· 

風力発電大国、保守 ドローン、環境印刷で刷ろうぜ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/12/2)

「ニホンリス」冬眠せずに一年中活動し、クルミの殻を割るほどの硬い歯を持つ。  クルミの実などを地中に埋め(貯食)、あとから掘り出して食べる。  タイワンリスなどの外来種との生息地争いにより、生息数の減少が懸念されている。
「ニホンリス」冬眠せずに一年中活動し、クルミの殻を割るほどの硬い歯を持つ。 クルミの実などを地中に埋め(貯食)、あとから掘り出して食べる。 タイワンリスなどの外来種との生息地争いにより、生息数の減少が懸念されている。

英首相ボリス・ジョンソンは2020年11月17日、10項目からなる「グリーン産業革命」計画を発表した。筆頭に挙げたのが風力発電だ。ちょうどサウジアラビアが石油大国と称されるように、風力発電大国の英国を目指して、「2030年までに、全戸に電力を供給できる洋上発電能力」を構築したい考えだ。

 

スウェーデンの船舶会社Wallenius Marine(ワレニウス・マリン)が、新たに貨物船やクルーズ船となるような巨大船を開発している。船体は長さ200メートル、幅40メートル。一度に自動車を7000台積載可能な大容量だが、ただの船ではない。これは、風の力で進む世界最大級の船なのだ。

「Oceanbird(オーシャンバード)」と呼ばれるこの船は、再生可能な風力を原動力として動く。ディーゼルエンジンを搭載した従来の重油船と比べて、大気汚染の原因となるガスの排出を90%も削減することが可能だ。大型貨物船であるにもかかわらず、クリーンな航行を実現している。

  

 

 

日のニュースは以下です。

マイクロ水力発電施設見学会並びに新エネルギー施設見学ツアーを開催しました。

英国が「風力発電大国」になれない3つの理由

風力発電、保守にドローン 関電やJパワーが省力化実験

風力で動く世界最大級の船、スウェーデンで開発中

環境印刷で刷ろうぜ。横浜の100年企業・大川印刷に学ぶサステナビリティ経営

www.eco-online.org Blog Feed

水中ゴミ拾い、かるがるまな板、丈夫で強そう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/20) (金, 20 5月 2022)
>> 続きを読む

落ちないキャップ、デジタル人民元、竜のウロコ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/19) (Thu, 19 May 2022)
>> 続きを読む

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (Wed, 18 May 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る