· 

ゼロカーボンシティ、経済成長神話、ガソリン車 狙い撃ち・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/23)

「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。  額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。  寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。  病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。  そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。
「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。 額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。 寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。 病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。 そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に大流行し、世界経済の大部分が大打撃を受ける以前においてさえ、資本主義が危機にあることは明白であった。自由市場が足かせなく放置されたことによって、米国では所得や富の不平等が極端に拡大した。先進国の多くで生産性の伸びが鈍化し、まるまる一世代の人々の経済的機会が失われてしまった。企業は、地球温暖化にもはや無関心ではいられなくなっているとしても、地球温暖化の進行を抑えられるような変化を起こす力はないのではないかと思われる様相を呈していた。

 

カリフォルニア州が2035年までにガソリン車の新車販売を禁止することを計画しているとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた際、一部の読者はその記事の内容が大げさだと思っただろう。だが米議会には現在、すべての米国民に同様の措置を押し付けようとする法案が提出されている。

オレゴン州選出のジェフ・マークリー上院議員ら5人の民主党議員は20日、2035年に新たに販売される全ての乗用車を電気自動車(EV)とすることを義務付ける法案を提出した。同法案はまた、2025年までに新車の50%をEVとすることも求めている。バイデン政権がすでに始まっているかのような動きだ。

  

 

 

日のニュースは以下です。

脱炭素社会の実現へ “ゼロカーボンシティ”の拡大を 官房長官

気候変動でGDP成長率が25%減少する未来、年間の損害額は31.2兆米ドルに

新政権の環境・エネルギー政策、両大臣のかじ取りは?

崩壊する「経済成長」神話、資本主義の危機をテクノロジーは救えるか

【社説】米民主党、国民のガソリン車を狙い撃ち

www.eco-online.org Blog Feed

河野太郎大臣が壁?、プールの水は冷たいままで、アマテイ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/8) (木, 08 12月 2022)
>> 続きを読む

グリーンウォッシュ、夜のパン屋さん、ライスレジン・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/7) (Wed, 07 Dec 2022)
>> 続きを読む

みかんのまち、コオロギを宇宙食に、緑豊かな大地・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/6) (Tue, 06 Dec 2022)
>> 続きを読む

神経疾患が悪化する、洪水の恐れ80倍に、冬はなくならない・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/5) (Mon, 05 Dec 2022)
>> 続きを読む

ツリーに空き瓶、史上最大の気候変動法、グローバル・サウス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/2) (Fri, 02 Dec 2022)
>> 続きを読む

暖房器具は窓際に?、トキ放鳥に向け、2つの味をまぜると・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/1) (Thu, 01 Dec 2022)
>> 続きを読む

グレタさんら若者600人、気候変動の影響、CO2回収に10年かかる・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/29) (Tue, 29 Nov 2022)
>> 続きを読む

クリーンアップ作戦、まさかの撤退、ど冷えもん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/25) (Fri, 25 Nov 2022)
>> 続きを読む

J-ECO、これだけの理由、原発10基分・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/24) (Thu, 24 Nov 2022)
>> 続きを読む

たった4%、越えてはならない一線、規格外品バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/22) (Tue, 22 Nov 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る