· 

エクセルシャノン、ジェフ・ベゾス、脱炭素ブーム・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/3/27)

全身で約8億本もの体毛が生えており、哺乳類の中で最も体毛密度が高い。 お腹の上に石を乗せ、貝類やウニなどを叩きつけて割り、中身だけを食べることもある。 お気に入りの石や食べ切れなかった貝等はわき腹のたるみをポケットのようにして、しまいこんでいる。 夜間になると波のない入江などで海藻につかまったり、体に巻きつけて海流に流されないようにして休む。水族館などでは、手をつないで休むこともある。 毛皮を目的に乱獲され、現在日本の水族館には8頭しかいない。
全身で約8億本もの体毛が生えており、哺乳類の中で最も体毛密度が高い。 お腹の上に石を乗せ、貝類やウニなどを叩きつけて割り、中身だけを食べることもある。 お気に入りの石や食べ切れなかった貝等はわき腹のたるみをポケットのようにして、しまいこんでいる。 夜間になると波のない入江などで海藻につかまったり、体に巻きつけて海流に流されないようにして休む。水族館などでは、手をつないで休むこともある。 毛皮を目的に乱獲され、現在日本の水族館には8頭しかいない。

気候変動に関して沈黙を貫いていた米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは先月、100億ドル(約1兆1000億円)の個人資産を用いて、「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」を立ち上げるとインスタグラムで発表した。ベゾスCEOは気候変動について「人類にとって最大の脅威」と語る。しかし、世間やアマゾンの社員はこれを十分だとは考えていない。アマゾンが石油・ガス企業や気候変動を否定するシンクタンク、政策への支援を続けていることなどを理由として挙げて、「片方の手で奪っているものを、もう片方の手で与えることは不可能だろう」と懸念を示す。

 

ポーランドの電力会社エネルガ(Energa)とエネア(Enea)は先月、ワルシャワの郊外に新たな巨大石炭火力発電所を建設する共同プロジェクトを取りやめた。最大の理由は、14億ユーロ(約1690億円)の投資を集めることが難航したからだ。2023年末までに準備を完了させる予定だったが、一時的に中断することを余儀なくされたと伝えた。

 

 

日のニュースは以下です。

パナ、エクセルシャノンに出資しサッシ事業参入

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO、気候変動対策で1.1兆円規模の基金設立

新型コロナウイルスは何かの啓示か? 話題の書籍『地球に住めなくなる日』発売中

「脱炭素」ブームの真相 欧州の企みに翻弄される日本

欧州で着実に進む脱石炭火力発電の流れ アジアでは需要高まる

www.eco-online.org Blog Feed

SATOYAMA STAY、流域治水、フードベンチャー・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/8/6) (木, 06 8月 2020)
>> 続きを読む

脱石油、日本式庭園、伝統の経木見直す 脱プラ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/8/5) (Wed, 05 Aug 2020)
>> 続きを読む

FUROSHIKI、バイデン政権、洋上風力プロジェクト・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/8/4) (Tue, 04 Aug 2020)
>> 続きを読む

炭素排出権、氷の下の核の町、バイオマス素材・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/8/3) (Mon, 03 Aug 2020)
>> 続きを読む

リジェネラティブ・オーガニック、ソーラーウインズ、再エネ比率40%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/31) (Fri, 31 Jul 2020)
>> 続きを読む

安倍政権逆噴射、再エネは高根の花、球磨川逆越流・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/30) (Thu, 30 Jul 2020)
>> 続きを読む

廃棄食品で発電、氷河クマ、自然エネルギー急拡大・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/29) (Wed, 29 Jul 2020)
>> 続きを読む

ホッキョクグマ 2100年絶滅か、中国の洪水、グレタさん 1億2000万円寄付・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/22) (Wed, 22 Jul 2020)
>> 続きを読む

米沢牛のフンで発電、石炭火力貢献、げっぷとおならの少ない牛・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/21) (Tue, 21 Jul 2020)
>> 続きを読む

エコ企業アマゾン、木質バイオマス、メガソーラー反対する会・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/20) (Mon, 20 Jul 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る