· 

バイオマス熱電供給プラント、畜産ふん尿、原発は禁句・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/9/4)

現在のウナギ養殖は、稚魚であるシラスウナギを捕獲し、養殖池で育てて出荷しているが、シラスウナギの減少が年々顕著となり、ニホンウナギは野生での絶滅の危険性が高い種とされ、2014年に絶滅危惧種に指定された。 ⓒL13
現在のウナギ養殖は、稚魚であるシラスウナギを捕獲し、養殖池で育てて出荷しているが、シラスウナギの減少が年々顕著となり、ニホンウナギは野生での絶滅の危険性が高い種とされ、2014年に絶滅危惧種に指定された。 ⓒL13

国内に豊富に存在する資源であるものの、燃焼時の特性から一般にはバイオマス燃料としては不向きとされている竹。この竹をバイオマス燃料として活用できる実証プラントが熊本県南関町に完成した。NEDOのバイオマスエネルギー導入促進プロジェクトの一環として、バンブーエナジーが同社の敷地内に建設したもので、2019年10月から本格的な実証運転を開始する計画だ。

 

中国電力が原発建設を計画する山口県上関町の町長選が3日、告示された。計画浮上から40年近く。賛成派と反対派が対立を深めてきた果てに、町長選は今回、異例の展開をたどった。町の人口は3千人弱まで減り、原発工事は3・11後から中断したままだが、中国電は「全国唯一の新設計画、上関原発」を諦めていない。

 

 

日のニュースは以下です。

燃料に不向きな「竹」を使える、国内初のバイオマス熱電供給プラントが実証稼働へ

鹿児島銀、畜産ふん尿でバイオマス発電 環境省の支援事業に

「原発は今も禁句」分断の町、新設案に振り回され40年

海藻は「温暖化対策のカリスマ」、最新研究

累計販売数12万個突破!国産の間伐材を利用した環境にやさしい「消臭木」

www.eco-online.org Blog Feed

クリーンアップ作戦、まさかの撤退、ど冷えもん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/25) (金, 25 11月 2022)
>> 続きを読む

J-ECO、これだけの理由、原発10基分・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/24) (Thu, 24 Nov 2022)
>> 続きを読む

たった4%、越えてはならない一線、規格外品バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/22) (Tue, 22 Nov 2022)
>> 続きを読む

生八ツ橋の切れ端、偽証取引、タートルネックで節電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/21) (Mon, 21 Nov 2022)
>> 続きを読む

バイオ原油、みんなリビング、ブラジルが戻ってきた・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/18) (Fri, 18 Nov 2022)
>> 続きを読む

「見せかけ」脱炭素宣言、Gravity Flow、オイシックス・ラ・大地・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/17) (Thu, 17 Nov 2022)
>> 続きを読む

虫の幼虫を人間のお腹で、もうモノマネとは言わせない、食べられるコンクリート・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/16) (Wed, 16 Nov 2022)
>> 続きを読む

SDGs未来都市、ふかひれや牛タン、さざ波発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/15) (Tue, 15 Nov 2022)
>> 続きを読む

本末転倒、置き換え可能、1・5度の約束・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/14) (Mon, 14 Nov 2022)
>> 続きを読む

廃棄うどん、3回連続の不名誉、もったいないバナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/11) (Fri, 11 Nov 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る