· 

畜産支援、水ストレス、食糧難 サノス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/5)

「ライチョウ」 氷河期からの貴重な生き残りであり、特別天然記念物。  主に標高約2,000メートル以上の高山帯に生息している。  夏は白黒茶の斑模様・冬はほぼ全身純白となり、季節によって羽毛の色が変化する。  爪を除く脚全体があたたかい羽毛で覆われている。この特徴を持つキジ類は他にいない。  オスの目の上には赤色の肉冠がある。
「ライチョウ」 氷河期からの貴重な生き残りであり、特別天然記念物。 主に標高約2,000メートル以上の高山帯に生息している。 夏は白黒茶の斑模様・冬はほぼ全身純白となり、季節によって羽毛の色が変化する。 爪を除く脚全体があたたかい羽毛で覆われている。この特徴を持つキジ類は他にいない。 オスの目の上には赤色の肉冠がある。

カリフォルニア州で発生している火災は、20年近く続く深刻な干ばつによる追い打ちを受け、過去最悪規模に拡大している。通常は火の手の及ぶことのない、北に隣接するオレゴン州の一部も炎に包まれている。

一方、大西洋では、今年に入って16、17個目の名前がつけられた熱帯低気圧が渦を巻いており、この時期としては記録的な発生数となっている。日本と朝鮮半島には、大型台風「ハイシェン」が直撃したばかりだ。8月には、カリフォルニア州デスバレーで気温が54.4℃に達し、地球はここ100年でもっとも暑くなっている。

 

『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』という映画をご存じでしょうか? 「限りある資源(環境)を守るために、増えすぎた生命を無差別に半減させる」という過激な思想をもって殺戮をおこなう宇宙人サノスと、生命を守るためにサノスに立ち向かうスーパーヒーローたち(アベンジャーズ)との戦いを描いたアクション映画です。

 

この作品は「アベンジャーズ」というタイトルでありながら、実質的な主人公はサノスでした。ご覧になった方の中には、彼の思想に「一理ある」と共感した人もいらっしゃるかもしれません。なにしろ、生命が増えることで不都合が生じるのは、事実です。たとえば、現在起きている地球環境問題や世界的な食糧難の理由は、「人間が増えすぎたせい」と言えなくもないでしょう。もちろん、無差別に生命を奪うなどとうてい容認できないので、サノスが“悪役”であることは間違いありません。

 

  

 

日のニュースは以下です。

気象予測で畜産支援 収益向上へ適期給餌 豪州の助言者制度広がる

2020年の自然災害は異常なのか? 専門家は今後さらなる悪化を予測

世界で供給される水の半分が盗まれている 原因は「水ストレス」

食糧をたくさん作れるようになっても食糧難は解決しない、その理由

ガソリン車の新車販売禁止を打ち出したカリフォルニア州、その実現に向けて見えてきた「大きな課題」

www.eco-online.org Blog Feed

木材自給率、欧州産業連盟、予定地 佐井村・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/20) (火, 20 10月 2020)
>> 続きを読む

CO2の300倍、中国 排出ゼロ、日本が世界的リーダーに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/19) (Mon, 19 Oct 2020)
>> 続きを読む

非可食性、日本の木をもっと使おう、自然エネで経済衰退・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/16) (Fri, 16 Oct 2020)
>> 続きを読む

強力ソーラールーフ、バクリエウ省、ニュー・オータニ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/15) (Thu, 15 Oct 2020)
>> 続きを読む

北極海は死につつある、完成堤防、ハイブリッド重視で大丈夫か・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/14) (Wed, 14 Oct 2020)
>> 続きを読む

米ぬかガウン、坂本龍一と見つめる、史上最も暑い9月・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/9) (Fri, 09 Oct 2020)
>> 続きを読む

台風発電、生物多様性は劣化?、東京都2つ分消失・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/8) (Thu, 08 Oct 2020)
>> 続きを読む

三方よし、脱・豊か、数十万羽 大量死・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/7) (Wed, 07 Oct 2020)
>> 続きを読む

サティシュ・クマール、習氏 CO2ゼロ、揺れる脱原発・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/6) (Tue, 06 Oct 2020)
>> 続きを読む

畜産支援、水ストレス、食糧難 サノス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/5) (Mon, 05 Oct 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る