· 

特濃ミルク8.2、グレタに続け、トランプ政権・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/4)

イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。  イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。  どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。  土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。
イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。 イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。 どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。 土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。

米トランプ政権は、「国内の小規模な水流と地下水を、1972年制定の水質浄化法(Clean Water Act)の保護対象に含める」とする法的解釈を退ける新規則を発表しました。この規則では、小川や湿地、地下水は実質上保護対象外となります。

トランプ政権は2019年9月、第一段階として、オバマ前政権時に拡大された水質浄化規則を廃止する意向を発表。問題となっているのは、「米国の水域(waters of the United States)」という文言であり、 合衆国憲法修正第2条の条文のように言葉の意味が明確でないということです。

 

1月21日、世界経済フォーラム(WEF)の演説で気候変動問題活動家を「終末の預言者」呼ばわりしてバッシングを浴びせたトランプ米大統領に対し、グレタ・トゥーンベリは、各国政府や企業のリーダーたちは気候変動問題解決への有効な対策を取っていないと再び手厳しい批判を返した。「私たちの家には今なお火がついています」という彼女の主張は、前年に同会議で行った自身の演説を思い起こさせる。「あなた方の怠慢のせいで、刻々と火に油が注がれているのです」

 

 

日のニュースは以下です。

脱炭素社会にどう向き合うか

日本板硝子、太陽光用ガラスを増産

2020年3月より『特濃ミルク8.2』の主力3品を紙を使用したパッケージに全量切り替え

トランプ政権、またも気候変動を悪化させる政策をとる「小川や湿地を水質保護対象から除外」

グレタに続け、若き環境活動家との対話「変化を起こせるのは私たち世代だと信じている」

www.eco-online.org Blog Feed

スカイツリー222基分、風車の壁、口ばかり・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/24) (月, 24 1月 2022)
>> 続きを読む

謎解きが毎月、廃棄ピザ生地、都合よくSDGs・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/21) (Fri, 21 Jan 2022)
>> 続きを読む

ミカン風味、トンガとつながり深い、日本企業が最多・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/20) (Thu, 20 Jan 2022)
>> 続きを読む

窓から脱炭素、ネットゼロ、国連事務総長・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Wed, 19 Jan 2022)
>> 続きを読む

プラスチックを食べる、ケイアイスター、お魚サブスク・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Tue, 18 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガ噴火、イビザ島、北極圏の森林火災・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Mon, 17 Jan 2022)
>> 続きを読む

エコアメニティ、カーボンオフセットLPガス、県民賞・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/14) (Fri, 14 Jan 2022)
>> 続きを読む

きれいな空気と水、サンゴ礁の状態、暗い見通し・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/13) (Thu, 13 Jan 2022)
>> 続きを読む

水素戦略、タブを開くほど寄付になる、サステナブルな家具・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/12) (Wed, 12 Jan 2022)
>> 続きを読む

国内避難民居住区、やりきれなさ、サブスク福袋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/11) (Tue, 11 Jan 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る