· 

先進蓄電システム、再エネで地位築け、ブランドセーフティ問題・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/1/28)

イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。  イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。  どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。  土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。
イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。 イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。 どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。 土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。

三菱自動車は、電動車の使用済みバッテリーを組み合わせた蓄電池に太陽光発電の電力をためて利用する先進的蓄電システムを、岡崎製作所(愛知県岡崎市)に導入する。今年度中に利用開始の予定。車載電池で構成した“巨大蓄電システム”の活用による再生可能エネルギー普及促進は、リチウムイオン電池開発でノーベル化学賞を受賞した吉野彰旭化成名誉フェローが提起。電動車の先駆企業である三菱自はその具現化で、低炭素社会構築を加速したい狙いだ。

 

気候変動がもたらす地球の危機は、スイスのダボスで24日まで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で主要テーマになるなど、2020年年頭から国際社会で大議論になっています。今年は、地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」が本格的に始動する年です。温室効果ガス排出の「実質ゼロ」に向けて、世界の取り組みが緊急性を増している中、この課題に背を向け続ける安倍晋三政権の重大な姿勢が一段と浮き彫りになっています。

 

 

日のニュースは以下です。

三菱自、先進蓄電システム導入 使用済みEV電池に太陽光電力ためる

石炭火力発電 ごまかしはもう通らない

日本は再エネで地位築ける 新輸出産業に(澤上篤人)

主張/気候危機と首相/非常事態と認識できないのか

YouTube の新たなブランドセーフティ問題と、広告主の反応 :以前よりも現実的に

www.eco-online.org Blog Feed

このビルの評価はCです、国内木材自給率50%、三菱重工 水素製造・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/27) (金, 27 11月 2020)
>> 続きを読む

バイオマス発電、バイデン ねじれ、英発音楽イベント・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/26) (Thu, 26 Nov 2020)
>> 続きを読む

再生エネ、バイデン氏 指名へ、NASAとESA・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/25) (Wed, 25 Nov 2020)
>> 続きを読む

クリーンで美しい世界、脱炭素、風をつかまえろ!・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/24) (Tue, 24 Nov 2020)
>> 続きを読む

寝耳に水だ、トイレのない人々、温室効果ガスゼロ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/20) (Fri, 20 Nov 2020)
>> 続きを読む

自然エネルギー立国、中国 経営トップ拘束、秘密クラブ闘う・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/19) (Thu, 19 Nov 2020)
>> 続きを読む

野村不動産、疑似COP、鈴鹿走れず・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/18) (Wed, 18 Nov 2020)
>> 続きを読む

エネループ ひっそりと、カーボン便乗、三峡ダムは時限爆弾・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/17) (Tue, 17 Nov 2020)
>> 続きを読む

脱炭素、バイデン外交、トランプ 怒涛の勢い・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/13) (Fri, 13 Nov 2020)
>> 続きを読む

ニッポンレンタカー、ソーラーカーレース鈴鹿、バイデン 崖っぷち・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/12) (Thu, 12 Nov 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る