· 

フルッタアサイーシリーズ、洋上風力発電、ハイネケン 太陽光発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/18)

全身で約8億本もの体毛が生えており、哺乳類の中で最も体毛密度が高い。 お腹の上に石を乗せ、貝類やウニなどを叩きつけて割り、中身だけを食べることもある。 お気に入りの石や食べ切れなかった貝等はわき腹のたるみをポケットのようにして、しまいこんでいる。 夜間になると波のない入江などで海藻につかまったり、体に巻きつけて海流に流されないようにして休む。水族館などでは、手をつないで休むこともある。 毛皮を目的に乱獲され、現在日本の水族館には8頭しかいない。
全身で約8億本もの体毛が生えており、哺乳類の中で最も体毛密度が高い。 お腹の上に石を乗せ、貝類やウニなどを叩きつけて割り、中身だけを食べることもある。 お気に入りの石や食べ切れなかった貝等はわき腹のたるみをポケットのようにして、しまいこんでいる。 夜間になると波のない入江などで海藻につかまったり、体に巻きつけて海流に流されないようにして休む。水族館などでは、手をつないで休むこともある。 毛皮を目的に乱獲され、現在日本の水族館には8頭しかいない。

日本風力開発(東京都千代田区/JWD)、日本オフショアウインドサービス(同)および秋田オフショアウインドサービス(同/AOWS)の日本風力開発グループ会社3社は3月13日、洋上風力発電を通じた人材育成や地域貢献に関する相互連携協力の協定を秋田県立大学と締結した。なお、洋上風力発電をテーマとした国内での産学連携協定は初めて。

 

ケニア、ウガンダ、南スーダン、エチオピアの国境地帯にあるアフリカ東部のカラモジャ(Karamoja)地域には、牧畜と農耕をなりわいにする異なる民族集団が暮らしている。

住民らはここ数年間、家畜の武装強奪などの民族間抗争や暴力にさらされ、急激な気候変動の影響も受けてきた。

近年、国境を超えた放牧地の提供や家畜に関する衛生知識の共有、干ばつに対処するための共同作業などを盛り込んだ新協定が結ばれた。新協定により、国境地帯での家畜や穀物の交易が再開され、各地の集落は活性化した。また、気候変動に柔軟に適応していくことで、家畜の健康状態も改善しつつある。

 

 

日のニュースは以下です。

脱プラ推進!紙製飲料缶のフルッタアサイーシリーズが2020年4月よりストローなしで販売開始

下水汚泥から100世帯分の電力、ヤンマーがバイオガス事業を本格始動

日本発、『洋上風力発電のスペシャリスト』育成へ 産学連携の協定締結

民族間抗争から知識共有へ、気候変動がもたらす変化 ウガンダ

ハイネケンスペイン、太陽光発電ですべての飲料を醸造へ

www.eco-online.org Blog Feed

不正閲覧、賞味期限240日、南極の温暖化・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/31) (火, 31 1月 2023)
>> 続きを読む

燃料用の木、ナイル川のプラごみ、タッパーを持参して・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/30) (Mon, 30 Jan 2023)
>> 続きを読む

3~9割安く、ライスレジン(R)、人類滅亡まで過去最短・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/27) (Fri, 27 Jan 2023)
>> 続きを読む

...サトウキビ!、ビリー・アイリッシュと8人の活動家たち、「90秒」・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/26) (Thu, 26 Jan 2023)
>> 続きを読む

ブタの糞尿、自由の女神よりも高い、世界6位・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/25) (Wed, 25 Jan 2023)
>> 続きを読む

SDGs債、チャールズ国王、カキ&サケ&スルメイカ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/23) (Mon, 23 Jan 2023)
>> 続きを読む

オゾン層数十年後には回復、トップエグゼクティブ、鈴鹿店・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Thu, 19 Jan 2023)
>> 続きを読む

マラリア感染増、hakken、木材を燃やして暖をとる人々・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Wed, 18 Jan 2023)
>> 続きを読む

フランス人のゴミ問題、太陽光と地熱の限界、OKARAちんすこう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Tue, 17 Jan 2023)
>> 続きを読む

辞任を求める署名、大災禍に向かっている、カリフラワー化・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/16) (Mon, 16 Jan 2023)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る