· 

複合災害、生物多様性リスク、どちらが大統領・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/11/2)

「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。  額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。  寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。  病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。  そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。
「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。 額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。 寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。 病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。 そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。

ブラジルがダイキン工業の強い後押しでエアコンの省エネ基準を改正。行政や大学、NGOなどの意思を束ね、抵抗勢力に打ち勝った。

ブラジル政府は2020年7月、空調機の省エネ基準を改正し、性能評価試験の国際規格ISO16358を導入した。新しい基準づくりを主導したのは、空調大手のダイキン工業だ。

 

中国の積極的な植林政策が気候変動の抑制に大きな役割を果たしていることが、最新の研究で明らかになった。

学術誌「ネイチャー」に発表されたこの研究では、地表と人工衛星写真から中国の森林地帯を観察。その結果、2地域で森林の二酸化炭素(CO2)吸収量が過小評価されていたことが判明した。

実際には、この2地域だけで中国の領土が吸収するCO2の35%超を占めているという。

  

 

 

日のニュースは以下です。

「複合災害が不安」 高浜・美浜原発再稼働、住民へ説明 /福井

ダイキンが省エネで海外市場攻略

コラム:大手銀に「生物多様性リスク」という頭痛の種

中国の森林、予想よりも多くのCO2を吸収=国際研究

どちらが大統領になっても日本に求められる3つの視点

www.eco-online.org Blog Feed

アリババ、気候変動オペ、小型原子炉・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/8/4) (水, 04 8月 2021)
>> 続きを読む

サステナブルな空旅、中国の石炭火力、脱炭素転換 誰も喜ばず・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/8/3) (Tue, 03 Aug 2021)
>> 続きを読む

知の巨人ハラリ、ドーナツ経済、国家水素戦略・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/8/2) (Mon, 02 Aug 2021)
>> 続きを読む

特許数への慢心、EVシフト、Giraffe Work・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/30) (Fri, 30 Jul 2021)
>> 続きを読む

100万キロワット、ビル・ゲイツの新著、束縛かチャンスか・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/29) (Thu, 29 Jul 2021)
>> 続きを読む

ネギプラスチック、冷却水いらず、メガソーラー 中国人経営企業・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/28) (Wed, 28 Jul 2021)
>> 続きを読む

ウッドショック 断絶、COP26、米バンカメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/27) (Tue, 27 Jul 2021)
>> 続きを読む

小泉環境相、気候変動対策パッケージ、ドイツ洪水・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/26) (Mon, 26 Jul 2021)
>> 続きを読む

konoki、五輪商戦へスマッシュ、環境税・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/23) (Fri, 23 Jul 2021)
>> 続きを読む

太陽光パネルバッシング、木造マンション、ドイツ 壊滅的な洪水・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/22) (Fri, 23 Jul 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る