· 

廃棄食品で発電、氷河クマ、自然エネルギー急拡大・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/7/29)

「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。
「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。

米国で30人を超える議員グループがテクノロジー企業4社の最高経営責任者(CEO)らに書簡を送付し、各社のプラットフォームで気候変動に関する偽情報への取り組みを強化するよう求めた。

 

米国アラスカ州ではまれに、灰青色のクマが出没する。

「グレイシャー・ベア(氷河クマ)」と呼ばれるこのクマは、個体数が少なく、めったに見られない。分類的にはアメリカクロクマだが、その毛色は銀色を帯びた黒いものから、灰青色のものまでいる。

専門家のタニア・ルイス氏も、目撃した経験は数えるほどだ。彼女はアラスカ南東部に位置するグレイシャーベイ国立公園・自然保護区の野生動物学者として長年、このクマを調査してきた。

 

  

 

日のニュースは以下です。

球場の廃棄食品で発電へ  西武ライオンズ、環境支援活動スタート

むかわ町で高校生が林業見学会

FacebookやYouTubeなど4社に米議員が対応要求--気候変動の偽情報拡散で

珍しい灰青色の毛をもつ「氷河クマ」に不安な未来

自然エネルギーが世界で急拡大、日本は後進国に 飯田哲也さんに聞く

www.eco-online.org Blog Feed

牛豚肉抜き、中独協力、丸太供給量・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/10/4) (火, 04 10月 2022)
>> 続きを読む

世界34カ国、最大15%成長押し下げ、ノルドストリームガス漏れ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/30) (Fri, 30 Sep 2022)
>> 続きを読む

1足で2本植林、米生産能力、濁った水が川へ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/29) (Thu, 29 Sep 2022)
>> 続きを読む

昆布みたいに海流で、仏ブドウ園の苦心、心躍るライブ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/28) (Wed, 28 Sep 2022)
>> 続きを読む

林業改善の好機、カニの殻、公正な移行・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/27) (Tue, 27 Sep 2022)
>> 続きを読む

局地的に激しい雨の恐れ、いのちの問題、値上げの秋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/26) (Mon, 26 Sep 2022)
>> 続きを読む

依然厳しい、215兆円の担保、賞味期限廃止の動き加速・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/22) (Thu, 22 Sep 2022)
>> 続きを読む

サーキュラーエコノミー、プラ製ストロー廃止、タイ政府の重い腰・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/21) (Wed, 21 Sep 2022)
>> 続きを読む

中国のこの10年、雨量5割増し、砂電池・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/20) (Tue, 20 Sep 2022)
>> 続きを読む

感染症悪化、パタゴニア創業者、サステナブルシーフード・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/16) (Fri, 16 Sep 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る