· 

固定価格買取制度、1.5℃レース、米軍・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/6/26)

ホッキョクグマは近年、地球温暖化の影響で小型化が進んでおり、1984年から2009年までの25年間で、オスの平均体重が45kg、メスの平均体重が31kgも減少しています。
ホッキョクグマは近年、地球温暖化の影響で小型化が進んでおり、1984年から2009年までの25年間で、オスの平均体重が45kg、メスの平均体重が31kgも減少しています。

経済産業省が、大規模事業者について廃止の方針を打ち出した「固定価格買い取り制度(FIT)」。太陽光や風力発電といった再生可能エネルギーの事業者がつくった電気を、あらかじめ決めた価格で買い取るシステムだ。

買い取り費用の増加で消費者の負担がもはや限界に来ているという認識で、経産省の有識者会議で検討し、早ければ2020年の通常国会に関連法の改正案を提出する。

 

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が2018年10月に発表した「1.5℃特別報告書」は、最先端の温暖化対策の立ち位置を大きく変えました。それ以前は、パリ協定が掲げる“2℃目標”を目指す計画を持つことで、温暖化対策で最先端の国・自治体・企業とみなされました。同報告書の発表以降は、1.5℃目標を達成するための目安「温室効果ガス排出量を2050年に実質ゼロ」を目指さなくては「最先端」とはみなされなくなりました。

 

日のニュースは以下です。

電力政策の「難しさ」露わに 廃止へ向かう「固定価格買い取り制度(FIT)」の7年

世界の温暖化対策の長期戦略は1.5℃レースの様相?

温室で一軒家をまるまる囲って冬でも暖かく省エネなおうちを作る人が現る

地球温暖化の“主犯”は米軍だったことが判明!「膨大なCO2排出量が重大原因に」英大学が指摘

買い取り制度の弊害 2040年ごろには太陽光パネルの廃棄問題が深刻化?

www.eco-online.org Blog Feed

ダークモード、100万種絶滅、EU・メルスコールFTA合意・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/16) (火, 16 7月 2019)
>> 続きを読む

日立造船、ソーラースタンド、ニホンライチョウ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/15) (Mon, 15 Jul 2019)
>> 続きを読む

ヴァイキング時代、米国忖度、風をつかまえた少年・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/12) (Fri, 12 Jul 2019)
>> 続きを読む

小泉純一郎、タピオカ、タリーズコーヒー・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/11) (Thu, 11 Jul 2019)
>> 続きを読む

CO2排出権の寄付、ロス削減、プリウスPHV・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/10) (Wed, 10 Jul 2019)
>> 続きを読む

プリウスPHV、日の丸太陽電池、アジアのテスラ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/9) (Tue, 09 Jul 2019)
>> 続きを読む

バイオ戦略、SDGs未来都市、ルノー・スマートアイランド・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/8) (Mon, 08 Jul 2019)
>> 続きを読む

昆虫の黙示録、エーデルワイス航空、マーク・モラノ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/5) (Fri, 05 Jul 2019)
>> 続きを読む

木のストロー、エコネコル、E.P.LIGHT・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/4) (Thu, 04 Jul 2019)
>> 続きを読む

ライオン、チェンナイ、ACCUM・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/7/3) (Wed, 03 Jul 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る