· 

人工木材開発、石油供給 不足か、台風発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/12/17)

「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。  日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、  2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。  減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。  環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。
「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。 日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、 2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。 減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。 環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。

中国科学技術大学が15日に明らかにしたところによると、同大学の科学研究チームは人工木材の開発に成功した。その極限の耐圧強度、耐圧硬度、耐衝撃性、難燃性など複数の性能は天然の木材よりも優れている。中国新聞網が伝えた。

バイオマスのミクロ構造の解析を掘り下げ、いかなる粘着剤も必要としない高性能人工木材を製作したこの研究成果はこのほど、「国家科学評論」(National Science Review,NSR)に掲載された。

 

再生可能エネルギーの歴史において、2021年はひとつのターニングポイントになる。チャレナジーにとっても例外ではない。独自技術に基づいて開発してきた「垂直軸型マグナス式風力発電機」の量産1号機が、21年の春以降にフィリピンで稼働する見通しとなったからだ。

垂直軸型マグナス式風力発電機とは、物体を回転させると風向に対して垂直方向に力が働く「マグナス効果」という物理現象を利用した発電機で、プロペラがないので台風やハリケーンなどの強風でも暴走したり壊れたりしにくく、安定して発電できる。風の流れに対して指向性のない垂直軸型なので、風向の影響も受けない。「台風でも活用可能な風力発電」という、これまでにないコンセプトから「台風発電」と呼ばれたりもしている。

  

 

 

日のニュースは以下です。

中国の大学が人工木材を開発、複数の性能が天然木材以上に

世界の石油供給、長期的には不足の恐れ

温暖化対策、日本45位 独団体報告 石炭火力依存響く

動きだす「台風発電」が、電力の未来を先取りする:清水敦史──雑誌特集「THE WORLD IN 2021」(5)DISTRIBUTED ENERGY

バイデン氏、次期政権の気候変動政策責任者にマッカーシー氏-関係者

www.eco-online.org Blog Feed

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (金, 13 5月 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

KURADASHI、尾鷲ヒノキ、森林トリップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/28) (Thu, 28 Apr 2022)
>> 続きを読む

契約お断り、クジラは増えた、和製ギター・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/27) (Wed, 27 Apr 2022)
>> 続きを読む

プラスチック税、廃坑利用のレタス栽培、規格外野菜・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/26) (Tue, 26 Apr 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る