, 29 Nov 2022)
>> 続きを読む

クリーンアップ作戦、まさかの撤退、ど冷えもん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/25) (Fri, 25 Nov 2022)
>> 続きを読む

J-ECO、これだけの理由、原発10基分・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/24) (Thu, 24 Nov 2022)
>> 続きを読む

たった4%、越えてはならない一線、規格外品バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/22) (Tue, 22 Nov 2022)
>> 続きを読む

生八ツ橋の切れ端、偽証取引、タートルネックで節電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/21) (Mon, 21 Nov 2022)
>> 続きを読む

バイオ原油、みんなリビング、ブラジルが戻ってきた・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/18) (Fri, 18 Nov 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る