· 

SATOYAMA STAY、流域治水、フードベンチャー・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/8/6)

「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。
「アムールトラ」 雄で体長約2.5m、体重約300kgにも達し、ネコ科の中でも大型である。 主に極東ロシアや中国東北部など極めて寒冷な地域に生息していることから、他のトラに比べて深く長い体毛を持つ。 アムールトラの個体数は500頭程度であるが、徐々に個体数は増加傾向にある。 日本では現在24の動物園でアムールトラが飼育されており、繁殖にも力を入れている。

株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)の提供する電気サービス「ハチドリ電力」は、岐阜県飛騨市で地域資源を活かした「SATOYAMA EXPERIENCE」などのツーリズムを展開する株式会社美ら地球とコラボレーションし、2020年8月中旬よりSATOYAMA STAYを含んだ全ての施設に電力を提供します。CO2ゼロの実質自然エネルギー100%で、火力発電により排出されていたCO2を削減し、地球温暖化の防止に貢献します。

 

7月に九州を襲った豪雨は熊本県の球磨川を氾濫させて67人の死者、行方不明者を出すなど流域の地方自治体に大きな被害をもたらした。国土交通省は気候変動による雨量の急激な増加が全国で水害を多発させているとみて、一級水系の流域全体で治水のあり方を考える新プロジェクトをスタートさせるが、球磨川水系では2009年に中止されたダムがあれば、水害を防げたとする声がインターネット上で拡大し、混迷を深めている。星槎大共生科学部の保屋野初子教授(環境社会学)は「これだけの雨が降ればダムで水害を防ぐのは難しかったのではないか。気候変動を見据えた新たな治水対策が必要だ」とみている。

 

 

 

日のニュースは以下です。

トヨタ、台湾の風力発電市場に参入か

株式会社美ら地球 SATOYAMA STAYを含んだ全ての施設にハチドリ電力の電気を提供

英BP、2030年までに化石燃料生産40%削減 脱石油に舵

多発する“豪雨”にどう立ち向かう? 国交省の「流域治水」に課題山積のワケ

フードロスを減らす保存技術や農業用ロボット、農薬や種子の開発、調理ロボット…コロナ禍で存在感を増す「フードベンチャー」最前線

www.eco-online.org Blog Feed

局地的に激しい雨の恐れ、いのちの問題、値上げの秋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/26) (月, 26 9月 2022)
>> 続きを読む

依然厳しい、215兆円の担保、賞味期限廃止の動き加速・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/22) (Thu, 22 Sep 2022)
>> 続きを読む

サーキュラーエコノミー、プラ製ストロー廃止、タイ政府の重い腰・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/21) (Wed, 21 Sep 2022)
>> 続きを読む

中国のこの10年、雨量5割増し、砂電池・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/20) (Tue, 20 Sep 2022)
>> 続きを読む

感染症悪化、パタゴニア創業者、サステナブルシーフード・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/16) (Fri, 16 Sep 2022)
>> 続きを読む

エッフェル塔の消灯、未知の破壊領域、世界的干ばつ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/15) (Thu, 15 Sep 2022)
>> 続きを読む

レジ袋禁止、G7の権威、アップサイクル・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/14) (Wed, 14 Sep 2022)
>> 続きを読む

インフレ抑制法、命の危険感じて転居、ほぼ紙・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/13) (Tue, 13 Sep 2022)
>> 続きを読む

使用後に甘いお菓子、シュールな色をした空、軽井沢では変化が・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/12) (Mon, 12 Sep 2022)
>> 続きを読む

供給停止、異端児エール、野菜クズは料理には不向き・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/9) (Fri, 09 Sep 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る