· 

新生ロボコン、会議が減ると環境保護、海藻からバイオ燃料・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/5/28)

「ベローシファカ」草食。マダガスカルの固有種。  前肢は短く、後肢が長いため地上では四肢を使って歩行することができず、 横に飛び跳ねるように移動する。  主に樹上で生活し、木から木へと10メートルほど跳躍できる強靭な脚を持つ。
「ベローシファカ」草食。マダガスカルの固有種。 前肢は短く、後肢が長いため地上では四肢を使って歩行することができず、 横に飛び跳ねるように移動する。 主に樹上で生活し、木から木へと10メートルほど跳躍できる強靭な脚を持つ。

新型コロナウイルスの出現で、私たちの暮らしは大きな変化を迫られた。刻下の危機を収束させた後の社会をどう形づくるか。それを考える上で忘れてはいけないのは、人類が直面するもう一つの危機、気候変動だ。欧州では大きなダメージを受けた経済の立て直しと脱炭素社会への移行を両立させる「グリーン・リカバリー」(緑の復興)を求める動きが加速している。

 

2019年5月に学術雑誌サイエンスが、浮遊性の海藻である「サルガッサム」が大繁殖していることを発表した。2,000万トンを超えるサルガッサムが、西アフリカからメキシコ湾までの約8,850キロメートルに渡って帯状に広がっていたのだ。2020年4月にも、腐った海藻がメキシコやカリブ海などのビーチに押し寄せて悪臭を放ち、観光産業や漁業、海洋生態系に影響を与えている。

 

 

 

日のニュースは以下です。

20年ぶり復活の新生ロボコン映像解禁! 頭頂部がアンテナからソーラーパネルに

打ち合わせ・会議が減ると「環境保護」につながる理由

コロナ後の欧州 経済も「脱炭素」も 「緑の復興」高まる機運=八田浩輔(ブリュッセル支局)

大量発生した海藻からバイオ燃料や肥料をつくる。英大学の研究

濡らさなくても冷たい【放熱冷感タオル】新発売

www.eco-online.org Blog Feed

落ちないキャップ、デジタル人民元、竜のウロコ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/19) (木, 19 5月 2022)
>> 続きを読む

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (Wed, 18 May 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る