· 

気候変動 誰の責任、北朝鮮 気候変動強化、水素ホテル・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/12/16)

「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。  日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、  2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。  減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。  環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。
「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。 日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、 2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。 減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。 環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。

北朝鮮外務省が14日、バイデン米次期大統領の関心事である気候変動危機を強調した。

外務省はこの日ホームページに「目をそむけることはできない気候変動問題」という文書を載せ、「人類の将来は世界が気候変動危機にどのように対処していくかにかかっている。すべての国は目の前の経済的利益だけを前面に出して気候変動から目をそらさず国際的な協力と協調をさらに強化していかなければならないだろう」と強調した。その上で「パリ気候変動協定協約国として義務を誠実に履行するために努力している」と主張した。

 

スイスの「環境を守るシニア女性の会」の共同会長を務めるマーラー氏は、ストラスブールの欧州人権裁判所の建物前で「強く感情を込め、たくさんの希望を持って」一連の訴訟内容をアピールし、10月末にスイスに帰国した。これは単なる象徴的な行為に終わるかもしれないが、欧州人権裁判所の前で気候保護をめぐるスイス政策の失敗を糾弾するという、決定的で具体性の伴う行動だった。

  

 

 

日のニュースは以下です。

気候変動は人権への脅威?

気候変動は誰の責任か

北朝鮮外務省「気候変動協力強化しなければ」…バイデン氏に向けたジェスチャーか

使用済みプラをエネルギーに再生、「水素ホテル」でレタス栽培 昭和電工など

コロナ禍後の世界でネットゼロ目標を達成するには技術進歩の活用が不可欠

www.eco-online.org Blog Feed

水中ゴミ拾い、かるがるまな板、丈夫で強そう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/20) (金, 20 5月 2022)
>> 続きを読む

落ちないキャップ、デジタル人民元、竜のウロコ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/19) (Thu, 19 May 2022)
>> 続きを読む

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (Wed, 18 May 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る