· 

激戦ペンシルバニア、温暖化ガス50年ゼロ、先進企業11社・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/28)

「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。  額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。  寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。  病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。  そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。
「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。 額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。 寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。 病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。 そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。

菅義偉首相は27日午前、国連のグテレス事務総長と電話で約10分間協議した。温暖化ガスの排出量を2050年までに全体としてゼロにする方針を伝えた。グテレス氏は「果断な決断」だと評価し、完全に支持すると述べた。

首相はグテレス氏主導で昨年発足した「気候野心同盟」に日本も参加する考えを表明した。同盟は50年までの温暖化ガス実質ゼロを目指す。

 

猛暑、ゲリラ豪雨、台風による甚大な被害、そして冬の雪不足。日本に暮らしていても気候変動の影響を実感することが増えている。

一方世界に目を向けると、ここ数年、国家レベルで「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」への取り組みが次々と始まっている。

サーキュラーエコノミーとは何か、なぜ今企業でも関心が高まっているのか。さまざまな角度からサーキュラーエコノミーについて取り上げたい。

  

 

 

日のニュースは以下です。

脱炭素へ大競争時代 中国は水素奨励、欧州は新税検討

トランプ・バイデン両候補が激戦州ペンシルベニアで舌戦

国連事務総長が支持、温暖化ガス50年ゼロ方針 首相と電話

日本「2050年までにカーボンニュートラル実現」に中国が称賛と歓迎を表明

ダイキン、ミツカン、ブリヂストン…日本の先進企業11社【連載サーキュラーエコノミー4】

www.eco-online.org Blog Feed

謎解きが毎月、廃棄ピザ生地、都合よくSDGs・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/21) (金, 21 1月 2022)
>> 続きを読む

ミカン風味、トンガとつながり深い、日本企業が最多・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/20) (Thu, 20 Jan 2022)
>> 続きを読む

窓から脱炭素、ネットゼロ、国連事務総長・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Wed, 19 Jan 2022)
>> 続きを読む

プラスチックを食べる、ケイアイスター、お魚サブスク・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Tue, 18 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガ噴火、イビザ島、北極圏の森林火災・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Mon, 17 Jan 2022)
>> 続きを読む

エコアメニティ、カーボンオフセットLPガス、県民賞・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/14) (Fri, 14 Jan 2022)
>> 続きを読む

きれいな空気と水、サンゴ礁の状態、暗い見通し・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/13) (Thu, 13 Jan 2022)
>> 続きを読む

水素戦略、タブを開くほど寄付になる、サステナブルな家具・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/12) (Wed, 12 Jan 2022)
>> 続きを読む

国内避難民居住区、やりきれなさ、サブスク福袋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/11) (Tue, 11 Jan 2022)
>> 続きを読む

ハチドリの努力、プラスチックを食べる、原発グリーン・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/7) (Fri, 07 Jan 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る