· 

大国か二流国か、戸田建設 ブラジル、動き出した「水素」・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/1)

「ピグミーマーモセット」    約20cmもの尾を省くと体長はわずか11- 15cm程度しかなく、サルの中でも非常に小さい。ペットとして飼うこともできる。 木の幹に傷をつけ、翌日そこからしみ出た樹液が十分に溜まった頃になめる。主食は樹液だが、雑食であるため飼育下では果実、野菜、昆虫も与える。
「ピグミーマーモセット」 約20cmもの尾を省くと体長はわずか11- 15cm程度しかなく、サルの中でも非常に小さい。ペットとして飼うこともできる。 木の幹に傷をつけ、翌日そこからしみ出た樹液が十分に溜まった頃になめる。主食は樹液だが、雑食であるため飼育下では果実、野菜、昆虫も与える。

1930年代、世界を襲った大恐慌を克服するためにフランクリン・ルーズベルト米大統領が行った、社会・経済政策ニューディール。気候危機が叫ばれる中、世界で環境と社会経済政策を一体化させるグリーン・ニューディールを求める声が広がっている。欧州や中国の国家計画のアドバイザーとして、政策を提唱してきた文明評論家のジェレミー・リフキン氏(75)に聞いた。

 

能登で現状の二倍余りの風力発電の整備計画が出ていることを巡り、日本鳥類保護連盟県支部が三十日、七尾市中島町の虫ケ峰周辺で、風車が既に整備され今後の予定地でもある山間部を視察した。参加者六人が計画は鳥類などへの影響が大きいとして、県や事業者に環境への配慮を要望していく方針を確認した。

 

 

 

日のニュースは以下です。

「日本が大国にとどまるか二流国に落ちるか 今後2年で決まる」文明評論家が問う覚悟

【現地の特性を生かす】戸田建設がブラジルで風力発電 日系企業にグリーン電力供給へ

レノバ=グリーンボンド140億円を発行、風力発電事業資金に充当

鳥類保護連盟が視察 中島 虫ケ峰周辺の風車予定地

動き出した『水素』戦略

www.eco-online.org Blog Feed

バイオマス発電、土佐材、気候変動を軽視した幹部・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/24) (火, 24 5月 2022)
>> 続きを読む

国産原木、タベモノガタリ、謎のサル・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/23) (Mon, 23 May 2022)
>> 続きを読む

水中ゴミ拾い、かるがるまな板、丈夫で強そう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/20) (Fri, 20 May 2022)
>> 続きを読む

落ちないキャップ、デジタル人民元、竜のウロコ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/19) (Thu, 19 May 2022)
>> 続きを読む

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (Wed, 18 May 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る