· 

米沢牛のフンで発電、石炭火力貢献、げっぷとおならの少ない牛・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/21)

「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。
「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。

全国の19政令指定都市などでつくる指定都市自然エネルギー協議会は20日、温室効果ガスの排出を抑制するため、太陽光などの再生可能エネルギー比率を2030年までに45%以上とする目標を次期エネルギー基本計画に盛り込むことなどを政府に求める政策提言をまとめた。小泉進次郎環境相に手渡した。

 

バーガーキング(Burger King)が、牛のげっぷとおならの量を減らそうとしている。業界にメタン排出を減らすよう圧力をかけようというものだ。

7月14日、バーガーキングはメキシコ国立自治大学(UNAM)とカリフォルニア大学デービス校(UCデービス)の科学者と提携し、メタンの排出量を減らす牛の餌を開発したと発表した。メタンは大気中の熱を閉じ込め、地球規模で気温が上昇する原因となるが、その発生源として牛のげっぷとおならが占める割合は大きい。

 

  

 

日のニュースは以下です。

米沢牛のフンで発電、バイオガス施設完成

2030年には再エネを45%に19政令市、小泉環境相に提言

CO2排出削減に、実は石炭火力が貢献できる理由

げっぷとおならの少ない牛で作ったハンバーガー…メタンガス削減で環境に貢献

アメリカ初。バーモント州が生ごみの堆肥化を義務に

www.eco-online.org Blog Feed

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (金, 13 5月 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

KURADASHI、尾鷲ヒノキ、森林トリップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/28) (Thu, 28 Apr 2022)
>> 続きを読む

契約お断り、クジラは増えた、和製ギター・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/27) (Wed, 27 Apr 2022)
>> 続きを読む

プラスチック税、廃坑利用のレタス栽培、規格外野菜・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/26) (Tue, 26 Apr 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る