· 

温暖化ガス 実質ゼロ、みんな電力、脱炭素・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/27)

「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。  額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。  寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。  病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。  そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。
「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。 額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。 寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。 病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。 そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。

新型コロナウイルス禍が続く中で、温暖化ガス排出の「ネット(実質)ゼロ」時代が一気に現実味を帯びている。2050年のネットゼロ目標を掲げる欧州連合(EU)は環境投資による経済回復「グリーンリカバリー」を打ち出し、中国は9月の国連総会で二酸化炭素(CO2)排出量を減少させて60年までに「炭素中立(カーボン・ニュートラル)」を目指すと発表した。

 

電気の生産者や空気の「顔の見える化」で社会をアップデートする、みんな電力は10月26日、プレシリーズCラウンドにおいて、新株予約権付転換社債発行などで総額15億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、ディップのCVCであるDIP Labor Force Solution 投資事業有限責任組合、丸井グループ、日本政策金融公庫など。今回の資金調達により、現在まで累計調達額は約30億円となる。

  

 

 

日のニュースは以下です。

温暖化ガス「実質ゼロ」への道 シナリオ分析柔軟に

欧州宇宙機関、自宅でも地球の気候変動が学べるウェブサイト「Climate from Space」をローンチ

【米大統領選2020】 最後の討論会、見ていた有権者の意見は変わったのか

電気の生産者や空気の「顔の見える化」で社会をアップデートする「みんな電力」が15億円を調達

アングル:日本「脱炭素」で重い腰、電力安定供給へ課題も

www.eco-online.org Blog Feed

スカイツリー222基分、風車の壁、口ばかり・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/24) (月, 24 1月 2022)
>> 続きを読む

謎解きが毎月、廃棄ピザ生地、都合よくSDGs・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/21) (Fri, 21 Jan 2022)
>> 続きを読む

ミカン風味、トンガとつながり深い、日本企業が最多・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/20) (Thu, 20 Jan 2022)
>> 続きを読む

窓から脱炭素、ネットゼロ、国連事務総長・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Wed, 19 Jan 2022)
>> 続きを読む

プラスチックを食べる、ケイアイスター、お魚サブスク・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Tue, 18 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガ噴火、イビザ島、北極圏の森林火災・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Mon, 17 Jan 2022)
>> 続きを読む

エコアメニティ、カーボンオフセットLPガス、県民賞・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/14) (Fri, 14 Jan 2022)
>> 続きを読む

きれいな空気と水、サンゴ礁の状態、暗い見通し・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/13) (Thu, 13 Jan 2022)
>> 続きを読む

水素戦略、タブを開くほど寄付になる、サステナブルな家具・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/12) (Wed, 12 Jan 2022)
>> 続きを読む

国内避難民居住区、やりきれなさ、サブスク福袋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/11) (Tue, 11 Jan 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る